THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


十勝連峰

backcountry snowboarding in hokkaido and surfing

北海道の山とバックカントリー backcountry snowboarding in hokkaido

雪山この言葉には独特の響きがあります。なぜなのでしょう。困難で危険な山登りのイメージでしょうか。しかし北海道の山が最も魅力に輝くのは、12月から5月にかけての雪の時期ともいえます。この時期のなにが魅力なのかというと、それは厳冬期の降りたてのパウダー、春のコーンスノー、自然の雪、自然の地形を楽しみ大斜面に自分だけのトラックを描く。カンバやタンネの巨木をぬって滑り降りるのは、バックカントリーだけの特権です。ですが克服しなければならない事も数多くあるのも事実です。 第一に厳しい気象条件です。厳冬期などは増えた装備でザックはふくれ、重い荷を担ぎ黙々とラッセルしなければならないことも多く、コースタイムも春に比べ5割程度多くみる場合もあります。さらに山の雪質の特徴は非常に変化が多く、いつも快適な雪質に恵まれるとは限りません。それに悪天候、ルートミス、雪崩れなど管理されたゲレンデとは違う危険もあります。ですが山はいつも危険と言うわけではなく、確かな知識と装備、経験を積み自然の声に耳を傾ければ、その懐でちょっとだけ遊ばせてもらえる可能性はあります。


movies

北国の山で活躍されている方達の動画です。全画面でどうぞ。


on the tracks 2 PV 2017/10/11 328studio
Signatures patagonia 北海道 2012/09/04
  • 白井岳
  • 富良野岳
  • 利尻山

Category


How to Climbing

山に入るあなたへのメッセージや、お知らせです。


Climbing Records

2014以降の山に入った記録をまとめました。


Recommended

ノンジャンルでお勧めのモノ、事、などを紹介しています。

A life style

ライフスタイル、コラムみたいなものです。


Event

お勧めのイベント、催し物などです。


Surf and snow and love

波と雪と、そして恋。


journal

一定期間表示の後Categoryに振り分けられます。


バックカントリー・スノーボード ザックの中身は?

山に入るときに他人のザックの中身って気になりませんか?僕は気になっちゃうんですよね~あの膨らんだザックには何が入っているんだろう?あの小さ過ぎるザックの中身は何を持ってきてるんだろう?みたいな感じで気になります。そんなんで自分のザックの中身を並べてみました。 基本的には冬山登山用の装備なのですが、普段入っている山や、考え方により揃えるものが人によって微妙な違いが出てくるので興味深いです。→ 続き


この天気図になったら山に行ってはいけない!危険な3つの低気圧。

新聞に掲載される天気図は12時間前のものなので山には使えず、昔はラジオの気象通報を聴きながらリアルタイムの天気図を書いていた時期がありました。今はテレビやネットの情報が飛躍的に早くなったのでそんな必要もなくなりました。必要なら山中でスマホから最新の気象情報を得ることが出来ます。そんななかでもこの気圧配置になったら必ず山は大荒れになり過去には大量遭難が起きていて山に入ってはいけないという危険な低気圧があります→ 続き


カシミール3D

カシミール3DとGPSで冬山完璧ナビゲーション。

僕が冬山に入りだしたころはコンパスと高度計、それに国土地理院の1/25000図でルートファインディングをしていました。視界が無いときなどは、かなり真面目な地図読みを強いられます。それでもルートミスはけっこうやりました。後にガーミンのハンディーGPSを使うようになりましたが地図は内蔵されてない機種でした。そのためGPSにルートを入れるためにはパソコンでカシミール3D上の地図にウエイポイントを入れ、それをGPSにアップロードするという方法をとっていました。→ 続き


キロロスキー場

キロロでシーズン3回目の足慣らし

サーファーズイヤーの悪化で今シーズンは完全に山にシフトで、シーズン3回目の脚慣らしですが例年に比べ圧倒的に積雪が足りない気がしています。ゲレンデを滑る分には何の問題もありませんが山の積雪は足りず、今月末までには仕上がらない雰囲気で年内の余市岳は無理かな~という感じです。今日はゴンドラも動きグランドラインも開きました。ゲレンデトップは風が強く体感温度は-10度以下。ベースで-7度だったのでその位かと思います。 → 続き


