THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


十勝連峰

backcountry snowboarding in hokkaido and surfing

北海道の山とバックカントリー backcountry snowboarding in hokkaido

雪山この言葉には独特の響きがあります。なぜなのでしょう。困難で危険な山登りのイメージでしょうか。しかし北海道の山が最も魅力に輝くのは、12月から5月にかけての雪の時期ともいえます。この時期のなにが魅力なのかというと、それは厳冬期の降りたてのパウダー、春のコーンスノー、自然の雪、自然の地形を楽しみ大斜面に自分だけのトラックを描く。カンバやタンネの巨木をぬって滑り降りるのは、バックカントリーだけの特権です。ですが克服しなければならない事も数多くあるのも事実です。 第一に厳しい気象条件です。厳冬期などは増えた装備でザックはふくれ、重い荷を担ぎ黙々とラッセルしなければならないことも多く、コースタイムも春に比べ5割程度多くみる場合もあります。さらに山の雪質の特徴は非常に変化が多く、いつも快適な雪質に恵まれるとは限りません。それに悪天候、ルートミス、雪崩れなど管理されたゲレンデとは違う危険もあります。ですが山はいつも危険と言うわけではなく、確かな知識と装備、経験を積み自然の声に耳を傾ければ、その懐でちょっとだけ遊ばせてもらえる可能性はあります。


movies

北国の山で活躍されている方達の動画です。全画面でどうぞ。


on the tracks 3 PV 328studio
Signatures patagonia 北海道 2012/09/04
  • 白井岳
  • 富良野岳
  • 利尻山

Category


Backcountry to you

山に入るあなたへのメッセージや、お知らせです。


Climbing Records

2014以降の山に入った記録をまとめました。


Recommended

ノンジャンルでお勧めのモノ、事、などを紹介しています。


A life style

ライフスタイル、コラムみたいなものです。


Event

お勧めのイベント、催し物などです。


Surf and snow and love

波と雪と、そして恋。


journal

一定期間表示の後Categoryに振り分けられます。


第27回講演会 雪崩から身を守るために。

開催日時:2019年10月26日(土) 10:00〜17:30(入場無料)

場所:場所:北海道大学クラーク会館講堂 (札幌市北区北8条西8丁目)

内容:10:00〜10:05 開会

・「雪崩事故の医学」及川 欧(雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム・旭川医大

・「北海道のエアレスキューについて」 秋葉 賢(北海道防災航空隊

続き


北海道10月のお勧めイベント2019

北海道10月のお勧めイベント2019

10月の声をきくと北海道の冬はすぐそこまで来ています。大雪山では積雪になり中旬には平地でも初雪があり紅葉も見頃をむかえます。収穫祭が各地で行なわれ味覚の秋が楽しめます。野外の催し物はこの時期を境に減っていきまので、参加できるものがあれば積極的に足を運んでみましょう。個人的には波乗りのついでに寄ることが多いので海の味覚祭などのチョイスが多くなってしまいました。何といってもこの時期の北海道の食は「牡蠣」をはじめ最高に旨いです。→ 続き


働き方改革

サーファーが考える、本当の意味での働き方改革とは

以前にこのサイトでも政府が推し進める「働き方改革」が僕達の生活にどういう影響があるのか?という記事を書きました。実際に2019年4月1日より一部が施工され現在は大企業だけではなく中小企業においても重要な経営課題となっています。でも僕はその政府が勧める「働き方改革」自体に違和感を感じています。政府が定義する働き方改革とは「働く人々が、個々の事情に応じた働き方を自分で選択出来るようにするための改革。」です → 続き


北海道9月のお勧めイベント2019

北海道9月のお勧めイベント2019

北海道の秋の訪れは早く大雪山では日本で一番早い紅葉が始まり、そのピークは旭岳、黒岳では9月第2週となります。札幌や旭川などの都市部では初旬に日中には夏日となる日も珍しくはありませんが夜間は秋の涼しい風が吹きます。北海道の9月は6月と並び爽やかで過し易く年間で一番北海道らしい時期といえるかもしれません。また9月は収穫の月となり北海道各地で秋の収穫祭、秋祭りが行なわれ山の幸、海の幸を問わずその味覚を楽しめるイベントも少なくありません。→ 続き


