THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


北海道ムエン浜の波

surfing in hokkaido and backcountry snowboarding

北海道のサーフィン surfing in hokkaido

私達がサーフィンを楽しむ波はどこからやって来るのでしょう。遥か外洋で強い風によって作られた風波は重なり合い 成長しその高さを増します。やがて風域を出るとまとまったウネリとなり蓄えたパワーを放出すべく海岸線に向います。波はとても長い旅をします。遥か彼方で発生した低気圧や台風から届くウネリは時には数百kmもの彼方から私達の居るビーチに届くのです。うねりには一定のリズムがあり海の鼓動のように感じます。大きな波は3本~5本がまとまってやって来て、その後暫らく静けさが訪れ、そしてまたまとまった波がやって来ます。この繰り返される鼓動と同化する事はサーフィンを楽しむ上で大切です。遥か彼方の洋上で生まれた波は、その力を内に秘め高さを増し旅を続けます。旅が終わりを告げる時、サーファーはそこに居合わせる事を願います。クリスタルのように美しく、その美しさの中に危険を秘めた波。そんな波に明日は出会えるかもしれない。四方を海に囲まれた北海道の総海岸線延長は3,066kmと広大でそこにブレイクする波も多種多様。未だに無人のブレイクが存在しています。


movies

北国の波です。 フルスクリーンでどうぞ。


sayit0123さんによる北海道苫小牧での空撮です。
sayit0123さんによる北海道苫小牧での空撮です。
坂口憲二さんの『海から見た、ニッポン』でも紹介されました。
  • 北海道日本海のサーフポイント
  • 北海道太平洋のサーフポイント
  • 北海道日本海のサーフポイント

Category


A life style

ライフスタイル、コラムみたいなものです。


Surf diary

毎回ではありませんがサーフィンに行った記録です。


For you to start surfing

サーフィンを始めるあなたへ

アドバイスなどのメッセージです。

Recommended

お勧めのモノ、事、などを紹介しています。


Journal

一定期間表示の後Categoryに振り分けられます。


La Fête des Vignerons à YOICHI /余市農園開放祭

普段は入れない余市登地区のヴィンヤードとワイナリー 14軒、参加ブースを入れると18軒をグラスを片手にテイスティングしながら巡るという夢のようなイベントに参加してきました。各ヴィンヤードのワインのほとんどが、手に入りずらく高品質なワインばかり。誘ってくれたのは、つい最近までフランス、シャンパーニュ地方のメゾン造り手を訪問していた、お友達の女性ソムリエールさんという贅沢なワイナリー巡りとなりました。→ 続き


北海道のサーフポイント太平洋

7月12日 サーフィン/太平洋

苫小牧港の測定ポイントでは波高0.5mですが周期が8.4sと昨日よりかなり下がってしまいました。ですが引きが昼位なのでちょっとだけ遠出しました。支笏湖線をぬけ緑のトンネルを通って太平洋へ。途中のポイントも波が良かったので期待しながら目的の場所へ。ん?ちょっとヨレてる?さきほどのポイントに戻ろうとしたら日本語の上手いガイジンが「ココデ ハイロウ ドウヤコカラキタ。」というので一緒に入ることに....ちょっと風が入ってましたが、干潮ピークにはサイズも胸位まで上がって結果的に楽しかった。→ 続き


五十肩の症状と治し方。

サーフィン中に感じたちょっとした肩の違和感が夜中には激痛になり、翌日には腕を上げられないほどになりました。具体的に言うと車のコンポを操作するのに痛くて腕を上げられない。コーヒーカップを口元に持ってこれない。というような感じです。当初は筋を傷めた位に思っていたのですが、痛みの質が筋肉や筋の痛みではなく関節の中からくるもので、さすがに放置していたら二度とサーフィンが出来なくなりそうな気がして怖くなり整形に行きました→ 続き


北海道のサーフポイント浜厚真

7月12日 サーフィン/浜厚真

苫小牧港の測定ポイントでは波高0.6mですが周期が9sあるためセットで肩としっかりとしたサイズがあります。着いた時は無風に近く良い波でしたが1時間ほどで微妙なオンが入り形が 崩れ乗りにくい波になってしまいました。予報では昼位までは風はもつはずだったのに残念。シカに移動するとサイズは無いものの風の影響はあまりありません。波はセットで腰~ですがまぁ何とか遊べる形です。それにしても今年は天候不順で水温も上がりません。厚真ではグローブが欲しくなるほど冷たくブーツは勿論着けました。→ 続き


