THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


風速15mとはどの位

風速15mとはどのくらい?警報、交通機関などの影響を調べてみた!


低気圧や台風の接近してくる場合には風速15mという風速の予報を天気予報などでたまに目にすることはありますが、普段の生活をしていて中々この風速を経験することは無く体感的にイメージがつきのくいものです。


ちなみに熱帯低気圧で中心付近の最大瞬間風速は17.2mを越えると台風と呼ばれます。なので台風や熱帯低気圧が通過するときに体験する強い風の中にはこの風速15mも体験しているはずです。


改めて気になるのは気象予報で風速15mの予報が出た時に日常生活にどのような影響があるのかだと思います。警報は出るのか?車の運転は出来るのか?公共の交通機関に与える影響は?


この風速で野外アクティビティーをやろうとする人が居るとは思えませんが、野球やサッカーなどの野外スポーツが可能なのかも合わせて調べてみました。


This is an advertisement


風速15mによる体感を分かり易く時速で解説


札幌お天気ネット「風の強さ」引用によると、風速15mは風力7(13.9以上17.2未満)にあたります。


風力7の様子は「樹木全体が揺れる。風に向かっては歩きにくい。」、海上では「波はますます大きくなり、波頭が砕けてできた白い泡は、筋を引いて風下に吹き流され始める。」とあります。


気象予報などで報じられる風速は、実際には地上約10メートルの高さにおける10分間の平均風速を計測し単位は(m/s)を使います。例えば風速15mを分かり易く時速に換算すると以下の計算になります。


15(m/s)× 60(秒)×60(分)=54000(m)。時速54kmにあたります。


つまり風速15mとは体感的には時速54kmで走る車の窓から顔を出して当たる風の感じです。けっこう強いですね帽子をかぶっていたら飛ばされる風速です。


ちなみにこれは平均風速の話で、風は一定に吹いているわけではなく瞬間的に2倍ほどの突風が吹くことも珍しくないことを覚えておきましょう。


風速15mの風が吹く伊良部大橋の様子です。


風速10mによる公共交通機関への影響


風速15mから一般的な公共交通機関への影響が出てきます。フェリーなど船舶などの場合は風速の他に波高や視界などの要素も関わってきますので風速だけでは一概には判断が出来ないようです。


ただし高速道路に関しては風速10m~15mで速度制限(法定速度100kmのところなら50から80kmに)が、かかる場合があります。通行止めとなるのは風速20m~25mです。


航空機の場合は横風は13mで向かい風は25mまでは大丈夫と言われています。ので横風15mでは影響が出る可能性もありそうです。ただしそのような場合を想定し方向が違う滑走路が用意されている大きな空港では影響は出無さそうです。


以下に風速15m時の一般交通機関への影響をまとめてみました。

     
交通機関 影響
JR 影響なし。20~25m/sで速度規制。25m/s以上で運休。
旅客機 横風は13m/sで向かい風は25m/sまで大丈夫と言われているため場合により影響あり。
フェリー 波高も影響し各社の規定による。(例)東京湾フェリー 金谷、久里浜両港が風速18m/s、波高1.2m、視程500m以下となった場合は運休。
路線バス 影響なし。風速20m/sでおおむね運休。
高速バス影響なし。高速道路が通行止めとなる風速20m/sで運休。
モノレール 影響なし。各社規定によるが、おおむね風速20m/sを越えると運休となる。
ロープウエイ 各社規定によるが、おおむね風速15m/sで運休となる場合が多い。
スキー場のリフト 各社規定によるが、ペアリフトは18m/s、ゴンドラは15m/sで運休となる。
高速道路 風速10mから15mで速度規制が入り、(法定速度100km/hのところなら50から80km/hに)、20m/s~25m/s以上で通行止めになる。

