THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou



For you to start surfing


テイクオフに失敗する理由を分析する。

ここまではテイクオフを上手くいかせるために色々な方法を書いてきましたが、今回は視点を変えて、どんな場合に上手くいかないのかということを書いてみます。上手くいくときは、上手くいく理由があり、上手くいかないときもそれなりの理由がありますテイクオフに失敗する場合はおおまかに分けて2つの段階があります。まず第一にまったくテイクオフ出来ない。板が出ない。第二に板は滑り出すけどスタンディングするまでの間の失敗。つまり立とうとしたらパーリングする、波においていかれる、すぐにコケルなどです。 →続き


テイクオフのバリエーション 斜めテイクオフ をマスターする。

前回説明したウネリからのテイクオフは上手くいってますか?サーフィンの場合、乗ろうとする波は常に同じとは限りません。大きな波、小さな波、厚い波、ホレた波。それぞれの波に合わせたテイクオフを覚えれば乗れる波のバリエーションが広がりサーフィンのレベルも上がります。今回はその中でも早い波、ホレた波に有効な「テイクオフ中級編 斜めテイクオフ」です。 →続き


サーフィンを始めたい女子のために。

ここのところは海でサーフィンの練習をしている女子をよく見ます。しかも1人で来てる。しかしサーフィンを女子が1人で始めるのは意外と楽ではありません。サーフボードやウエットスーツなど道具類の選び方。道具が揃ってからも練習に向いてるサーフポイントは?その日の波のコンディションは?何から練習したらいい?着替えはどうする?などなど。今回は、そんなサーフィンを始めたい女子のために道具選びから練習方まで説明してゆきます。 →続き


ウネリからのテイクオフをマスターする

前回説明したホワイトウオーターからのテイクオフは上手くいってますか?今回はいよいよウネリからのテイクオフです。沖から入ってくるウネリに狙いをさだめパドルに入り徐々に加速してゆきテールを持ち上げられる瞬間に力強く最後のパドルをする。海水を切る音とともに板が走り出す。素早くスタンディングしてボトムに降りレールをセットしてボトムターンに入る。とまぁ、理想的なサーフィンのテイクオフはこんな感じです。何年経ってもこのテイクオフの瞬間は気持ち良くワクワクします。→ 続き


速くて疲れないパドリングをマスターする。

サーフィンにおいて海に入っている時間の約90%はパドリングしています。ゲッティングのためのパドリング、テイクオフのためのパドリング、ポジションキープのためのパドリングサーフィンの基本動作の1つであるパドリングですが簡単なようで奥が深い・・今回はこのパドリングについてのお話しです。→ 続き


ホワイトウオーターからのテイクオフをマスターする。

サーフィン最初の関門テイクオフ 難しいですか? 大丈夫 これを読めば必ずうまくいきます。今回はスープからのテイクオフを出来るだけ詳しく説明してゆきます。気が付いたらサーフィンを始め、30年以上になりました。初めて海に行ったときの感想は・・「サーフィンってこんなにハードで難しいの?!」でした。今思い起こすとコンディションはオンショアの頭サイズくらい。スープも厚く、普通に巻かれでばかりの悲惨なのもでした。→ 続き


サーフィンを始める時に選ぶべきサーフボード

最初に使うサーフボードは上達するのに思った以上の影響があります。合っていないサーフボードではテイクオフもままなりません。サーフィンにおいてこのサーフボード選びはとてもシビアな結果を招きます。つまり上達のスピードがまるで変わってきます。スノーボードやスケートボードならどんな板を選んでもそれなりに乗れるようになりますが、サーフボードの場合はそうもいかず下手をするとまったく手に負えず諦めてしまうという人達を沢山見てきました。→ 続き


ウオーキングでトレーニング

夏はサーフィンと、ちょっとした登山と冬はバックカントリースノーボードで冬山登山とゲレンデでスノーボード。という生活をもう数十年続けています。という風に書くと、それじゃー新たにウオーキングなんか必要無いんじゃない?と言われそうですが。言いたくはありませんが歳には勝てず体重の増加と心肺機能の低下を感じタバコを止めました。すると呼吸は楽になったものの、タバコを止めたことによる体重増加5kg...これじゃ体が動かない。→ 続き


アスファルトの波に乗る

ご多分にもれず僕も持っています。どちらかというとロングに近いやつ。波の悪い日や海に行けない時など気晴らしに北大の構内なんかを滑っていました。明らかなバンクはありませんが意外と良いラインあるんですよ。サーフィンもスノーボードもやってますが滑っているときにイメージするのはやっぱりサーフィンです。→ 続き