THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


mac

パタゴニア、ベンガ・ロック・ショーツ/無敵のショーツを1枚


暖かな季節はショーツ(短パン)が楽で僕は大好きです。

海や山の行き帰り、低山の登山、自転車に乗るとき、部屋着、街着、時にはパジャマ?

毎年、数回は何もしないキャンプに出かけます。そんなときはパジャマに使うことが多いんです。

というかキャンプでは1日中履いています。

そんなんで厳選した使いまわしのきくショーツはお勧めです。


僕が選ぶのはロッククライミング用のショーツ。(クライミングはやりませんが)

勿論、コットン製でウレタンがほんのわずか入ってると伸縮性があるので動きやすく楽です。

なぜクライミング用かというと岩場で1日中快適なはき心地をめざして作られているので、なにせ心地いいんです。


mac

それにサイズ感が絶妙で、ハーネスを装着して丁度良いサイズで考えられているため股、腰周り、ウエスト

どれをとってもイイ感じ(これでは伝わらない?)ので、たとえば股下なんかは30cmあります。

ヒップ部分も補強をかねたポケットがデザインされウエストのカットもずり落ちないよう考えられています。

つまりは身に付けていて幸せな気分になれる無敵のショーツということです。

ポケットが多いのも気に入っているポイント。


写真の僕のパタゴニアのショーツはかなり以前のものですが生地のヘタリもなくまだまだシッカリしています。

最近のものは素材や縫製、デザインなんかもかなり進化しています。

フィールドテストや新しい生地の採用、そういうことが繰り返されているんですね。

僕のショーツ、写真では太く大きめに見えますが履くと意外にいいサイズ感なんですよ。


前回のパーカーでも説明しましたが、このショーツもフェアトレード・コレクションを採用しています。

またオーガニックコットン使用で自然にも優しい配慮がされています。

今回も簡単に説明をしておきます。


フェアトレード・コレクション

あまり聞きなれない言葉ですが、この製品をお客さんが購入するごとに、さらなる賃金が工場労働者たちの元へと送られます。

彼らはその賞与を現金として配分したり、共同で社会的投資に利用したり、あるいはその両方に使うことができるというシステムです。

有名なのはコーヒーやチョコレートの売上げの一部が生産者に直接届き、その地元地域に残るという保障ですがパタゴニアは衣料でそれを始めました。


オーガニックコットン

聞いたこともあるかと思いますが危険な農薬や化学肥料を使わずに栽培されたコットンのみを使用して作られた製品ということです。

自然へのダメージが少なく製品の安全性も高いこの栽培方は,良いことずくめですが生産コストが高く企業側からすると

あまり収益性が良くなく儲かりません。ですがパタゴニアが作るコットン製品は全てがオーガニックコットンです。


僕は以前、、アパレル業界に長く在籍していたせいで、その製品がどのように作られたのか、その製品のバックグラウンンドみたいなものが気になります。自分や家族が着ているものがこういう作り方をした製品というのは何となく気持ちがいいものです。

僕は気に入ったものは10年近く着ることが多いので素材やデザインはわりと慎重に選びます。


新しいモデルもデザインがシンプルで機能的、素材なんかも良さそうです。

パタゴニア公式サイト メンズ・ベンガ・ロック・ショーツ クライミング Forge Greyです。


やはり新しい方が進化していていいですね。

僕のはオーガニックコットン100%...それはそれで良いのですが、いまのはポリウレタンが3%入っていて伸縮性があり動きやすくなっています。

素材は平織りの6.3オンス・オーガニックコットン73%/ポリエステル24%/ポリウレタン3% DWR(耐久性撥水)加工済み。

あれ?撥水性もあるのかぁ~ いいなぁ。


mac


9.8 oz ということは278g でめっちゃ軽いですね。

そんなんでお気に入りのショーツが1枚あれば海、山に、街、時には寝袋の中までも使いまわしがききます。


パタゴニア公式サイト メンズ・ベンガ・ロック・ショーツ クライミング Forge Grey