テイクオフに失敗する理由を分析する。

ここまではテイクオフを上手くいかせるために色々な方法を書いてきましたが、今回は視点を変えて、どんな場合に上手くいかないのかということを書いてみます。上手くいくときは、上手くいく理由があり、上手くいかないときもそれなりの理由がありますテイクオフに失敗する場合はおおまかに分けて2つの段階があります。まず第一にまったくテイクオフ出来ない。板が出ない。第二に板は滑り出すけどスタンディングするまでの間の失敗。つまり立とうとしたらパーリングする、波においていかれる、すぐにコケルなどです。 →続き


テイクオフのバリエーション 斜めテイクオフ をマスターする。

前回説明したウネリからのテイクオフは上手くいってますか?サーフィンの場合、乗ろうとする波は常に同じとは限りません。大きな波、小さな波、厚い波、ホレた波。それぞれの波に合わせたテイクオフを覚えれば乗れる波のバリエーションが広がりサーフィンのレベルも上がります。今回はその中でも早い波、ホレた波に有効な「テイクオフ中級編 斜めテイクオフ」です。 →続き


SNSを活用することで僕達のライフスタイルが変わる

SNSを活用しているのは個人だけではありません。いまや企業もSNSを活用し始めたことで僕達の仕事や趣味などのライフスタイルに少なからず影響を及ぼしています。例えば、メガネ販売大手の「オンデーズ(OWNDAYS)」は、お店の販売員の採用で、TwitterとInstagramフォロワーが1,500人以上の人は優遇するという記事を日経新聞に載せ話題になりました。後で詳しく書きますが、入社後はなんとSNS手当が給料とは別に支給されるそうです。 →続き


北海道のサーフポイント浜厚真

7月8日 サーフィン/浜厚真

昨日からの南西ウネリが無くなるまえにちょっとは遊ばせてもらおうと浜厚真です。それに天気が良く風も昼までは何とかもちそうです。でも明日には南に下がっていた梅雨前線が北上してくるので天気が崩れます。しかし今年は水温が上がらない。昨日はドライを着てた人も居たとか。それを聞いて今日はブーツとグローブを着けて海に入りました。案の定水温は例年の7月のものではなくかなり低いです。波は腰...風は弱オン。でも実際に入るとけっこう楽しくて3時間も入ってました。→ 続き


サーフィンを始めたい女子のために。

ここのところは海でサーフィンの練習をしている女子をよく見ます。しかも1人で来てる。しかしサーフィンを女子が1人で始めるのは意外と楽ではありません。サーフボードやウエットスーツなど道具類の選び方。道具が揃ってからも練習に向いてるサーフポイントは?その日の波のコンディションは?何から練習したらいい?着替えはどうする?などなど。今回は、そんなサーフィンを始めたい女子のために道具選びから練習方まで説明してゆきます。 →続き


働き方改革は僕達の生活にどう影響する?

今回はサーフィンにもバックカントリーにも関係のないテーマのようですが、「働き方改革」は僕達の仕事に少なからず影響があります。多くの人にとって仕事は生活の中で重要な位置付けを占めています。その仕事の仕方を国の政策で変えようというのですから無関心ではいられません。仕事の仕方が変われば生活が変わり、僕達のライフスタイルにも影響があります。ということは今までどうり海や山も行くライフスタイルにも影響が出るかもしれないという事です。 →続き


ウネリからのテイクオフをマスターする

前回説明したホワイトウオーターからのテイクオフは上手くいってますか?今回はいよいよウネリからのテイクオフです。沖から入ってくるウネリに狙いをさだめパドルに入り徐々に加速してゆきテールを持ち上げられる瞬間に力強く最後のパドルをする。海水を切る音とともに板が走り出す。素早くスタンディングしてボトムに降りレールをセットしてボトムターンに入る。とまぁ、理想的なサーフィンのテイクオフはこんな感じです。何年経ってもこのテイクオフの瞬間は気持ち良くワクワクします。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

