THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


北海道ムエン浜の波

surfing in hokkaido and backcountry snowboarding

北海道のサーフィン surfing in hokkaido

私達がサーフィンを楽しむ波はどこからやって来るのでしょう。遥か外洋で強い風によって作られた風波は重なり合い 成長しその高さを増します。やがて風域を出るとまとまったウネリとなり蓄えたパワーを放出すべく海岸線に向います。波はとても長い旅をします。遥か彼方で発生した低気圧や台風から届くウネリは時には数百kmもの彼方から私達の居るビーチに届くのです。うねりには一定のリズムがあり海の鼓動のように感じます。大きな波は3本~5本がまとまってやって来て、その後暫らく静けさが訪れ、そしてまたまとまった波がやって来ます。この繰り返される鼓動と同化する事はサーフィンを楽しむ上で大切です。遥か彼方の洋上で生まれた波は、その力を内に秘め高さを増し旅を続けます。旅が終わりを告げる時、サーファーはそこに居合わせる事を願います。クリスタルのように美しく、その美しさの中に危険を秘めた波。そんな波に明日は出会えるかもしれない。四方を海に囲まれた北海道の総海岸線延長は3,066kmと広大でそこにブレイクする波も多種多様。未だに無人のブレイクが存在しています。


movies

北国の波です。 フルスクリーンでどうぞ。


sayit0123さんによる北海道苫小牧での空撮です。
sayit0123さんによる北海道苫小牧での空撮です。
坂口憲二さんの『海から見た、ニッポン』でも紹介されました。
  • 北海道日本海のサーフポイント
  • 北海道太平洋のサーフポイント
  • 北海道日本海のサーフポイント

journal


時代はストリーミング。

今回もサーフィンにもバックカントリーにも関係のないテーマのようですが、実は大いに関係があります。というよりは僕達を取り巻く環境がデジタル技術が発達するたびにどんどん変化しています。たとえば...音楽を聴いたりサーフィンや山の映画を見たり本を読んだりの方法が変化してきています。ネット回線の発達と圧縮技術の進歩によって音楽も映像もすごくコンパクトなファイルに出来るようになったからです。 →続き


北海道日本海のサーフポイント

4月22日 浜厚真

昨日は日本海が南西ウネリで波があり今日は北ウネリに変わり期待していましたが風も入りサーフ不可です。ということで今シーズン初めての太平洋です。風も良く波もかなり良さそうに見えましたが実際に入ってみるとちょっと難しくてなかなか波を捉えられません。厚めに入ってきて割れそうで割れない。割れる時は早くて抜けれない。でも上手い人はちゃんと乗ってるんんですけどね~。シーズン最初にこういう波はニガテです。それにドライスーツを通して伝わってくる水温はかなり低く爪先がシビレました。→ 続き


英語、話せたら楽しいですよね。

北海道はスノーリゾートを始め、観光地にも海外からのお客様が多く訪れています。特にニセコやキロロなどのスキーリゾートでは日本人の方が少なく感じることもあり、そこで働いているスタッフも外国人が多く国際色豊かです。写真のようにゴンドラやリフトで乗り合わせることや、バックカントリーで会うことも珍しくなくなりました。そんな時に彼らとコミニュケイションがとれたら楽しいだろうなと僕はいつも思います。

続き


仕事を遊ぶ/楽しんでいるやつにはかなわない。

今回はサーフィンにもバックカントリーにも関係のないテーマのようですが、仕事は生活の中で大きなウエイトをしめています。仕事がうまく行っていないと海に行っても山に行ってもイマイチのりきれません。そんな意味から、私生活や趣味をおもいっきり楽しむためにも仕事は充実させたい。出来れば楽しんでやりたい。ということで今回は「仕事を遊ぶ」です。

続き


北海道日本海のサーフポイント

4月12日 日本海

天気がよく波もそれなりなので今日は海です。朝から強かった南西ウネリは昼過ぎから少しづつ西にシフトしてゆき、風は午後3時位から北西のオンに変わって しまいます。なのでそれまでの間にサクッと1ラウンド。波は腹~と思っていましたが実際にアウトに出てみると頭ほどのセットも入ってきます。シーズン1回目にはちょっとこのサイズはキツイ!嫌なセットをかわしつつ乗りやすそうなのを選んで手を出していましたが、あまり乗れません。→ 続き


Sub Sole(太陽の下で)

ラモン.ナバロ、コール.クリステン、オットー.フロレスは誰も乗ったことの無い波を噂をたよりに探し回り、ローカル達と一緒に8~10フィートのレフトハンドのバレルがヒットするサンドバーを発見。patagoniaプロデュース、ディープ ウオーターです。


ツリーテント tentsile

このテントの写真をインスタグラムで見たときは思わず溜め息が出ました。この発想、美しさ、ツリーハウスのようなワクワク感、どれも今まで忘れていた感覚を刺激されました。Tentsileはイギリスのテントメーカーでこのテントのキャッチコピーは「ハンモックの心地よさとテントの安全性と複数の人数で利用できる点を掛け合わした商品です!」とのこと。木に固定して使用できますので、地面の状況に関なく設営が可能です。