ゴアテックス・プロシェル/日本人が関わったその開発秘話

最近の高価な登山ウエアのファブリックスでよく使われている「GOER-TEX Pro Shell」従来のゴアッテックスと何が違うのかは知っていても、それが世の中に出てきたプロセスを知っている人は多くは居ません。実はこの素材は日本人が業界の常識に捕らわれず、4年もの歳月を開発に費やして市場に送り出した世界に誇れる高機能素材です。GORE-TEX ファブリクスが誕生して30年余り、以来絶え間ない改良を加えられてきましたがベースとなるものは大きく変わっていませんでした。→ 続き


キロロスキー場

キロロでシーズン2回目の足慣らし

昨日からの24時間降雪量は赤井川で10cm。今日は高気圧の張り出しに入るため西風は残るものの昼近くから晴れます。ということで今シーズン2回目の脚慣らし。コースは先週より雪が着いていてゲレンデトップまで上がれました。気温はあまり上がらなかったため硬めの雪面は板がよく走り面も荒れづらかったため昼近くまで滑りいつものダブルブラックカフェでコーヒータイム。 → 続き


波と雪と恋/女性に好感を与える会話...出来てる?

実はこのテーマは本当は難しいテーマでリスクもあり簡単ではではありません。例えば、女の子に家族や過去の話をすると話が盛り上がるというのはよく言われることですが相手が自分のことをどう思っているかで反応は変わってきます。あなたにある程度の興味を持っていれば確かに会話は弾むでしょう。しかしあなたに興味がない相手なら「どうして?何のためにそんな事を聞くの?」という厳しい反応になるでしょう。 → 続き


キロロスキー場オープン2018~2019に行ってきました。

札幌市内も雪景色となるほど22日にまとまった雪が降り、キロロ、手稲ハイランド、札幌国際、ニセコなど標高のあるスキー場は一部コースがオープンとなりました。今年もキロロのシーズン券を購入していた為、足慣らしに行ってきました。オープンコースは全5コース。余市第2 A・Bコース、朝里第1 A・Bコース、ファミリーコースです。積雪量はまだまだ少ないですがコンディションはオープンとしては悪くないと思います。 → 続き


波と雪と恋/好きな女性へのアプローチで失敗しないために。

基本的にサーファーやスノーボーダーなど横乗り人種はモテます。それは第一印象が良いからなのかも知れません。でもそこからのアプローチが悪く、せっかく好印象だったのに連絡を取れば取るほど反応が悪くなり最後には連絡すら取れなくなる。というパターンを周りでよく目にします。なぜこんなことが起きるのでしょう?本人達は実に一生懸命に相手の女性に接していました。 → 続き


第26回講演会 雪崩から身を守るために。

開催日時:2018年11月10日(土) 10:00〜17:30(入場無料)

場所:北海道大学工学部 オープンホール(B1-201) (札幌市北区北13条西8丁目)

内容:10:00〜10:05 開会

10:05〜10:55 雪崩の発生メカニズム」〜雪の科学〜尾関 俊浩

11:00〜11:30 「北海道のエアーレスキュー」〜北海道防災航空隊~ 薄井 貴之

続き


山岳地帯(夏冬)での使用を考えたハンディーGPS 性能比較

正式には、GLOBAL POSITION SYSTEMと言い元々はアメリカ国防省で開発されたシステムです。24個の人工衛星からの信号を受信する事により、世界中何処にいても簡単に現在位置や高度を測定する事が出来ます。ガーミン社やエンペックス社などからコンパクトなハンディータイプの機種が多数発表され、登山目的に使用するには便利です。GPSに慣れれば視界ゼロの濃霧や吹雪の中でも、無事に目的地に着くという離れ業もできるようになります。