6月24日 サーフィン/日本海

昨日からの西ウネリが無くなるまえにキャッチしようということで走ってきました。石狩より北も波はあるはずですがAM7:00位から5m以上の風が入る予報です。太平洋も考えましたが近郊の浜厚真も風が入ります。道東まで走れば何とかなりそうですが、6月に入り積丹のウニ漁が解禁となり何とかウニ丼も食べたい。ちょっとした賭けでしたが、ここは波も若干残っていそうでしかもGPVの風予報を見るかぎり風はなぜか弱そうです。着いてみると形はあまり良くありませんが腹ほどのセットも入り、選べば遊べそうです。→ 続き


疲れず速いパドリングをマスターする。

サーフィンにおいて海に入っている時間の約90%はパドリングしています。ゲッティングのためのパドリング、テイクオフのためのパドリング、ポジションキープのためのパドリングサーフィンの基本動作の1つであるパドリングですが簡単なようで奥が深い・・今回はこのパドリングについてのお話しです。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

6月15日 サーフィン/日本海

この海に下る道のロケーション好きなんですよね。新海監督の映画「秒速5センチメートル」の種子島のシーンで同じような道が出てたっけ。電信柱は道路の左だったかも。昨日からの強い風もおさまり、波が無くなる前に遊ぼうという計画です。波はあまり良くなかったけど天気も良かったし貸切だったのでまー良かったということで。日差しは暖かだけど水温はかなり低いです。→ 続き


ホワイトウオーターからのテイクオフをマスターする。

サーフィン最初の関門テイクオフ 難しいですか? 大丈夫 これを読めば必ずうまくいきます。今回はスープからのテイクオフを出来るだけ詳しく説明してゆきます。気が付いたらサーフィンを始め、30年以上になりました。初めて海に行ったときの感想は・・「サーフィンってこんなにハードで難しいの?!」でした。今思い起こすとコンディションはオンショアの頭サイズくらい。スープも厚く、普通に巻かれでばかりの悲惨なのもでした。→ 続き


サーフィンを始める時に選ぶべきサーフボード

最初に使うサーフボードは上達するのに思った以上の影響があります。合っていないサーフボードではテイクオフもままなりません。サーフィンにおいてこのサーフボード選びはとてもシビアな結果を招きます。つまり上達のスピードがまるで変わってきます。スノーボードやスケートボードならどんな板を選んでもそれなりに乗れるようになりますが、サーフボードの場合はそうもいかず下手をするとまったく手に負えず諦めてしまうという人達を沢山見てきました。→ 続き


ウオーキングでトレーニング

夏はサーフィンと、ちょっとした登山と冬はバックカントリースノーボードで冬山登山とゲレンデでスノーボード。という生活をもう数十年続けています。という風に書くと、それじゃー新たにウオーキングなんか必要無いんじゃない?と言われそうですが。言いたくはありませんが歳には勝てず体重の増加と心肺機能の低下を感じタバコを止めました。すると呼吸は楽になったものの、タバコを止めたことによる体重増加5kg...これじゃ体が動かない。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

6月2日 サーフィン/日本海

南西風に伴うウネリが発生していますが午後から急にサイズUPの予感です。なのでちょっと遅めの10時に出発し各ポイントをチェックしながら移動しますが、思ってた以上にサイズが上がっていました。波はブレイクしているのに他のサーファーは居ません。1時間ほど1人でくるくる回していましたが予想どうりにサイズが上がり頭ほどのウネリも入ってくるようになりました。そのうちに待ち合わせしていた友人達が到着。日が傾くまで楽しむことが出来ました。→ 続き


サーファーはハゲやすい!?