続き


Timeless

Fuminori Kagajoがサウンドブランディングを務めるクロスホテル札幌の10周年企画で初のコラボアルバムです。参加アーティストは海外からはハウスシーンで絶大な人気を誇る「アンジェラ・ジョンソン」、Jasper St.Companyでもボーカルを担当した「トレイシー・ハムリン」、ハウスシーンで人気のヴォーカリスト「ニコル・ミッチェル」、国内からはJiLL-Decoy のヴォーカル「chihiRo」、「澤田かおり」など。とにかくオシャレでジャジーでソウルフル。車内で聴くのに嬉しい一枚です。→ Timeless


驚異のパノラマムービーカメラ Insta360°ONE

まずは←の動画を観て下さい。Insta360°ONEで撮影したものです。驚きなのはカメラの位置が自分を中心にぐるぐる回る撮影手法のバレットタイム撮影が簡単に出来ること。映画マトリックスで有名になった撮影手法で、これまでは大規模な設備が必要なため手軽には再現できないものでした。Insta360 ONEでは、自撮り棒などにカメラを取り付けてブンブン振り回すだけで、この撮影が可能です。しかも自撮り棒は消去出来るのでカメラがまるで空中を飛んでるかのような撮影が可能となます。 → 続き


世界最大のオンラインアウトドアショップ「Tradeinn」

アウトドア用品、ウエアや道具は出きるだけ安く手に入れたいところ。なにせ滑走道具なんかも欲しいものはそこそこ値がはります。まー大人の遊び道具ですのでそれなりの品質を求めれば仕方がありません。そこで思いついたのが海外のオンラインショップで安く購入するという方法です。条件は日本語対応で信頼のおける会社でありなおかつ安いということ。いろいろ調べたら「Tradeinn」という会社に行き着きました。サーフィン、スキー、スノーボード用品からカジュアルウエアまで揃っています。 → 続き


ユーレックス天然ラバーという選択肢

1950年代以来、ウエットスーツの素材として業界はネオプレンを頼りにしてきました。しかしこの素材は再生不可能で、製造過程でエネルギーを大量に消費します。ネオプレンを使用しないユーレックス・ウェットスーツは天然ラバーを85%(ポリマー含量)使用し、石油ベースの素材を植物ベースの素材に置き換えることで、その製造過程で排出される二酸化炭素の量を大幅に削減できます。つまりこの素材を選択することで私たちが愛する自然への悪影響を極力減らすことが出来ると言えます→ 続き


ケイソン Keison

ケイソン Keison

自身もサーファーでスノーボーダー、旅を続け海や山で感じる感覚を歌にして発信。 静岡県磐田市出身。見開きは「KAZZ」と「Keison」の二人が、Hawaiiでサーフトリップをしながら創ったアルバム。 全曲ともにHawaii・カウアイ島のスタジオにて収録。毎日波を追いかけながら創り出したサウンドはとても心地よいものに仕上がっています。重厚感のある音圧は、海外レコーディングならではの賜物。その他の主なアルバムはAcoustic Circus,BOTTLE,The Best Good Job!など。→ 続き


東田 トモヒロ

熊本県出身、在住。自らのライフスタイルを「歌」で表現し続けるシンガーソングライター。 サウンドは、ボブ・マーリー、ニール・ヤングなどの1970年代を彷彿させる独特の世界観。 小さなカフェからFUJI ROCK、RSR、などの大型フェスまで、リスナーと同じ空間をシェアできる「ライブ」を大事に活動中。また、そのライフスタイルの一環で、入場者一人につき1本の木を植える活動を行っているイベント「bayside camp」のコンセプトスピーカーをつとめる他、数々の自然環境保護イベントなどにも出演しています。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

11月5日 風裏を探し日本海

西高東低の冬型の気圧配置が強まり、石狩湾新港では波高1.48mで波高5.4s 風波の域は出てはいませんが強い西風を避ければ ちょっとは楽しめそうな波。風裏を探せばサイズは当然落ちますが、形優先ということでサイズは腿~腰、SUPだとけっこう遊べるんですけどね~ 上がってからは気温6度のなか外でBBQ。寒かったけど旨かった。前回の波乗りのときに違和感のあった左肩が本格的に傷みだしパドルも 出来ない程になり後日、病院に行きましたがドクターストップがかかり今シーズンの波乗りは終了してしまいました。→ 続き


台風21号 仙台新港。

台風21号のウネリが直撃した仙台新港。恐らくサイズは10ftクラスで日本でこんな波見たことが無いというサイズです。Kelly Slaterにして「Crazy Drops! Sick they went on those」と言わしめた台風21号仙台新港の波。 この波にチャージしたのは仙台クルーの松岡慧斗や太田拓杜に熊谷航。さらに小嶋翼、小嶋海生、越後将平らに加え、石崎孝行、渡辺寛、加藤嵐、佐藤魁。夕方には大野修聖や松岡慧斗もパドルアウト。松岡慧斗のエアドロップからのテイクオフは鳥肌がたちます。


北海道太平洋のサーフポイント

10月27日 南東ウネリを追いかけ太平洋

苫小牧港での波高0.34mという悲劇的な状況ながら、周期は9.2s、干潮時を狙えば何とかなるかも?ということで今日は南東ウネリを追いかけ、ちょっと西へ。 干潮前後には腰ほどの波がセットで胸ほどまで上がりました。あまり期待せずに行ったので我を忘れ4時間近く入っていて 背中がバキバキ。腕も上がりません。台風の被害で通行止めだった錦岡線も今朝開通。支笏湖の紅葉も綺麗でしたよ。後に腕の上がらない感覚が後に痛みに変わり厄介なことになりました。→続き