THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


北海道ムエン浜の波

surfing in hokkaido and backcountry snowboarding

北海道のサーフィン surfing in hokkaido

太平洋、日本海、オホーツク海と四方を海に囲まれた北海道の総海岸線延長は3,066kmと広大で、そこにブレイクする波も多種多様です。例えばサーフィンで有名な湘南エリア(相模湾)の海岸線の総延長が約60kmとした場合、北海道の海岸線はその約50倍となり全ての向きの海岸線にサーフポイントが存在します。そう考えると情報が外に出ていない北海道のサーフィンのポテンシャルがいかに大きいかが分かるかと思います。夏にシーズンを迎える太平洋、秋~冬にシーズンを迎える日本海とオホーツク海には未だに誰も乗ったことのない無人のブレイクも存在しています。何と言っても北海道のサーフポイントの特徴は人口密度の低さです。都市部の一部のメジャーポイントを除けば平日などはそのポイントに自分独りということも珍しくありません。冬などの厳しい気象条件、低い水温などを克服すれば北海道はまさにサーフィン天国と言えます。ここでは日々のサーフィンを通じ北海道のサーフィンの空気が伝わればと思いサーフダイアリーなどもUPしています。また北海道でこれからサーフィンを始める方へのメッセージなどもありますので参考にして頂ければ幸いです。


movies

北国の波です。 フルスクリーンでどうぞ。


sayit0123さんによる北海道苫小牧での空撮です。
1月の日本海、これも北海道の1つのスタイルです。by studio328
坂口憲二さんの『海から見た、ニッポン』でも紹介されました。
  • 北海道日本海のサーフポイント
  • 北海道太平洋のサーフポイント
  • 北海道日本海のサーフポイント

Category


Surf to you

海に向かうあなたへのメッセージやお知らせです。


Surfing diary

毎回ではありませんがサーフィンに行った記録です。


Recommended

ノンジャンルでのモノ、事、などを紹介しています。


A life style

ライフスタイル、コラムみたいなものです。


Event

お勧めのイベント、催し物などです。


Surf and snow and love

波と雪と、そして恋。


Journal

一定期間表示の後Categoryに振り分けられます。


サーフィン日本海 11月26日

今日は朝から高気圧の圏内に入り晴れました。風も緩いオフになり気温はさほど上がりませんが波が無くならないうちにちょっとは遊ぼうという計画です。海に着いてみるとサイズはけっこう落ちていて腰~ もう少しあると思ったんだけどな~という感じです。ですが形が良いので、貸切ということもあり急いで入水。2時間ほどは何とか遊んでいましたがサイズがどんどん下りセットも入ってこなくなったので移動。→ 続き


海や山に行かない朝はコーヒーを豆から挽いてリラックスしてみる。

4月~12月まではサーフィン。11月~5月までは山に入りスノーボードと1年中早起きして出掛ける生活をしていると、ちょっと疲れる日もあります。好きなことをやってるのですが朝寝坊したいな....と思うこともあります。そんなときは波が悪かったり、山のコンディションが整っていない日の朝はちょっと寝坊をしてコーヒー豆から挽いて楽しみます。この豆から挽いてというところがポイントでとてもリラックスできます。→ 続き


サーフィン日本海 11月13日

北海道は典型的な冬型の気圧配置になり、上空には12月の寒気が入り平地でも雪が積もりました。それに伴い西北西の強い風による波が上がり風さえ避けるポイントがあれば良い波のブレイクにありつけます。午前中は吹雪模様で海に行く気も萎えていたのですが、昼ころから風も弱くなり日差しも出てきたので出かけてきました。波はセットで腹~、風はちょっと強いオフですが悪くはありません。気温は0℃と低かったためキャップを着けてのサーフ。→ 続き


サーフィン日本海 11月13日

しばらく続いていた強風もおさまり、今日は高気圧の圏内で穏やかな日となりました。クローズしていた日本海も夜半から急激にサイズダウンして小波なコンディションです。正直ここまでサイズが下るとは思わなかったのでちょっとビックリです。予定では石狩方面はサイズが下っても頭はあると思っていたので塩谷~余市あたりを狙っていたのですが、このコンディションでは向こうはフラットに近いかと思います。予定を変え石狩~厚田あたりのポイントをチェックして良さそうなところで入ります。→ 続き