続き


雪崩,セルフレスキュー

雪崩に遭わない為に。

雪崩から仲間や自らの命を守る道具としてアバランチビーコン、スノーショベル、プローブがあり,これらを三種の神器と表現する方もいますが、これらは神器ではありません。埋没という最悪の事態が発生した状況において生還の可能性を僅かに上げる程度の道具でしかありません。雪崩対策で大事なことは、「雪崩に遭わないこと」であり雪崩に埋まった時点で最悪の状況にいるのだということを認識しなければいけません。 →続き


アバランチビーコン

アバランチビーコンの変えどきを考える。

あまり有難くない話ですが、ビーコンも電子機器であり、当然寿命があります。メーカーでは使用頻度に関わらず10年で廃棄する事を提唱、そして状態にもよりますが3~5年でシステムチェックを受ける事を勧めてます。場合によっては送信周波数がズレれてしまっているものもあり距離や方向を正確に表示できなくなるだけでなく、全く反応しないことさえあります。また送受信の距離が短く(20m以下)になっているものもあり注意が必要です。とはいえ安い物ではないので頭の痛い問題なのも確かです。→続き


役に立つ山の本

本来は厳冬期の冬山に入るためには夏山から始まり、春の残雪期を経験し徐々に経験を積み数年をかけて冬山に向かっていましたが、ここのところのバックカントリーブームによって、初めての登山が厳冬期の冬山という危うい状況も目にします。また多少の経験を積んだとしても「山にベテラン無し」という有名な言葉のとうり、人間の経験など自然のサイクルからみればほんの一瞬の出来事を見ているだけなのかもしれません。そんな時に本は役にたちます。 →続き


北海道のサーフポイント太平洋

洞爺湖を一周して「しあわせのパン」のカフェゴーシュに行く。

今日は天気が良いのに波が無くサーフィンに行けません。そこで以前よりやりたかった自転車で洞爺湖一周をすることにしました。距離は約40kmでどこにも寄らなければ3時間位で周れるとのことですが、この天気と景色の中でただ周るのはもったいないので休憩や寄り道をたっぷりとして1日楽しむことにしました。勿論、映画「幸せのパン」のロケ地になったカフェ・ゴーシュでコーヒーを飲んでくるというという計画も入れてあります。 → 続き


白雲岳

秋の大雪山縦走/赤岳、白雲岳、黒岳

層雲峡~銀泉台行AM6:02のバスに乗り赤岳2018m→小泉岳2156m→白雲岳2230m→北海岳2056m→黒岳1970mと縦走してきました。ここ数日は気温が下り早朝の層雲峡は冷えました。7時に入山、赤岳山頂を目指します。途中沢山の霜柱を見ましたがどれも高さが3cm~5cmあり、その大きさにビックリしました。登りはじめはフリースにジャケットという服装でしたが日が昇るにつれ気温も上昇し半袖になり夏と変わらない服装で丁度良い気温となりました。→ 続き


余市岳北斜面

「バックカントリー・スノーボード/余市岳北斜面」を加筆して更新

新たに「GPSログ」「写真」「キロロスキー場マウンテンクラブに登山計画書を提出する」を加筆。ルート図にGPSログを重ねることでより正確な位置を把握できるかと思います。また今回滑走した北斜面の滑走ラインを写真に入れてみました。ルート図と写真によってイメージがしやすいかと思います。このレポは動画もリンクしていますのでよりリアルな状況をお伝え出来るかと思います。→ 続き


ニセコの紅葉と沼めぐり

「ゼブラを見に白雲岳へ」を加筆して更新

新たに「大雪山系赤岳」「大雪山系白雲岳」「白雲岳避難小屋に泊まる」「大雪山系緑岳」「下山後は秘湯大雪高原山荘で汗を流す」を加筆。今回は白雲小屋1泊で赤岳、白雲岳、緑岳、3色のピークを踏むため各山の説明と白雲避難小屋の様子も加筆、下山後の入浴、高原温泉の説明も加えて更新しました。→ 続き