ヂマシオ美術館

ディマシオ美術館 その世界観に圧倒される。

こちら方面に波乗りに来たついでに、かなりの確立でこの美術館には寄ります。というのもこの世界観が好きなのと、美術館があるこの美しい自然が好きで都会暮らしの心が癒されます。この記事を書いている2019/6/6で4回目の来館となります。以前、訪れた時には休んでいたレストランが営業を再開していたり、世界最大の油彩画で行われる光と音楽の神秘的なアトラクションがあったり、新たな硝子の美術館が出来ていたりと、初めて来たかのように楽しめました。 → 続き


北海道8月のお勧めイベント2019

北海道8月のお勧めイベント2019

8月は北海道でも盛夏となり30℃を超える暑さの日もありますが、秋の訪れも早くお盆を越えたあたりから涼しい風が吹き出します。そんな8月は1年のうちで一番お祭りやイベントの多い月と言えます。北海道内ではここで紹介したもものの10倍以上の催しものが行われていると思います。そんな中から選んだこれらのイベントは僕の興味のあるもので多少偏りがあるかと思いますが、お許し下さい。→ 続き


パタゴニア パタロハシャツ

風を着る..パタゴニアのパタロハシャツはそんな感覚。

タウンに居ても海を感じれるアロハシャツは好きで何枚か持っていましたがレーヨンの、あのテロっとした感覚は良いのですが、どうしてもシワになり易いとか洗濯がデリケートなところは気を使ってしまいあまり気軽に着ることが出来ませんでした。かといってコットンやコットン&リネンではあのテロっとした感覚がビミョウに出ません。いや!実際には出せるのですがコットンで言えばかなり目の詰んだ高品質な生地になってしまい、そういう製品も中々ありません → 続き


ゴールデンウイークの余市岳北斜面2019/4/28

何とGWだというのに27日余市岳に約10cmの降雪がありました。翌28日は写真のような快晴で日射と気温で緩んだ南斜面という選択肢もありましたが、出きるだけ気象の影響を受けない北斜面狙いでやってきました。この時期になると流石に入山者は少ないようで4パーティーほどで緩い雰囲気が良い感じです。今日の赤井川の最高気温は14℃ですが余市岳までのフラットな通称飛行場の気温が0℃で風も若干あります。しかし強い日射のために、かなり暑く感じました。→ 続き


北海道7月のお勧めイベント2019

北海道7月のお勧めイベント2019

北海道にも遅い夏がようやく訪れる7月。日によっては30℃を超えることもありますが湿度が少ないため北海道独特の爽やかな暑さの夏となります。この時期から道内はイベントやお祭りが一気に増え、ここでも紹介しきれないほどです。その中でも面白そうなものや実際に行ってみて面白かったものを紹介しています。とくに積丹(美国町)の「火まつり」は墓参りと合わせて毎年行っています。田舎なので規模は大きくありませんが古くから行われている歴史を感じる好きなお祭りです→ 続き


積丹岳バックカントリー2019/4/11

積丹岳は古くからツアースキーのルートが開かれ、ヘリスキーも行われていました。滑走ラインは各尾根筋に多数ありバックカントリーのポテンシャルが高い山ですが、半島の山のため風の当たりが強くピークを踏めるチャンスはそう多くはありません。以前はお彼岸の時期に麓の美国町のお寺参りとセットで登っていましたが、暫く間があいて久し振りの積丹岳です。ルートは夏道をトレースする東尾根コースです。今日は朝から気温が上がり風も無く気持ちの良い山行となりました → 続き


パタゴニア バギーズショーツ・ロング

使える!水陸両用パタゴニア バギーズショーツ

海から上がってポリタンクの水をかぶり、そのまま直ぐに乾いてリラックス出来るショーツは快適です。しかもそのまま帰りに食事やショッピングに寄れればいう事なしです。勿論、サーフパンツなんかも速乾性に優れた素材が使われていて、直ぐに乾いていいのですがやはりデザイン的にはショッピングや食事に行くと浮いてしまいます。 → 続き


