THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


サーフスケート

サーフスケートでアスファルトの波に乗る


スケートボードはご多分にもれず僕も持っています。どちらかというとロングに近いやつ。

波の悪い日や海に行けない時など気晴らしに北大の構内なんかを滑っていました。

明らかなバンクはありませんが意外と良いラインあるんですよ。

サーフィンもスノーボードもやってますが滑っているときにイメージするのはやっぱりサーフィンです。


僕のは長めなんでカットバックやリッピングのようなクイックな動きは出来ませんがアップスやボトムターンは出来ます。

どちらかというとロングボードの動きをイメージしながら緩くクルージングするというかんじです。

これが実に楽しいんです...でもね、欲しくなってきたんです。

ショートタイプのサーフスケートでトップターンが出来て、カットバックが出来るサーフスケートっぽいやつ。


サーフスケート

で、これが今乗っているK2のスケートです。

ちょっと古いけど良く走るんですよ。でもウイールとかトラックとか今のサーフスケートのではないんですよね~

1世代前とまでは言いませんが、それに近いかんじ。

でもこの板に教えられたことは沢山あります。 斜面を下に滑っていれば何も感じませんがブレーキをかけている動き

エネルギーをロスする体重のかけ方など平地で乗っていると加速しないという動きで教えてくれます。


この辺は他のスケートでも同じかと思いますが、ターンや重心のかけ方など色々な点でムダがあると、加速が出来ず板が走りません。

それを改善しようとしていると体が自然に無駄のない動きを覚えて段々洗練されていきます。

その辺あたりから楽しくなってきますが、ちょっと一流のライダーの動画を観てみましょう。

この動画は特定のサイト意外での再生が制限されていますのでうまく再生されない場合はYouTubeに跳んで観てください。クリックするとリンクが表示されます。

基本的に水上で行うサーフィンと陸上で行うサーフスケートは厳密には違いますが、動きが似ていますよね。

これでサーフィンの動きをイメージして滑るのは結構楽しそうです。

ブランドはCARVERあたりが有名ですので調べてみました。

CARVERサーフスケート

carver(カーバー) スケボー TRITON BLUE HORIZON 31" CX.4

他にも色々ありますが癖がなく何でも出来るというか、乗りやすさから選ぶと僕ならこの辺になるのかもしれません。

サイズは全長31"、最大幅9 5/8"、ノーズ幅3 1/2"、テール幅6 3/8"、WheelBase 17"で扱いやすいサイズですね。

デイパックにお弁当を入れ鴨の池でランチにして北大の構内をクルージングすると楽しそうです。

それにサーフィンの練習とまでは言いませんが海に行けないときのストレス解消には大いに役立ちそうです。


まぁポイントの目の前にでも住んでいない限りは毎日サーフィンをするなんて中々出来ませんが、

スケートならならちょっとした空き時間で出来ますし、普段見ている景色が違って見えます。

車に乗っていたら気が付かなかった風を感じ、空気の臭い、気温、日差しの暖かさ、などなど。

スローで中々いい道具だと僕は思います。


最後にサイズについて説明しますが、もしあなたが身長170cm程なら、デッキサイズ31~35インチ程の長さがいいと思います。

サーフィンは自分の肩幅より少し広いスタンスをとるので、1インチ=2.54cmとして実際に計算して足元に置いてみると

イメージがわき易いと思います。


スポンサードリンク