ニセコの紅葉と沼めぐり

「大雪山高原沼の紅葉と沼めぐり」を加筆して更新

新たに「ヒグマ情報センターでレクチャーを受ける」「大雪山国立公園について」「1年が123日の秘湯大雪高原山荘」を加筆。ここの標高は約1500m弱で余市岳の山頂近くにこのような湿原が広がっていることに不思議な思いをします。今回はちょっと早かったですが、ここの紅葉は素晴らしくポスターやカレンダーになっているほどでシーズン中はプロのカメラマンも多く訪れています。入山前に簡単な「熊のレクチャー」を受けます。→ 続き


ニセコの紅葉と沼めぐり

「ニセコの紅葉と沼めぐり」を加筆して更新

新たに「ニセコ紅葉の時期」「ニセコ・イワオヌプリ」「ニセコ大沼」「大谷地」「神秘の沼、神仙沼」「帰りの温泉など」を加筆。このコースは僕のお気に入りで五色温泉から入山してイワオヌプリに登ってから大沼、大谷地、神仙沼と紅葉を楽しみながらノンビリと4時間ほどかけて歩くコースです。しかも帰りは神仙沼レストハウスからバスに乗って五色温泉までもどり汗を流すという〆です。ただこの時期のバスは土日祭しか走っておらず14:06に乗り遅れるとあとは無いので時間には余裕をもって計画を立てるとよいでしょう。→ 続き


紅葉の大雪山 黒岳とお鉢めぐり

「紅葉の大雪山 黒岳とお鉢めぐり」を加筆して更新

新たに「大雪山お鉢平の誕生について」「黒岳石室について」「お鉢めぐりコースタイムなど」「山での食事について」「黒岳の夕暮れ~星空~雲海の朝焼け」「黒岳バイオトイレ協力金支払いのお願い」「下山後の温泉とか」を加筆。古代の大雪山には、現在の黒岳の西部に古中央火山と呼ばれる富士山のような火山がありました。その火山が大爆発を起こした後、そこが凹地(カルデラ)になりました。その後3万年前頃にお鉢平中央火山が大爆発をして、頂上付近を吹き飛ばし、お鉢平カルデラができました。→ 続き


大雪山 黒岳の紅葉を見て桂月岳

「大雪山 黒岳の紅葉を見て桂月岳に登る」を加筆して更新

新たに「大雪山 層雲峡 黒岳ロープウェイ・リフトについて」「黒岳と桂月岳について」「黒岳石室について」「黒岳の紅葉について」を加筆。大雪山系の紅葉は日本で一番早いと言われ、針葉樹の緑と落葉、広葉樹の朱色や黄色の微妙な色の違いが幾重にも重なったような色彩を見せて山全体を錦絵のように見事に飾ります。大自然が演出する色彩の饗宴は息をのむほどの美しさを私達に見せてくれます。→ 続き


「小樽雪あかりの路2019」で必ず見ておきたい会場

「小樽雪あかりの路2019」で必ず見ておきたい会場

毎日暑いので冬ネタをひとつUPします。第21回目の「小樽雪あかりの路」の開催日程が「2019年2月8日(金)〜17日(日)」に決定いたしましたが、是非見ておきたい会場があります。それは「浅原硝子会場」です。でもこの会場は小樽の中心部からかなり離れた天神町にあり、アクセスがとても悪いです。ですが「雪あかりの路」で行われるフォトコンテストでもこの会場を写した作品が多くの賞を取っています。→ 続き


ツリーテント tentsile

このテントの写真をインスタグラムで見たときは思わず溜め息が出ました。この発想、美しさ、ツリーハウスのようなワクワク感、どれも今まで忘れていた感覚を刺激されました。Tentsileはイギリスのテントメーカーでこのテントのキャッチコピーは「ハンモックの心地よさとテントの安全性と複数の人数で利用できる点を掛け合わした商品です!」とのこと。木に固定して使用できますので、地面の状況に関なく設営が可能です。

