THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou



A life style


SNSを活用することで僕達のライフスタイルが変わる

SNSを活用しているのは個人だけではありません。いまや企業もSNSを活用し始めたことで僕達の仕事や趣味などのライフスタイルに少なからず影響を及ぼしています。例えば、メガネ販売大手の「オンデーズ(OWNDAYS)」は、お店の販売員の採用で、TwitterとInstagramフォロワーが1,500人以上の人は優遇するという記事を日経新聞に載せ話題になりました。後で詳しく書きますが、入社後はなんとSNS手当が給料とは別に支給されるそうです。 →続き


働き方改革は僕達の生活にどう影響する?

今回はサーフィンにもバックカントリーにも関係のないテーマのようですが、「働き方改革」は僕達の仕事に少なからず影響があります。多くの人にとって仕事は生活の中で重要な位置付けを占めています。その仕事の仕方を国の政策で変えようというのですから無関心ではいられません。仕事の仕方が変われば生活が変わり、僕達のライフスタイルにも影響があります。ということは今までどうり海や山も行くライフスタイルにも影響が出るかもしれないという事です。 →続き


サーファーはハゲやすい!?

初めて髪を切りに行ったお店で美容師さんに「お客さん水泳とかやられてるんですか?」と訊かれました。「水泳はやっていませんがサーフィンをもう30年以上やってます。」と僕。「どうりで..髪と頭皮、かなり傷んでますよ。海水の塩分と紫外線はダメージを蓄積するんです。」と美容師さん。「それって薄毛の原因になったりするんですか?」僕はかなり不安になりました。→ 続き


もしお金が目的じゃなければ、あなたが望むものは何ですか?

ちょっとドキッとするようなタイトルですが、これはイギリスの哲学者アラン・ワッツさんという方のスピーチです。正確には「もしお金が存在しなかったら、キミは何をしたいのか?」「何をしてキミは人生を楽しみたいのか?」といった方が正確かもしれません。この人のスピーチはドキッとするものから、ぶっ飛んでるな~というものまで色々あって僕は大好きです。 →続き


時代はストリーミング。

今回もサーフィンにもバックカントリーにも関係のないテーマのようですが、実は大いに関係があります。というよりは僕達を取り巻く環境がデジタル技術が発達するたびにどんどん変化しています。たとえば...音楽を聴いたりサーフィンや山の映画を見たり本を読んだりの方法が変化してきています。ネット回線の発達と圧縮技術の進歩によって音楽も映像もすごくコンパクトなファイルに出来るようになったからです。 →続き


英語、話せたら楽しいですよね。

北海道はスノーリゾートを始め、観光地にも海外からのお客様が多く訪れています。特にニセコやキロロなどのスキーリゾートでは日本人の方が少なく感じることもあり、そこで働いているスタッフも外国人が多く国際色豊かです。写真のようにゴンドラやリフトで乗り合わせることや、バックカントリーで会うことも珍しくなくなりました。そんな時に彼らとコミニュケイションがとれたら楽しいだろうなと僕はいつも思います。

続き


仕事を遊ぶ/楽しんでいるやつにはかなわない。

今回はサーフィンにもバックカントリーにも関係のないテーマのようですが、仕事は生活の中で大きなウエイトをしめています。仕事がうまく行っていないと海に行っても山に行ってもイマイチのりきれません。そんな意味から、私生活や趣味をおもいっきり楽しむためにも仕事は充実させたい。出来れば楽しんでやりたい。ということで今回は「仕事を遊ぶ」です。

続き