THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


サーフィンテイクオフ

サーフィン上達のために効率のいいパドリングをマスターする。


パドリング疲れませんか?ちゃんとスピード出ますか?力強いパドリングはサーフィンの基本です。

コツさえ分かればちゃんと疲れない効率的なパドルをモノに出来ます。

初めてサーフィンに行った日、簡単に思っていたパドリングがこんなに疲れるものかと思い知りました。

進んでいるのかどうかも分からず、ただただ疲れるばかり。翌日は腕が上がらないほどの筋肉痛にみまわれ

心が折れかかったのを覚えています。


ですがサーフィンで海に入っている時間の約90%はパドリングしています。

ゲッティングのためのパドリング、テイクオフのためのパドリング、ポジションキープのためのパドリング

サーフィンの基本動作の1つであるパドリングですが簡単なようで奥が深い・・

今回はこのパドリングについてのお話しです。


ではサーフィンにおいて効率のいいパドリングとはどういうものの事を言うのでしょう?

それは長時間疲れにくくスピードが得やすいパドリングと言うことが出来ると思います。

まずパドリングの動作の前にサーフボードの正しい位置に乗ることが非常に重要となります。


サーフボードの正しい位置に乗る

サーフボードは水面と平行な状態が水の抵抗を受けづらく、スピードが得やすい状態です。

その為にまず左右のバランスですが、ストリンガー(サーフボードの中心線)が体の左右の中心にくるように乗ります。

次に前後のバランスですが、サーフィンを始められたばかりの方は後ろに乗りすぎでノーズが高く水面から上がってる方を

よく見ます。これではサーフボードの後ろが深く沈み、水の抵抗を大きく受けるため効率のいい加速は出来ません。

正しい位置はパドルをしたときにノーズが水面から10cm~15cmほど上がる状態の位置になります。


この位置に初めて乗った感想は...非常にバランスを取りづらいと感じるはずです。

パドリングをしても体は左右に振れ、波を乗り越えるたびにサーフボードから体がずれ、サーフィンどころではない。

そんなふうに感じるかもしれません。そんな時は脚をわずかに開いてみましょう。ちょっと安定するはずです。

その姿勢では開いた脚が水の抵抗となってしまいますが、不安定な状態でパドリングするよりも多少の水の抵抗があっても

安定した姿勢での正しいパドリングを覚える方を今は優先しましょう。

慣れれば脚を閉じた状態でもちゃんとパドリング出来るようになります。


胸はちゃんと反っていますか?そのときの重心はおへそにあります。

あばら骨の下両側と骨盤の両側の4点と太股が密着した状態で胸を反ると自然に重心はおへそになります。

このおへそ重心を意識することでパドリング時のバランスもかなり安定します。

慣れるとバランスの微調整は太股で出来るようになります。


パドリング時の手の状態はとても重要

まず手のひらの状態ですが軽く開いた形が一番水をつかみやすい形といえます。言い方を変えれば水の中で一番抵抗がある形です。

感覚的には手の指を閉じたほうが指の間から水が逃げないので多くの水をかけそうですが

実際にはこの方が水中での抵抗が少なくなりパドリングで効率のいいスピードはえられません。

そしてここが一番重要なのですがただ力任せにパドルしても疲れるだけで水はつかめないという事です。

水は固形物ではないのでパドリングの始めはゆっくりと水をつかむ感覚で行うことが重要です。


サーフボードが前に進む慣性がつきだしたら序所にスピードを上げてゆきましょう。

つまり自分のスピードに合わせてパドリングする回数や力加減をUPしてゆくということです。

そうすることにより効率良くスピードを得ることが出来ます。手は出来るだけ遠くに入れ完全に後ろまでかききるというのも重要です。


肘を自然に曲げサーフボードの下、自分の体の下の水をかく感覚です。このときに肘が伸びていると効率が悪いばかりではなく

とても疲れやすくなります。このときに腕だけを動かすのではなく腕と肩全体を動かすことを意識してみましょう。

力を入れるタイミングは体の下から後ろにかけてです。手を水から抜くのは肘から抜くようにすると疲れにくいのも覚えておいて下さい。

それとこれも初心者の方に多いのですがパドルするたびにボードが左右に振れている状態。

これも水の抵抗が多くなりスピードを得難くなる原因になります。

腕を肘から抜くようにすると、バランスが崩れ難くなりこの左右に振れるのもある程度解消されるはずです。


パドリングに関しては前回のテイクオフ編でも若干書きましたが重要ですので、もう一度確認しておきます。

あなたはサーフボードのレールに沿ってパドリングしていませんか?

サーフボードはノーズに向かってラウンドしているため、レールに沿ってパドルしているとハの字のような感じで水をかいてしまいます。

これでは効率の良いパドルとは言えずスピードは得られません。

感覚的には逆ハの字のような感じで出来るだけ遠くに手を入れ、掻くときは肘を曲げて体の下(ボードの下)の水を後ろに押し出すような感じでパドルしてみましょう。


ここでパドルからテイクオフに入る動画を見てみましょう。



見るポイントは胸の反らし方、腕と肩全体でのパドリングの仕方です。肘から先に水からぬくというのも良く分かります。

テイクオフのイメージを作るのにも最適な動画ですので繰り返し見ることをお勧めします。

さらにもう1本の動画を見てみましょう。水中での腕や手の状態がよくわかります。



パドリングに必要な筋肉を意識し鍛える。

まず安定したパドリングの姿勢を維持するためには、腹ばいの状態で上半身を反らす背筋力が必要となります。

それと2時間近く動きがある海の中をパドルし続ける腕力と肩周りの筋力も必要です。

これらの筋力は普段の日常生活では使うことがなく、中々鍛えることが出来ませんが陸上トレーニングではダンベルで

訓練することが出来ます。今回はパドル筋のトレーニングついてお話してゆきます。


重たい物を持つためのトレーニングではないので使うのは2kgほどのダンベルで結構です。

そのダンベルを頭の後ろでゆっくりと上下に動かします。このときに肘を固定しゆっくり動かすというのがポイントです。

反動で持ち上げたり、ダンベルの重量を利用して下げたりをすると効果は半減してしまうので注意が必要です。

常に腕にダンベルの重みがかかった状態でゆっくりと上下させます。

この時にダンベルは手で握るのではなく親指と人差し指の付け根にひっかけて持ちます。


ダンベルを握ると手のひらに力が入り三頭筋への負荷が半減してしまいますので注意しましょう。

これはフレンチプレスという運動で二の腕、三頭筋を集中的に鍛えるのものでパドル筋upに効果的です。

片腕30回ずつ位から初めて慣れてきたら回数を増やすという方法で結構ですので是非行って下さい。目標は100回です。

使うのはダンベルではなく水を入れたペットボトルでもOKですし女性の場合はもっと軽い1kgや1.5kgでも大丈夫です。

要は普段使わないパドル筋を刺激し鍛える運動ですので重さはさほど重要ではありません。

力強いパドリングは素早いテイクオフを可能にし、その後のアクションにも余裕が生まれます。結果良いライディングとなります。

以上のことを意識して行えば早い段階で上級者並のパドリングを手に入れることが出来ますので是非頑張って下さい。


アマゾンでサーフィン系ノウハウ本を調べる。