余市岳北斜面バックカントリー2019/4/4

一度春めいて気温が上がりましたが、今年はそこからまた気温が下り、まさかの降雪で余市岳はまた復活しました。今日は午前中は天気が良いのですが、午後から気圧の谷が近づいてくるのでマックス15時位までの肯定を選びます。という事で今日は日照の影響が少ない北斜面狙いです。若干癖のある斜面ですが、ストレートの長いラインをとれるので僕は好きです。今日の雪質はこの季節としてはまさかのドライパウダーで底着きも無く良いコンディションでした。→ 続き


長嶺裏バックカントリー/2019/3/18

今日は天気が良いのですが南西の風が強く標高1000mで風速約9mです。当初は余市岳予定でしたが、この風ではちょっと厳しいので風裏の長嶺裏をやります。昨日はかなりの降雪があったので期待出来ます。キロロマウンテンクラブに登山計画書を提出して長嶺のゲートからバックカントリーエリアに出ます。ここの斜面は東向きなので、今日の南西風の風裏となり斜面に入ると無風になります。ここの特徴はゲレンデトップからアプローチしてゲレンデの裏斜面を滑り、その後登り返して帰ってくるという工程になります。→ 続き


東京オリンピックサーフィン

東京オリンピック サーフィン チケットの価格、取り方、日程など。

2020年東京オリンピックの観戦チケット販売スケジュールが分かりました。サーフィンは1人3,000円で、2019年4月以降に公式サイト上での抽選申込が始まります。その後「東京2020大会公式チケット販売サイト」で抽選申し込みが開始され、2019年6月中旬以降に抽選結果が発表される予定です。2019年秋ころから、同サイト上で先着順での販売が始まり、2020年春以降には都内に設置される販売所などでの販売が始まるという流れになっています。 → 続き


父の日

父の日のプレゼントを60代父親が本音で語る。

プレゼントの本質について「父の日のプレゼント」を例に考えてみました。実はこの記事を書いている僕は4人の父親で60代です。趣味はサーフィンとバックカントリースノーボード。ちょっと普通の60代と違うと思われがちですが何も変わりません。世の中のお父さん達は外見は60代になって、ちょっぴりくたびれてきても、その心、魂、ソウルの部分は若いときのままなんです。この記事を書くにあたりリサーチして驚きました。 → 続き


夏至

夏至とは/日の出、日の入り、海外の風習など

この記事を書いているのは3月の初旬ですが、北海道は冬の間は陽が短く16時を過ぎると暗くなっていました。3月のこの時期になると随分と陽が長くなったなと感じます。ということで年間で一番陽が長くなる夏至(げし)について調べてみました。夏至は単純にいうと1年で一番陽が長いということが出来ます。正午の影が一年で最も短くなる日でもあり言い方を変えると日の出が年間で1番早く、日の入りが年間で1番遅い日です。→ 続き


余市岳南北面/20190304

今年は気温が高く今日も札幌は7℃位まで上がりますが、これは例年の3月の下旬の気温で1ヶ月早い最高気温です。この週末から日曜、月曜、火曜と晴天が続くため余市の北に来ようよ思っていましたが月曜が風が弱く友人達を誘ってやってきました。もうしばらくまとまった雪は降っていませんが、昨晩は多少の降雪があったようでちょっとは期待が出来そうです。飛行場はほぼ無風で気温は氷点下でしたが日差しが温かく気持ちのいい春の散歩のようです。今日の入山は5パティーほどで3パティーは知合いというほぼ貸切の状態。→ 続き


北海道6月のお勧めイベント2019

北海道6月のお勧めイベント2019

6月の北海道は1年の中でも一番北海道らしい季節と言えます。長かった冬を越え、春を過ぎようやく初夏の日差しに木々や花々も生き生きとしてきます。そんな北海道の6月は各地で色々なイベントが行われます。海の近くのイベントも多くあるので波乗りの帰りに寄ってみたり、波が無い日などに出かけてみるのも良いと思います。そんなお勧めの北海道6月のイベントを抜粋してみました→ 続き


