THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


風速3mとはどの位

風速3mとはどのくらい?釣りやゴルフ、普段の生活に影響はある?


風速3mの風は正にそよ風と言った感じです。



風があるなと認識出来る位の風で特に日常の生活に支障が出るような事は無いかと思います。



外乾しの洗濯物が飛ばされることもありませんし、適度の風で良く乾きやすいと言えると思います。


また埃が舞い上がる風でも無いので洗車にもいい日と言えます。


逆に風が無くて支障が出るもの...例えば鯉のぼりなんかは、元気なく泳いでいる感はあるかもしれません。



鯉のぼりが元気に泳いでくれる風速は約5mからと言われています。



ではゴルフなどの野外アクティビティー、釣りなどのレジャー、普段の生活に風速3mの風はどの程度影響が有るのか?


特に注意する点などは無いのかをまとめてみました。



This is an advertisement


風速3mとは体感的にどんな感じ?


さて体感的にそよ風程度と言われる風速3mですが、これをさらにイメージし易く数値化するとどんな表現の仕方があるでしょう。



一つの方法として時速で表しイメージする方法があります。


例えば時速〇〇kmで走る車の窓から顔を出した時に感じる風の強さという表現の仕方です。



ということで風速3mの風を体感的に分かり易く時速に換算すると以下のようになります。


3(m/s)× 60(秒)×60(分)=10800(m)。時速10.8kmにあたります。


つまり風速3mとは体感的には時速約10kmで走る自転車に乗ってるときに、頬に当たる風の強さ位です。



体感的にはまさに「そよ風」と言えると思います。


その他の風速につきましてはベージの末尾に 風速2m~風速50m までの解説記事へのリンクがありあります



風速3mによる日常生活への影響


まず公共の交通機関への影響はありません。


郵便物や宅配便の荷物などは台風などの影響で道路状況が悪化、又は空の便が乱れたときに遅延は発生しますが風速3mではこの心配もありません。



洗濯物も外に干しておいて風で飛ばされる心配はありませんが、平均風速3mの倍の突風が吹く可能性はありますので、一応洗濯ばさみで押さえておくほうが安心です。



お日様が出ていれば絶好の洗濯日和と言えるでしょう。



このように殆ど日常生活で支障が起きない風速3mですが、雨などで濡れた衣服を身に着けている場合は要注意です。


体の表面が乾いた状態でも風に当たれば風速1mにつき体感温度は1度下がります。


つまり3mでは3度下がることになり濡れた衣類の場合は気化熱によりさらに体感温度は下がってしまいます。


野外に居て雨や汗に濡れた場合で風が吹いている場合は出来るだけ早めに衣類を乾いたものに着替えましょう。



This is an advertisement


This is an advertisement


風速3mで野外レジャーに与える影響は?


風速3mでは海上、陸上、はほぼ全てのアクティビティーを快適に行えます。



海上のレジャー、アクティビティー


アクティビティー 可能度 影響
釣り 僅かなさざ波はたちますが影響はありません。
ウインドサーフィン 風を掴めば良く走り楽しめます。
サーフィン 波に対する影響も少なく、楽しめます。
SUP 僅かに風に流されますが支障はありません。


水上のアクティビティーに影響が出だすのは風速4mほどからですので、3mですとほぼ全ての水上アクティビティーが快適に行えます。



ですが3mとは言え水上ではゴムボートやインフレータブルのSUPは少しずつ流されますので自分の位置は常に確認しましょう。



また瞬間的には倍の風速6mまでの突風が吹くことは日常的にありますので頭の隅に置いておきましょう。



風速3mでのカイトボードと水面の様子。




陸上のレジャー、アクティビティー


アクティビティー 可能度 影響
キャンプ 焚火の際だけ周りに燃えやすい物を置かないよう注意。
登山 快適な登山を楽しめます。
自転車 向かい風であっても特に支障はありません。
ランニング 快適に走れます。
野球 通常どうりに行えます。
サッカー 特に問題なく行えます。
ゴルフ 支障なく普通に行えます。
テニス 問題なく通常どうり行えます。
スキー・スノーボード 問題なし。リフト、ゴンドラも通常運行。


風速3mは屋外のレジャーについては、雨さえ降らなければ絶好の外遊び日和と言えます。


特に注意することはありませんが、瞬間的には倍の風速6mまでの風が吹くことは日常的にありますので頭の隅に置いておきましょう。



キャンプやバーベキュー野外レジャーへの影響


この風速ですとキャンプはテント、タープの設営から撤収まで快適に行えると思います。


キャンプサイトでも風に飛ばされる物も無く快適にキャンプを楽しめます。



風が弱いとフライシートの張綱を張らないキャンパーをたまに見換えます。


それではフライシートにたるみが出来てインナーテントに密着してしまいます。


フライシートには通気性が無いので結露が起きてインナーテントを濡らしてしまうことがありますので張綱はしっかり張りましょう。


何によりその方がたるみが無くカッコいいです。



焚火をする場合は風が弱くても周りに燃えやすいものが無いか注意は必要です。



風速3mと言ってもそれは平均風速のことで瞬間的にその倍の風が吹くこともあります。



そんな場合に備え火の粉は飛ばないか?周りに燃え移るものは無いか?


万が一の場合に備え直ぐに消火出来る用意などの配慮は必要です。


風速3mでの焚火の様子です。




風速3mとはどのくらい? まとめ


風速3mで日常生活や野外で行うスポーツやレジャーに実害は特にありません。


むしろ風が弱いことによって起きる「鯉のぼりが元気に泳がない」とか、風を利用するスポーツ、ウインドサーフィンやカイトボードではちょっと物足りなさを感じるかもしれません。


自転車で向かい風でも風速3mでは押し負けることも無いでしょう。その代わりに追い風でもあまり押してくれません。


学校行事の運動会や遠足も何の問題も無く快適に行えますし、凧揚げにも適した風速と言えます。



ですが水上ではゴムボートやインフレータブルのSUP、カヤックなどはこの風でもゆっくりと流されます。


気が付いたらけっこう流されていた。ということにならないよう常に自分の位置を確認する必要はあります。



とは言えこの風速3mは何をするにも快適な環境と言えます。


お天気が良ければ出かけるには最適のタイミングです。


是非このタイミングを逃さずに野外でのレジャー、スポーツを楽しんで下さい。



風速に関しましては公共交通機関への影響や野外フェスなど、さらに詳しく説明しているページがあります。



>>Recommendedに戻る

>>TOPに戻る

This is an advertisement