サーフィン日本海 11月2日

低気圧の外周で吹く強い西風で日本海に波がたちました。基本的に今日は西高東低の冬型の気圧配置で日本海に波がたちやすい気圧配置になります。ただ強い西風を避けて、さらにクリーンなウネリを受ける海岸線は多くはありません。そんななかでもここは風少ないポイントですが、ここでも時折強い西風のオフが吹き面がざわつきました。体感気温もそれなりに低くドライスーツで入りましたが若干暑く感じましたが寒い思いで入っているより「暑い。」と言いながら入っている方がこの時期は快適です。→ 続き


no border ボーダレスで拘りを捨てる生き方

僕は若いときから拘りが強い方でした。身に付けるものからはじまり立ち寄るお店、仕事で使う道具、部屋の装飾などなど。それは全て快適に過すために、より楽しむためにと拘って選択していったものがほとんどです。洋服でいえば決まったブランドのものを身に付け、仕事で使う道具もあるブランドのものに拘り、遊びの道具も同様な拘りで選択していました。→ 続き


サーフィン太平洋/シカッティー 10月20日

低気圧の通過で太平洋に波が上がりましたがスピードが速く、午後にはサイズも下りだします。ナウファス苫小牧港の観測点ではAM6:00時点で南東のウネリ2.3mと、けっこういいサイズです。ただ到着時間を調整して10:00にしたのでけっこうサイズも落ち着いていました。波のサイズは腹~胸 セットで頭といった感じで、天気と風も良くそれなりに楽しめました。気温はこの時期としては高めの17℃で日差しがあるので暑いくらいでした。来週は季節が進むのでこんな温かな日は中々無いかもしれません。→ 続き


サーフィン/日本海 塩谷 10月6日

前日からの強い北風も午前中には収まりましたが、波は急速にサイズダウンします。予報では11時位から無風に近くなるとのことで遅めの到着。サイズはすでに腰~腹ですが天気が良いのと、早朝から入っていたサーファーが撤収していて空いていたのでそれなりに楽しめました。上がって時計を見て驚いたのですが3時間以上も入っていました。その後は他所で入っていた友人達のSUPを日没まで眺めたりしてノンビリ。夕食は硝子工場でBBQでいい1日でした。→ 続き


サーフィン/日本海 9月20日

前日からの西北西の波が残りました。石狩の観測ポイントでは波高が2m以上あるので、この北東を向くこの海岸線にも小さめではありますがウネリは回りこんできました。ただ風は石狩湾全体で強い北西風が入っています。その風を少しでも避けれれば今日は楽しめるはずです。ポイントに着いてみると風も無く、波は腰~形も悪くありません。先に友人がSUPで入っていましたがそこそこ遊べそうです。→ 続き


サーフィン/シカッティ 9月10日

昨日に続き、辻堂から遊びに来ている友人を連れて、東に抜けていく台風からのウネリを狙い太平洋です。到着したのが干潮ピークの時間帯だったのでワイドなブレイクですが、潮が上げにかけて良くなるはずです。上から撮った写真なので波のサイズは大きく見えますがセットで肩ほどです。ショルダー寄りから乗ればロングライド出来、良い波です。気温は台風からの温かく湿った空気のため29℃と、盛夏でもこのエリアでもめったにない温度で、何より驚いたのは水温でした。→ 続き


サーフィン/毘砂別 9月9日

台風の接近で温かな空気が入り札幌は今日も30度オーバーの真夏日になりました。抜けて行った14号の外周を周る風が南西に変わり日本海にも波が立ちます。サイズがあればウネリが入りやすいのは毘砂別ですが、風が気になるのとサイズが上がり過ぎると毘砂別はあまり良いブレイクをしません。なので今日は手前のポイント狙いでサイズが足りなければ北上するという作戦です。朝のwebでの波予報では石狩湾新港の観測点では波高0.5mで上がり傾向。→ 続き