初めて髪を切りに行ったお店で美容師さんに「お客さん水泳とかやられてるんですか?」と訊かれました。「水泳はやっていませんがサーフィンをもう30年以上やってます。」と僕。「どうりで..髪と頭皮、かなり傷んでますよ。海水の塩分と紫外線はダメージを蓄積するんです。」と美容師さん。「それって薄毛の原因になったりするんですか?」僕はかなり不安になりました。→ 続き


アスファルトの波に乗る

ご多分にもれず僕も持っています。どちらかというとロングに近いやつ。波の悪い日や海に行けない時など気晴らしに北大の構内なんかを滑っていました。明らかなバンクはありませんが意外と良いラインあるんですよ。サーフィンもスノーボードもやってますが滑っているときにイメージするのはやっぱりサーフィンです。→ 続き


デニムはストーリー

衣料品のなかでデニムほど面白い素材は無いと僕は思っています。購入した翌日からデニムにはその人のライフスタイル、ストーリーが刻まれてゆきます。色落ちの仕方やダメージのつき方は二本として同じものがありません。屋外で過ごすことが多ければ日光を浴びるので退色の特徴が出て、屋内は色は濃いめに残るなど。1年後にはまったく違う色になります。勿論サーフィンに行くときもデニムは欠かせません。→ 続き


フリースという通年素材

例えば、まだ空気が冷たい明け方のサーフポイントでの波チェック。例えば、風を遮るものの無い標高2000mの大雪山のトレイル。真夏でもそんな場所には僕はお気に入りのフリースジャケットを持ってゆきます。ダウンセーターという選択肢もありますが、多少扱いがラフでも大丈夫ということと帰宅後に何も考えないで洗濯機に放り込めるという気軽さがいいです。→ 続き


無敵のショーツを1枚

ショーツ、短パンは僕はよく使います。海や山の行き帰り、低山の山登り、自転車に乗るとき、部屋着、時には街着、パジャマ?毎年、数回は何もしないキャンプに出かけます。そんなときはパジャマに使うことが多いですね。そんなんで厳選した使いまわしのきくショーツは必需品です。僕が選ぶのはロッククライミング用のショーツ。(クライミングはやりませんが)サーフィンに行くときも快適です。→ 続き


幸せな気分になれるパーカー

風が入る前の早朝から海に入り2R目のサーフィン。パドルする腕が上がらなくなっても、波が良くて上がれずに、あと1本が延々と続く。さすがに体が動かなくなりそろそろ上がろうかなと思い、ビーチで濡れたウエットから着心地の良いコットンのパーカーに着替える。そんなときに幸せな気分になれる服って大切だと思います。僕のこのパタゴニアのパーカー、そんな理由でちょっとくたびれても中々買い換えることが出来ません。→ 続き


もしお金が目的じゃなければ、あなたが望むものは何ですか?

ちょっとドキッとするようなタイトルですが、これはイギリスの哲学者アラン・ワッツさんという方のスピーチです。正確には「もしお金が存在しなかったら、キミは何をしたいのか?」「何をしてキミは人生を楽しみたいのか?」といった方が正確かもしれません。この人のスピーチはドキッとするものから、ぶっ飛んでるな~というものまで色々あって僕は大好きです。 →続き


Sub Sole(太陽の下で)

ラモン.ナバロ、コール.クリステン、オットー.フロレスは誰も乗ったことの無い波を噂をたよりに探し回り、ローカル達と一緒に8~10フィートのレフトハンドのバレルがヒットするサンドバーを発見。patagoniaプロデュース、ディープ ウオーターです。


Timeless

Fuminori Kagajoがサウンドブランディングを務めるクロスホテル札幌の10周年企画で初のコラボアルバムです。参加アーティストは「アンジェラ・ジョンソン」、Jasper St.Companyでもボーカルを担当した「トレイシー・ハムリン」、ハウスシーンで人気の「ニコル・ミッチェル」、JiLL-Decoy のヴォーカル「chihiRo」、「澤田かおり」など。とにかくジャジーでソウルフル。サーフィンやスノーボードに向かう車内で聴くのに嬉しい一枚です。→ Timeless


台風21号 仙台新港。

台風21号のウネリが直撃した仙台新港。恐らくサイズは10ftクラスで日本でこんな波でサーフィンするのは見たことが無いというサイズです。Kelly Slaterにして「Crazy Drops! Sick they went on those」と言わしめた台風21号仙台新港の波。 この波にチャージしたのは仙台クルーの松岡慧斗や太田拓杜に熊谷航。さらに小嶋翼、小嶋海生、越後将平らに加え、石崎孝行、渡辺寛、加藤嵐、佐藤魁。夕方には大野修聖や松岡慧斗もパドルアウト。松岡慧斗のエアドロップからのテイクオフは鳥肌がたちます。