THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


サーフィンドライスーツインナー

サーフィン用ドライスーツのインナーに何を着る?快適さはインナーで決まります。


北海道のような寒冷地で冬などに快適にサーフインをするのに便利なドライスーツ。そのドライスーツもインナーに何を着るかで快適さが大きく変わってきます。殆ど海水が入ってこないドライスーツですが実は内部はけっこう濡れます。それは密閉されたスーツを着て運動するためにかく汗や、ドライスーツの外部温度(海水温)と内部の温度差によっておきる結露などです。ここでインナーに何を着るかによって快適さが大きく変わってきます。


まず求められる条件は、水分を含まず速乾性のある素材で多少濡れても断熱効果や保温効果のある素材がベストです。例えば冬山登山などに使うインナーなどは速乾性もあり保温効果も抜群です。僕も一時期はパタゴニアのキャプリーン3の冬山登山用インナーをドライスーツの中に着ていましたが、かなり快適でした。ただこれをドライスーツの下に着るとインナーに毛玉が大量に出来て傷むのが早まりますのでちょっともったいないです。


それに登山用インナーはドライスーツの中で滑りが悪くちょっと動きずらいのが気になりました。結論から言うと手持ちの物を流用するなら登山用インナーを、新に購入するならウエットスーツ各メーカーから出ているドライスーツ用インナーが快適と言えます。長袖、長ズボンのセパレートの物やつなぎのものが出ていますので好みで購入するのがいいかと思います。ちなみに僕はセパレートで上は半袖、下は長ズボンのものを使っています。靴下は登山用の薄手インナーソックスを流用しています。


逆に着てはいけないものが綿などの自然素材で、濡れると乾かず不快で体温を奪ってゆきます。ユニクロのヒートテックを選ぶ方も多いのですが、確かに保温性がありますので温かいのですが、実はあんまりドライスーツのインナーには向きません。ヒートテックにはレーヨンが含まれてますので、速乾性という面ではちょっと難ありで、そもそも日常使いがメインですから運動用には作られてないんです。そんなんでやはり専用のインナーには快適性では敵いません。



■ お勧めのサーフィン用ドライスーツ用インナー


今まで色々なものを使ってみましたので、その中からお勧めの数点を紹介してみます。


オニールドライスーツ用 インナー サーモX シーガル ONEILL THERMO-X



ONEILLのオールインワンのインナーです。13ozのパワーストレッチが体にぴったりフィットし、速乾性を実現した高機能サーモエックスインナーです。動きやすさから言えばこのオールインが一番です。上下別もいいのですが動いているうちに背中が出たり下のアンダーがずれて下がったりということが起きません。長袖もあるのですが、ドライスーツと言えども袖口から海水が若干滲んでくるので長袖の場合、袖先が濡れてしまいます。それが何となく気になり僕は半そでを使っていますが寒いと感じたことはありません。


素材 13oz P2 ナイロン93% ポリウレタン7%

型 シーガルタイプ フロントジッパー付き

さらに詳しく見る→オニールドライスーツ用 インナー サーモX シーガル ONEILL THERMO-X



surf8(サーフエイト) QUICK DRY インナー QD005



surf8のドライ・ネックイン向けオールインワンタイプのインナーです。吸水拡散機能の素材で快適です。袖は長袖に見えますが八分袖丈に設定されていて手首からの浸水が軽減されています。生地厚1.1mm、汗冷えを軽減するクイックドライ機能素材(吸水拡散速乾機能)。

さらに詳しく見る→surf8(サーフエイト) QUICK DRY インナー QD005



保温インナー FELLOW 裏起毛 エアーヒート起毛インナー



本来はウエットスーツの保温インナーとして作られたようですがドライスーツのインナーとしても快適でした。HEAT RAISING【ヒートライジング】というハイテク素材を使用していて極めて密度の高い特殊柔軟仕上げを施されているようで、速乾性はもちろん、人体から発生した熱を効率的に 蓄積させ最高の保温性を実現しています。また、柔軟起毛で肌触りもよく、快適なフィット感が心地いいインナーです。


さらに詳しく見る→保温インナー FELLOW 裏起毛 エアーヒート起毛インナー


■ サーフィン・ドライスーツ用インナーまとめ。

以上、オールインワンタイプを3点紹介しましたが、薄手のセパレートタイプのものも僕は使っています。ドライスーツを使用する期間も外気温が低く水温はさほど冷たくない初冬や、水温は低いのに外気温は高い春などの季節で、その時期の温度変化に合わせてインナーの厚みを調整して使っています。これは実際に使ってみて不便を感じてから、厚いもの、薄いものと買い足してゆけばいいかと思います。良いインナーは本当に快適です。これからの寒くなる季節も快適にサーフィンを楽しんでくださいね。