サーフィン/毘砂別 9月2日

今日の札幌の最高気温29℃で夏が戻ってきました。それに伴い南西のウネリが発達し、サイズのピークは昼前後ですが風もそのころに強まります。厚田~望来あたりのポイントは風も入っていませんがサイズがまだ上がっていません。迷ったあげくオンショア覚悟で毘砂別で1ラウンド、さらに風が強まったところで戻って手前のポイントに入るという計画にしました。毘砂別は平日にも関らずサーファーが結構集まっていました。入ってみるとセットは胸~肩ほど → 続き


SUPツーリング蘭島/兜岩 8月27日

ここ数日は波がありません。今日も太平洋は苫小牧の観測ポイントで30cm...しかも風も入る予報なのでサーフィンは諦め、蘭島にSUPをしにゆくことにしました。日本海側は高気圧の圏内なので風も弱く、気温も25度まで上がりSUPツーリングには良いコンディションです。コースはいつもの蘭島~兜岩ですが、以前から気になっていた小さな入り江をチェックしながらのんびり時間をかけて行きました。今日は海水の透明度も高くバスクリンのような色をしていて光の入り方によって色が微妙に変わり綺麗です。 → 続き


北海道10月のお勧めイベント2019

北海道10月のお勧めイベント2019

10月の声をきくと北海道の冬はすぐそこまで来ています。大雪山では積雪になり中旬には平地でも初雪があり紅葉も見頃をむかえます。収穫祭が各地で行なわれ味覚の秋が楽しめます。野外の催し物はこの時期を境に減っていきまので、参加できるものがあれば積極的に足を運んでみましょう。個人的には波乗りのついでに寄ることが多いので海の味覚祭などのチョイスが多くなってしまいました。何といってもこの時期の北海道の食は「牡蠣」をはじめ最高に旨いです。→ 続き


ウェーブビート&ムラスポ ビーチパーティー 8月18日

今日はムラスポさんと千歳のサーフショップ「ウェーブビート」さんのビーチパーティーです。若干時間があったのでシカで波乗りをしましたが干潮時で波はダンパーになってしまい小波のわりに手こずりました。パーティー後の夕方に潮が上げてからの方が波はいいかもしれません。友人達の多くは厚真に行きましたが台風通過後の川からはコーヒー色の水が流れ込み、海もコーヒー色になっていたので気が進まず、会場から近いこともありこちらに来ました。 → 続き


サーフィン/太平洋 8月11日

今日はそこそこ波がありますが風がよくありません。南東からの強い風を避けるために東に向かいました。最初にチェックしたポイントは無風でしたが、嫌なセットが入るのと雨が降っていたので何となく入る気がせず、さらに東に向かいます。この辺は無料の高速がかなり延びているので移動に助かります。次のポイントは若干のサイドが入っていましたが気になるほどではありません。混んでいるように見えましたが、注意してみると半分はスクールのようでした。 → 続き


支笏湖

サーフィン/太平洋 8月5日

苫小牧港の観測ポイントでは南東の波で波高0.5m ライブカメラを視ても明らかに波が小さい(スネ?)。なので少しでも波がダイレクトに入る海岸線で干潮時を狙います。ということで今日は支笏湖線をぬけて太平洋に出ました。高速を使うのが楽なのですが緑の中や、湖の畔を走るのが気持ちよくて、このルートはよく使います。ポイントは2箇所チェックしましたが最終的にけっこう西まで走りました。波のサイズは腰~腹でセット胸。入ってみると思っていたよりサイズがありました。 → 続き


働き方改革

サーファーが考える、本当の意味での働き方改革とは

以前にこのサイトでも政府が推し進める「働き方改革」が僕達の生活にどういう影響があるのか?という記事を書きました。実際に2019年4月1日より一部が施工され現在は大企業だけではなく中小企業においても重要な経営課題となっています。でも僕はその政府が勧める「働き方改革」自体に違和感を感じています。政府が定義する働き方改革とは「働く人々が、個々の事情に応じた働き方を自分で選択出来るようにするための改革。」です → 続き