This is an advertisement


This is an advertisement


風速15mで野外アクティビティーは可能?強風が及ぼすその影響


風速15m/sで野外アクティビティーが現実的か一応調べてみました。行えるのはサッカーくらいでしょうか。

            
アクティビティー 可能度 影響
キャンプ × テントを張る事自体が不可能でポールが折れテントも飛ばされる可能性がある。
登山 × 高所で風を避けるものが無く軽装備では低体温症になり遭難の危険もある。
自転車 × 風速6m/sを越える場合は危険が伴うので乗るべきではない。
ランニング × 快適に走れるのは風速4m/sまでで10m/sが限界点。これ以上は危険。
短距離走 × 実施可能ではあるが公式な記録として登録されない。
走り幅跳び × 実施可能ではあるが公式な記録として登録されない。
野球 × プロ野球でも風速に関する明確な規定はないもののZOZOマリンスタジアムでは、2015年に風速14m/sで中止になった例がある。
サッカー 風に対する中止規定は無く観客に危険が及ばない状況であれば、どんな天候でも行われるがスタジアムに向う交通機関に影響が出ると中止の可能性も。
ゴルフ × 競技ゴルフの場合、天候による競技中断や中止に明確な基準はないが、グリーン上のボールが風で勝手に転がったりティーアップしたボールが落ちるなどの状況は中止となる。
アーチェリー × 風に対しての明確な決まりはないが、的が倒れるなど審判が危険と判断した場合は中止。またアーチェリーの弓は金属またはカーボン製なので、雷が鳴った場合は必ず中断となる。
テニス × 強風による中止基準は特にないが、8m/s位がリミット。
スポーツカイト × 一般的な中風用のカイトでは風速3m/s~風速6m/s位で行うのが安全。
釣り × 磯、船とも海がシケている風速なので危険。
ウインドサーフィン × 海がシケとなる為、危険。
サーフィン × 波の面に影響が出始める風速5m/sがリミット。それ以上の風速で海に入るのは危険。
SUP × 風に流される風速5m/sがリミット。15m/sは論外。
スキー・スノーボード ゴンドラが運休となる風速だがリフトは動くので何とか可能。

サーフィンで有名な鎌倉稲村ヶ崎から見た風速15mの海上の様子。もちろんサーファーは居ません。


風力発電 風速15mでの発電量と安全性は?


近年注目されている風力発電、強風時にはさぞかし大きな電力を発電するだろうと思いがちでが台風や強い風が吹くときは安全のために自動的に止まるように設計されてます。この時の風速をカットアウト風速とよび、おおむね25m/s程度に設定されています。


大型風力発電機の場合、強風になるとローターが高速回転して破損しないようにブレードの角度を変える「電動式ピッチ制御システム」を導入しています。さらに、風速が20m/秒を超えると危険回避のため、ブレードを風向きと同方向に制御して回転を停止するという安全対策を取っています。


また風力発電には定格風速というものがあり、これを超えたものに関しては発電出力は一定に保たれます。この定格風速も各メーカーによって異なってきますがおおむね9~12m/s程度に設定されていて、この定格風速あたりで発電量は最大になります。


つまり風速10m位での発電量が最大となりそれ以上は一定ということで、一般的な家庭用の小型発電機の「エアドルフィン」での発電量とそれを売った場合の金額を調べてみました。


エアドルフィン

エアドルフィン発電量

5,690kWh(年間発電量)×55円/kWh(FIT価格)=312,950円/年


312,950円/年は悪い金額ではありませんが、これは机上の計算で、年間を通して安定的に風速10m以上の風が吹き続ける場所は残念ながらありません。ですが売るという発想ではなく自家用で使うということであれば大いにメリットがありエコな発電方法と言えます。


風速15mとはどのくらい?警報、交通機関などの影響を調べてみた。 まとめ


風速15mでの日常生活への影響を調べてきましたが、この風速ではレジャーはもとより不要不急の外出は控えるべきだと言えそうです。都市部では停めてある自転車が倒れたり取り付けの悪い看板は飛ばされる恐れもあります。


農村部ではビニールハウスに被害が出始める風速となります。通常は15mほどの風ではびくともしませんが、たまに吹く倍近い突風(30m)では潰される可能性もあります。


これで雨が降ると「暴風雨」で雪が降ると猛吹雪の「暴風雪」となり車の運転も危険が伴います。高速道路も風速10m~15mあたりから車は風に流されだすので速度制限がかかり運転に細心の注意が必要となります。


ようは災害一歩手前の風速ですので、この予報が出た場合は家の周りで飛ばされやすいものは無いか、ベランダ周りは大丈夫かのチェックをして備え外出は出来るだけ控えるのが得策です。


風速に関しましては公共交通機関への影響や野外フェスなど、さらに詳しく説明しているページがありますので参考にして頂ければ幸いです。


>>Recommendedに戻る

>>TOPに戻る

This is an advertisement