THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


サーフボード

サーフィンを始める時に選ぶべきサーフボード


最初に使うサーフボードは上達するのに思った以上の影響があります。合っていないサーフボードではテイクオフもままなりません。

サーフィンにおいてこのサーフボード選びはとてもシビアな結果を招きます。つまり上達のスピードがまるで変わってきます。

スノーボードやスケートボードならどんな板を選んでもそれなりに乗れるようになりますが、サーフボードの場合はそうもいかず

下手をするとまったく手に負えず諦めてしまうという人達を沢山見てきました。


最初にサーフボードの種類ですが大まかにショートボード、ファンボード、ロングボードの3種類があります。

それぞれの特徴はショートボードはトリック向きで回転性に優れています。

ファンボードはショートよりも長さがありテイクオフも早くあるていどの回転性もありますが操作感はショートよりも重たくなります。

最後にロングボードですがこの3種類の中で一番浮力がありテイクオフやパドルが早いのが特徴です。操作感はさらに重たくなりしっかりした体重移動が必要です。


どのサーフボードから始めるかはどのスタイルが好きかで決まりますが、ショートボードで始める方は注意が必要です。

薄いシェプでロッカーのキツめの板・・かっこイイですよね。でもこれは中級~上級向けのボードで波を見る能力、強靭なパドル力、高度のバランス感覚が要求されます。

このようなサーフボードで波乗りを始めた場合はテイクオフ出来るまでにはかなりの努力が必要で、最悪の場合テイクオフできるまでに何シーズンもかかってしまう。なんてことも起こりえます。これではサーフィンの楽しみを知る前に諦めてしまいかねません。


これはサーフボードの持っている浮力が大きく関係してきます。同じパドル力なら浮力の大きなサーフボードの方がスピードが出ます。

サーフィンにおいて波に乗るためには簡単に言うと自分の力、パドルで波と同じスピードまで加速する必要があります。

サーフィンを始めたばかりではこのパドルの為の筋肉も付いてなく、基本的な体力が不足しています。

それを補ってくれるのがサーフボードの浮力です。浮力のある板は僅かな力でも水上で加速しやすくテイクオフも比較的楽に出来ます。

さらに言うと波の力を受けやすいのは長くて幅の広いサーフボードです。


浮力の少ないショートボードではある程度の筋力がなければパドルのスピードが出ず、テイクオフ可能範囲も狭いためピンポイントで

波を見極める力が必要となります。初心者のうちはこのパドルのための筋力も波を見極める力もありません。

加えてサーフィンは海でだまって待っていれば順番で波に乗れるというスポーツではありません。

間の前に良い波が入ってきてもそれに周りのサーファーより早くテイクオフ出来なければ中上級者が乗っていってしまいます。

結果3時間も海に入っていて1本も乗れなかった...なんてことも現実的に起きます。


オーバーフローのサーフボードを選ぼう

オーバーフロー、つまり自分には浮力がありすぎるくらいの板で始めるのが上達も早く結果的には早く波乗りを楽しむことができます。

大きなサーフボードは浮力もありスタンディングした時に安定感があります。どうしてもショートボードで始める場合は

ショップで勧められるよりもワンサイズ大きいサーフボードを選びましょう。それでも実際に海に入った時は本当にこの上に立てる日が来るのだろうか?と不安になるはずです。


ここで1つのエピソードをお話したいと思います。以前、サーフィンを始めたいという女の子がいました。

とても痩せていて小柄、サーフィンの為の体力などなく、まずは筋力UPだね。と言いたくなるような印象のこでした。

しかもショートボードで始めたいということで、かなり説得しましたが意思は固くお手上げでした。

仕方がないので僕が以前に使っていたサーフボードを貸してあげ、練習が始まりましたが案の定

数ヶ月たってもパドルもままなりません。でも本人は海に入るだけで楽しいというので、サーフィンにならなくても

本人が楽しいなら、こういう楽しみ方もあるのかな..と思っていました。


ある日、サーフィンの帰りに大手スポーツショップに寄るとファンボードがセールで安く売っていました。ローズピンクのオックスボウのタフライトのファンボード。長さは7.4"ほどだったかと思います。彼女の第一声「可愛い!これ..買う!」

あっけに取られる僕を尻目に彼女はその日からファンボード乗りとなりました。驚いたのは次に海に行った日のことです。

波は腿~腰で力の無い波でしたが、何と海に入って直ぐにテイクオフしスタンディングして岸まで乗ってゆきました。

思わず「じぇじぇじぇ!」と口をついて出てしまいました。そう、その頃の出来事です。


サーフィンの真の楽しさを知った彼女の上達は目覚しく、その数回後には横に走れるようになりシーズンの終盤には僕と一緒に頭サイズのコンディションでサーフィン出来るまでになりました。

僕が貸していたサーフボードも男用なので彼女にはかなりオーバーフローのはずでしたが、ファンボードの長さと幅、浮力にはかないません。何度も、何度も「波乗りを始めるサーフボードは浮力のあるファンボードのが良いよ。」と今まで色んな人に説明してきましたがその違いを目の当たりにしたエピソードでした。正直なところ僕は彼女はファンボードでも乗れるようにはならないかも...と思っていました。


ロングボードは僕も持っていますが、さらに浮力がありパドルのスピードも速くテイクオフもし易くなっていますが、長さが2m70cmほどあり重く波の力も受けやすいことから初心者には扱いにくいと思われる部分もあります。その板の大きさゆえ載せれる車、保管場所も考えなければいけません。ので、最初はファンボードで始め、ある程度慣れてからロングやショートに変更するのが望ましいと僕は思います。


ファンボードは女性なら長さは7.4以上、男性なら7.6以上のものを買ってください。価格は高いものでなくて構いません。幅や厚みロッカー、コーンケイブなど細かなことも気にしなくて結構。長さがこれ以上あればまず失敗することはありません。

大手スポーツショップで初心者用セットとしてケースやリーシュ付きで販売しているものでも十分です。

mac

NSP(エヌエスピー) ニューサーフプロジェクト 7'6"(229cm) ファンボード


イメージとしてはこんな感じです。

長さは7.6あれば約2m30cmで浮力もありパドルも早く、安定感があるのでスタンディングしやすいマジックボードになります。

またある程度乗れるようになりロングやショートに転向しても波質により使う機会も少なくありません。

貴方が中級者~上級者になったときには必ず誰か教えて欲しいという人が身近で現れます。

そんな時にもこのサイズのサーフボードを持っていればかなり活躍してくれるでしょう。


mac


以上手短にお話しさせていただきましたが細かなディケ-ルは最初のうちは殆ど気にしなくていいでしょう。

何度も書きますが、ただ一点!出来るだけ浮力のあるサーフボードを選ぶ、ということだけ忘れないでいただければサーフボード選びで大きく失敗をすることはありません。


それと誰か経験者に相談する場合、ショートボードに乗っている人はショートを勧め、ロングボードに乗っている人はロングボードを勧め、ファンボードに乗っている人はファンボードを勧めるという傾向にあります。これはショップのスタッフもそいうい傾向にあるということを覚えておいて参考にしてください。

いいですか!ロッカーがきつく薄いサーフボードはカッコイイですがちゃんと乗れるようになってからですよ!

あなたも練習を重ねどうか素晴らしいサーフィンライフをお過ごし下さい。


アマゾンで便利なサーフィン用品を調べる。