北海道のサーフポイント 日本海

サーフィン/日本海 7月31日

ちょっと南よりな南西のウネリ。もう少し西に向けばサイズも上がるのですが、これでも十分に波乗りできる波はあるので午前中は裏積丹のポイントに向かいました。以前はかなり通ったポイントですが、ここで入るのは4年~5年ぶりです。波はブレイクが早い腰~腹ですが形が良かったのでかなり楽しかった。昼前には風が入りだしたので「ブロイラーガーデン・オオクボ」で昼食。その後、石狩湾内のポイントに向かいましたが、こちらでのサイズは腰でロングボードで波乗り → 続き


北海道のサーフポイント

SUP ツーリング 北海道/蘭島 7月28日

今日も波はビミョウーで、太平洋側は濃霧という状態なので蘭島にSUPにきました。友人が「K&M SUP GARAGE」のツアーに参加するので同行した女の子も1人ツアーに入れてもらいました。僕はここのシーズンメンバーになっているので後からついてゆきます。日本海側は終日快晴でSUPでツーリングするには絶好の天気です。わずかに海上はうねっていますが問題の無いレベルです。ツアーに出る前にパドルの扱い方やボードに乗る位置などのレクチャーがあり、テトラ内の浅い場所で実際にSUPに乗り漕いでみます。 → 続き


北海道のサーフポイント 白老

サーフィン/太平洋 7月25日

予報図を見たときに何となく日本海も波が上がりそうな予感はしてたのですが、あまり気にせず太平洋に走りました。波は腹ほどの早いブレイクでけっこう楽しかった。2時間ほど入ってて疲れてきたので早めに切り上げ「Mother's/白老マザーズ」で一休み。ここのシュークリームは美味しいんですよ。波乗りの後に是非寄ってみて下さい。ラインをチェックすると「日本海上がってるよ!何してるの?」のメッセージ多数。うえ~やっぱりか~ということで走りましたが... → 続き


SUPツーリング/蘭島 7月21日

SUPツーリング/蘭島 7月21日

今日の太平洋はどこも波はビミョウな感じで天気もあまりよくありません。以前はそれでも4時間も5時間かけて波が少しでも良い場所まで走りましたが、今年から考え方を変え違う海の楽しみ方をしようということでSUPはその選択肢のなかの1つです。凪いだ海でゆったりとツーリングし小さな入り江で休憩したり、泳いだりでとてもリラックス出来て良い時間を過せます。波乗りを30年以上続けていて海のことはかなり知っているつもりでしたが、こんな穏やかな海の表情は知りませんでした → 続き


北海道のサーフポイント シカッティ

サーフィン/太平洋 7月20日

数日間強かった風も弱まり、天気も回復しそうだったので波乗りに行こう。ということでやってきました。ただ10時近くから3m~4mのオンが入りそうだったので、厚真には行かずシカッティーで入ることにしました。昔はシカッティーとは言わず「前浜」と呼んでいたポイントなのですが最近は「シカ」と呼ぶのが通りがいいので僕もそう呼んでいます。今日の波は干潮時で腰~腹。若干、風が入っていますが気にならないほどです。びっくりしたのは水温で、この1週間でかなり温かくなり3mmフルで暑いほどでした。 → 続き


浜厚真

浜厚真というサーフポイント

道央圏のサーファーであれば「浜厚真」でサーフィンを覚え、ここをホームとしているサーファーも少なくないでしょう。シーズンは3月~11月ですが年間を通してコンスタントに波があり、トイレなども新設され水洗の綺麗な施設とウエットを洗える蛇口もあり便利です。またライブカメラもあるので其方をチェックしてから海に向えば波を当てる確立も高くなります。北緯40度線を低気圧が越えてくると小さな低気圧でも敏感に反応しサイズのある波も楽しめます。 → 続き


北海道 ピリカキャンプ場

サーフィン/太平洋 7月9日

低気圧が北上してきて北海道の東向きのポイントはそのウネリがヒットします。この予報図になったら噴火湾が良いはずと7日の昼過ぎからキャンプ道具も積んで向かいました。ところが到着した夜に予報が変わり、思ったほど波のサイズは上がらず、湾内はあって膝..みたいな状況になってしまいました。しかも強いオンも伴うため、ほぼサーフィンはできません。せっかく用意をしてきたのにかなりショックでしたが、気持ちを切り替えキャンプを純粋に楽しみ近くの町に観光にも行きました。 → 続き