続き


スマートフォンを登山用GPSとして使う

山岳遭難は年々増え続け、今や年間3000人。毎日8人が遭難している計算です。そのうち4割が道迷い遭難で毎日3人が山で道に迷って、そのうちの何割かが帰らぬ人となっています。残念なのはその殆どの人達がGPS機能があるスマートフォンを持っていて、頭の上をGPSナビ用の人工衛星が飛んでいる。そんな状況で道迷い遭難なんてあまりにも残念です。道迷い遭難の事例を見ればわかりますが、ほとんどはGPSがあれば何事もなく帰宅出来たものばかりです。 →続き


世界最大のオンラインアウトドアショップ「Tradeinn」

登山用品、ウエアや道具は出きるだけ安く手に入れたいところ。なにせ滑走道具なんかも欲しいものはそこそこ値がはります。まー大人の遊び道具ですのでそれなりの品質を求めれば仕方がありません。そこで思いついたのが海外のオンラインショップで安く購入するという方法です。条件は日本語対応で信頼のおける会社であり、なおかつ安いということ。いろいろ調べたら「Tradeinn」という会社に行き着きました。サーフィン、スキー、スノーボード用品からカジュアルウエアまで揃っています。 → 続き


驚異のパノラマムービーカメラ Insta360°ONE

まずは←の動画を観て下さい。Insta360°ONEで撮影したものです。驚きなのはカメラの位置が自分を中心にぐるぐる回る撮影手法のバレットタイム撮影が簡単に出来ること。映画マトリックスで有名になった撮影手法で、これまでは大規模な設備が必要なため手軽には再現できないものでした。Insta360 ONEでは、自撮り棒などにカメラを取り付けてブンブン振り回すだけで、この撮影が可能です。しかも自撮り棒は消去出来るのでカメラがまるで空中を飛んでるかのような撮影が可能となます。 → 続き


La Fête des Vignerons à YOICHI /余市農園開放祭

普段は入れない余市登地区のヴィンヤードとワイナリー 14軒、参加ブースを入れると18軒をグラスを片手にテイスティングしながら巡るという夢のようなイベントに参加してきました。各ヴィンヤードのワインのほとんどが、手に入りずらく高品質なワインばかり。誘ってくれたのは、つい最近までフランス、シャンパーニュ地方のメゾン造り手を訪問していた、お友達の女性ソムリエールさんという贅沢なワイナリー巡りとなりました。→ 続き


サーフィンやスポーツに致命的な五十肩の症状と治し方。

サーフィン中に感じたちょっとした肩の違和感が夜中には激痛になり、翌日には腕を上げられないほどになりました。具体的に言うと車のコンポを操作するのに痛くて腕を上げられない。コーヒーカップを口元に持ってこれない。というような感じです。当初は筋を傷めた位に思っていたのですが、痛みの質が筋肉や筋の痛みではなく関節の中からくるもので、さすがに放置していたら二度とサーフィンが出来なくなりそうな気がして怖くなり整形に行きました→ 続き


SNSを活用することで僕達のライフスタイルが変わる

SNSを活用しているのは個人だけではありません。いまや企業もSNSを活用し始めたことで僕達の仕事や趣味などのライフスタイルに少なからず影響を及ぼしています。例えば、メガネ販売大手の「オンデーズ(OWNDAYS)」は、お店の販売員の採用で、TwitterとInstagramフォロワーが1,500人以上の人は優遇するという記事を日経新聞に載せ話題になりました。後で詳しく書きますが、入社後はなんとSNS手当が給料とは別に支給されるそうです。 →続き


働き方改革は僕達の生活にどう影響する?

今回はサーフィンにもバックカントリーにも関係のないテーマのようですが、「働き方改革」は僕達の仕事に少なからず影響があります。多くの人にとって仕事は生活の中で重要な位置付けを占めています。その仕事の仕方を国の政策で変えようというのですから無関心ではいられません。仕事の仕方が変われば生活が変わり、僕達のライフスタイルにも影響があります。ということは今までどうり海や山も行くライフスタイルにも影響が出るかもしれないという事です。 →続き


Snow Journal 以前の記事 / 1