雪山 バックカントリーでのルートファインディングの基本

雪山には登山道は当然のようにありません。自身でルートを決めて目的地を目指します。滑走目的の場合は登るルートと滑走ルートが違う場合が殆どで高度なルートファインディングを求められます。とは言え、雪山には昔から効率のいいルートが設定されている山が殆どで、滑走目的といえども登りはそのルートを使うことが殆どです。これには国土地理院の1/25000図にそのルートを落として山ではそれをトレースしていく方法をとります。 → 続き


お勧めの山岳、バックカントリー、スノーボード、ムービー

山岳関係のお気に入りのムービーです、スノーボードに限らず、スキー、登山などのムービーもあります。共通しているのは映像の美しさと雪山の臨場感が伝わってくるものが多いです。最近はストリーミング全盛時代でDVDでムービーを所有するというのは、あまり流行らないのかもしれませんが、僕はジャケットの写真や、ちょっとした説明文の書かれた紙が好きで、気に入ったものはやはりDVDという形で所有したく、そんな中でもお気に入りの数本をまとめてみました。 → 続き


北海道5月のお勧めイベント2019

北海道5月のお勧めイベント2019

5月の北海道は桜の開花とともに春の訪れを迎えます。山にはまだ雪がありますが麓は春の暖かな空気に包まれます。植物はいっせいに芽吹き北の春は賑やかです。そんな北海道では春の催しやイベントが各地で行われます。波乗りの帰りに寄ってみたり、波が無い日などに出かけて春を感じるのも良いと思います。そんなお勧めの北海道5月のイベントを抜粋してみました。→ 続き


YOSAKOIソーラン祭り2019

YOSAKOIソーラン祭り2019

YOSAKOIソーラン祭り2019の日程が決まりました。6月5日(水曜)~9日(日曜)の5日間の開催です。1992年6月に「第1回よさこいソーラン祭り」を10チーム1000人の参加で開催してから現在は2018実績として参加チーム276、参加人数27,000人、観客数は約200万人で経済効果は約200億円という北海道のビックイベントに育っています。期間中は大通公園をはじめとした札幌市内各区の会場を使い、踊り手たちの熱い演舞が繰り広げられます。→ 続き


波と雪と恋/男が思ういい女、理想の女性とは。

ちょっとビックリしたのですがこのコーナーを僕の娘も見ていました。いい加減な事は書けないな~ということで今回は女性に向けての記事になります。男はよくいい女、理想的な女性ということを口にしますが実は男自身もそれがどういう女性なのか曖昧なまま口にしている場合が殆どです。ここで言う「いい女」とはスタイルが良いとか色っぽいとかましてや男にとっての「都合のいい女」という意味ではありません。 → 続き


山で凍傷や低体温症にならないために。

凍傷とは寒さや風で手足の指や顔面が凍ってしまう症状で、ヤケドのように1度~3度までありますが3度まで進行してしまうと患部の切断ということになりかねない怖いトラブルです。気温が-15度以下に下がり5m以上の風が吹けばキツめのスノーボードブーツの爪先、ハイク用グローブでの手の指先、風に叩かれている鼻先などは凍傷の危険があります。僕も4月頭のオプタテ山頂近くで強風に叩かれながら、顔が寒いのを我慢して登っていたときに鼻が凍傷になったことがあります。 → 続き


塩谷丸山北斜面/20190120

5年ぶりの塩谷丸山です。標高600m足らずの低山ですが海の近くで眺望がよく夏冬問わず人気の高い山です。今日の天候は朝のうちは穏やかですが午後も早くから崩れ、風も弱南→西→強い北風となり吹雪となる予報です。なのでお手軽なここに久しぶりに来てみました。低い山ですので滑る斜面もそれなりですが日照の影響が少ない北向きのためシーズン中は良い雪質を楽しめます。今年は例年に比べ積雪が少ないようでしたが思った以上に楽しめました。→ 続き


Snow Journal 以前の記事 / 3 / 2 / 1