北海道 太平洋のサーフポイント

サーフィン/太平洋 7月3日

今日は日本海も太平洋も波はありません。しかも札幌は朝から雨でテンションだだ下がり。気象情報をチェックしていると、なんと太平洋は晴れです。波は?苫小牧の観測ポイントで南南東の波、波高0.4m....ということは波は無い!ということです。なんせ40cmですから。それでも天気がいいのは魅力なのでちょっと西に走りました。何箇所かチェックしましたが、どこも悲惨な状態。でもここ。満ちこみにかけて待てば何とかなりそう。 → 続き


北海道 日本海のサーフポイント

サーフィン/日本海 6月27日

昨日午後より発達した南西のウネリ。早くも夜には下りはじめて、今日まで残るかな?という感じでしたが遊べる位のサイズは残っていました。昼近くには風が入る予報だったので早めの6時には出発して7時過ぎには着替えていました。チェックしたポイントは2箇所でふたつ目のポイントが無人だったので入りました。波は腹~胸といったとこで、遊ぶには丁度良いサイズ。3時間ほど入っていてサイズが落ちてきたのでけっこう満足して上がりました。 → 続き


北海道9月のお勧めイベント2019

北海道9月のお勧めイベント2019

北海道の秋の訪れは早く大雪山では日本で一番早い紅葉が始まり、そのピークは旭岳、黒岳では9月第2週となります。札幌や旭川などの都市部では初旬に日中には夏日となる日も珍しくはありませんが夜間は秋の涼しい風が吹きます。北海道の9月は6月と並び爽やかで過し易く年間で一番北海道らしい時期といえるかもしれません。また9月は収穫の月となり北海道各地で秋の収穫祭、秋祭りが行なわれ山の幸、海の幸を問わずその味覚を楽しめるイベントも少なくありません。→ 続き


北海道 日本海のサーフポイント

サーフィン/日本海 6月18日

今日はまったくノーチェックでした。昨日からウネリの方向が変わったため小樽方面は波が残らないかと思い、海にくるつもりはありませんでしたが友人からの連絡で急遽、高速を飛ばしてやってきました。風は強オフでセットのサイズは腹~(でも厚め)。着いたのが昼くらいで一番気温が高いはずでしたが風に当ってるとメッチャ寒い!水温もぐっと下っていて冷たかったです。入ってくるウネリは厚めでしたが力があるので板は出ます。途中、厚くなるセクションを抜ければけっこう距離は走れます。 → 続き


サーフィン用リーシュコードの選び方と交換時期

サーフィン用リーシュコードの選び方と交換時期

いまさらですが、サーフボード用のリーシュコードには長さや太さなど色々な種類があります。さらに言うとコンペ用と通常用もあります。ここではそんなリーシュコードの選び方と、交換時期について考えてみます。まず結論からいうと長さは使っているサーフボードの長さに近いものを選び、太さは板と波のサイズで選ぶことになります。ちなみにCOMPと書かれているリーシュコードはコンペティション用で抵抗が少なくなるように細くて短いのが特徴です。 → 続き


北海道 太平洋のサーフポイント

サーフィン/太平洋 6月13日

北海道の東海上には低気圧があって、そこから強い東ウネリが届いています。近郊はクローズかサイズが大きすぎてあまり波が良くないのでウネリがシェイプされて入ってくる場所を狙います。干潮が早朝だったためポイントは良い波でしたが、最近はロングばかりに乗っていたので掘れる波がちょっと苦手です。ここでは短い板で入りましたが速い波は、乗るとやはり楽しいです。ちょっと混んできたころに場所を移動しましたが此方は僕好みの厚い波でロングで入りました。 → 続き


北海道 太平洋のサーフポイント

サーフィン/太平洋 6月8日

何と苫小牧港の観測ポイントでは南東の波で波高0.4m ライブカメラを視ても波が見えません。ということでちょっぴり走りました。どこも基本的には波のサイズはありませんが、南東の波がダイレクトに入る海岸線を目指します。干潮ピークが11:30ほどで、その時間が一番サイズが上がりそうですが、丁度その時間に風が変わりオンが入りだします。結果的には潮と風の変わり目で風が入る前の僅かな時間帯を当てれたので今日はツイてます。3時間ほど頑張って風が入り面が悪くなったところで上がりました。 → 続き


ヂマシオ美術館

ディマシオ美術館 その世界観に圧倒される。

こちら方面に波乗りに来たついでに、かなりの確立でこの美術館には寄ります。というのもこの世界観が好きなのと、美術館があるこの美しい自然が好きで都会暮らしの心が癒されます。この記事を書いている2019/6/6で4回目の来館となります。以前、訪れた時には休んでいたレストランが営業を再開していたり、世界最大の油彩画で行われる光と音楽の神秘的なアトラクションがあったり、新たな硝子の美術館が出来ていたりと、初めて来たかのように楽しめました。 → 続き


毘砂別

サーフィン/毘砂別 6月1日

昨晩から南西ウネリが発達していますが、風が気になる所。予報ではサイド1.8mほどで、さほど気にならないかな?ということで来てみましたが実際にはサイドオンで3mほど入っていて面も悪くビミョウな波です。ただサイズは腰~腹ほどあるので選べば遊べそうということで入りましたが、アウトではサイドの流れが入り、けっこう流されポジションキープが疲れます。おかげで2Rやってクタクタになりギブアップ。乗れたのも数本で良いとこ無しでしたが、まぁこれもサーフィン。 → 続き


毘砂別

サーフィン/毘砂別 5月26日

今日の札幌の最高気温は5月としては珍しく32℃まで上がる予報です。昨日から吹き始めた南西風によるウネリは毘砂別で0.8mまで上がる予報で、湾内の他のポイントでも波が入るかと思いましたが実際には毘砂別までは波はありませんでした。波のサイズは腰~腹ほどで予報よりかなり小さめですが、今日はロングを始めて使うので丁度良いサイズです。水温はようやくグローブをはずせるほどまで上がり、ウエットも5mm/3mmジャージが使えました。 → 続き


サーフィン/太平洋 5月24日

昨日より南東のウネリが大きくなり近郊のポイントは風も悪くクローズぎみです。そんなんで波が直撃せず、しかもシェイプされて入ってくる場所を選び、久しぶりに遠出してきました。気象予報ではウネリのサイズは0.6mで風は終日オフとなっています。あとは潮目が変わる昼に若干サイズUPが期待できるかな?という感じで1R目からゆったりと楽しみ、休憩を挟んで午後からの2R目へと繋げてゆきました。実際に干潮ピークから上げに変わる時間にはワンサイズUP..といっても写真のような感じです。 → 続き


北海道8月のお勧めイベント2019

北海道8月のお勧めイベント2019

8月は北海道でも盛夏となり30℃を超える暑さの日もありますが、秋の訪れも早くお盆を越えたあたりから涼しい風が吹き出します。そんな8月は1年のうちで一番お祭りやイベントの多い月と言えます。北海道内ではここで紹介したもものの10倍以上の催しものが行われていると思います。そんな中から選んだこれらのイベントは僕の興味のあるもので多少偏りがあるかと思いますが、お許し下さい。→ 続き


毘砂別

サーフィン/日本海 5月11日

今日は西高東低の気圧配置になり峠は積雪になりました。その低気圧の外周からの北ウネリはなんともビミョウなサイズ。厚真もサイズはないけど風は終日オフで形は良さそうなのでぎりぎりまで迷って日本海に走りました。途中銭函をチェックしましたが波はありました。北上すれば何とか遊べる位のサイズはありそうな予感。今日がシーズン1回目の女の子が居るので、コンディションはこんなんで良いでしょう。後はどこで風を避けるか....何箇所かチェックして落ち着いたポイントの波は腰で → 続き


Surf Journal 以前の記事 / 4 / 3 / 2 / 1