THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


サーフィンテイクオフ

ウネリからのテイクオフをマスターする。


前回説明したホワイトウオーターからのテイクオフは上手くいってますか?

今回はいよいよホワイトウオーターからのテイクオフは卒業してウネリからのテイクオフです。

ではスープ波のテイクオフとウネリからのテイクオフでは何が違うのでしょう?

ホワイトウオーターからのテイクオフではパドルの力が無くてもスープがあなたを弾き出してくれます。

しかしアウトのウネリからのテイクオフではあなたのパドル力、波を見る眼を問われます。


でもウネリからのテイクオフの快感は桁違いで、これこそがサーフィンのテイクオフという感じです。

沖から入ってくるウネリに狙いをさだめパドルに入り徐々に加速してゆきテールを持ち上げられる瞬間に力強く最後のパドルをする。

海水を切る音とともに板が走り出す。素早くスタンディングしてボトムに降りレールをセットしてボトムターンに入る。

とまぁ、理想的なサーフィンのテイクオフはこんな感じです。何年経ってもこのテイクオフの瞬間は気持ち良くワクワクしますし

前回も書き重複しますが「サーフィンで一番好きな瞬間は?」というプロサーファーに対するアンケートでも「テイクオフ」が圧倒的多数でした。


ウネリからのテイクオフはホワイトウオーターでの練習の時のようなボードのふらつきも、

頭の両側でゴーッと煩いスープのかたまりもありません。

とてもピュアでクリーンな感覚。それがウネリからのテイクオフです。

ではこの快感のテイクオフのコツを順を追ってお話します。


海に着いて最初にすることシュミレーション。

まず海に着いたら、はやる気持ちを抑え沖を観察しましょう。観察もサーフィンの一環でとても大切です。

見るのは今現在入っているサーファーで一番上手そうな人です。観察するのは

彼の波を待っている位置、波のどの位置から乗っているのか。またウネリが入りパドルを始めるタイミング、などなど。

彼から教わることは少なくありません。


そして彼に自分を重ね合わせてシュミレーションしてゆきます。

このシュミレーションは非常に有効で彼の体験をあなたの体験としてイメージしてゆくことで自分のモノとすることが出来ます。

当然のことながら波には乗れる波と乗れない波があり、彼はパドルを始めた瞬間にその波は乗れると判断しています。

彼が乗れると判断した波の正面の斜面がどのようになっているのかそこを重点的に観察しましょう。


乗れる波とは波の斜面がある程度あり崩れるちょっと前のウネリです。

彼は沖のどんな位置で波待ちしていますか?どのタイミングでパドリングを始めましたか?力の入れ方は?

サーフボードが走り出す時の波の状態はどうですか?スタンディングした時の姿勢は?

シュミレーションしながら学ぶことは沢山あります。

さてシュミレーションはこの辺にして。実際に海に入り、沖まで出てみましょう。


ウネリから乗ってみよう

混んでる場所は避け遠目にでも先ほどの彼が見える位置にポジションします。

波はそのウネリの倍の水深の場所から崩れだします。当然入ってくる波のサイズは一定ではないのでテイクオフしようとする波に合わせ多少沖に出たり、また岸よりに移動したりと実際にはこまめな微調整が必要です。その辺も周りの上手いサーファーの動きが参考になりますので注意深く観察しましょう。

周囲のサーファーがウネリが入るたびにどういう動きをしているか、ここを敏感に感じとる事が大切です。


大きめのウネリだと沖から崩れるので多少沖に移動し、小さめのウネリなら岸よりに移動する。けっこうこまめに移動しているはずです。

ここでボーっとしていると良い場所からテイクオフできないばかりかたまに入るセットの大きな波をくらって苦しい思いをすることになるので沖から入る波に全神経を集中して下さい。

乗りやすい波とは崩れるちょっと前の波の斜面がある程度あり、切り立ってしまう前の波です。

ここで1本の動画を観てみましょう。



この動画ではロングボードを使用していますが動作が分かりやすいので非常に為になります。

この動画でイメージを作り自分の前にこんな波が入ってきたら周りに注意して思い切って乗ってみましょう。パドルは早めに開始し加速をつけます。時々後ろを振り返り波の状態を確認して下さい。板のテール、足を持ち上げられる感覚を感じたら力強くパドル。

この時に重要なのは波の進む方向に水平にパドルしながらサーフボードを波の下に落とす感覚です。

サーフボードが走り出すはずです。慌てず、しかも瞬時にスタンディングに入ります。このときにけっしてためらってはいけません。思い切って立ってしまいましょう。


ここで立つという表現を使いましたが、重心はかなり低く、棒立ちになってはいけません。スタンスは肩幅より若干広め、背筋を伸ばし腰を落としてゆきます。膝が90度近く曲がり、頭は傾けず真っ直ぐ前を見る。どうですか?これがスタンディングの瞬間にもっとも近い姿勢です。


この姿勢も日常生活でまずすることが無くちょっと苦しく感じるかもしれません。

またスタンディングするときに板のレールを握ってはいけません。不思議なことに立とうとしても手が板から離れなくなりバランスを崩してしまうかテイクオフのタイミングを遅らせてしまいます。「手のひらを広げ、その手のひらで押す感覚です。」


それと以前も書きましたが手の突く位置はみぞおちの横あたりです。これが前過ぎるとパーリングするか、立とうとする時に前にする足が出てきません。スタンディングの時に板に乗るのが後ろ足の方が先になってなかなか立てないという方は、この手の位置を直すことで殆どが改善されますので確認してみましょう。

以上これらのことを一瞬のうちにやらなければならず頭で考えている暇はなく、体に覚えこませるといった方法が有効なのはあなたも分かって頂けるとい思います。このスタンディングの一連の動作は自宅の床の上で繰り返し練習して下さい。加えて手のつく位置を色々変えて確認してみるのもお勧めです。


動画を思い出しながらパドリングを開始、何度か振り返りながら波の状態を確認。テールを持ち上げられる感覚があった瞬間に力強くパドルをする。サーフボードが走り出したらためらわずスタンディング。この時の手をつく位置はみぞおちの横です。中腰に近い姿勢で立ちバランスを取るために手を広げるのは有効です。この時の視線はサーフボードのノーズあたりを見てしまいがちですが近くを見ているとバランスを崩しやすいので5m~6mほど先を見ましょう。あとは回数をこなすことでこのウネリからのテイクオフは間違い無くあなたのものになります。


ここで以前問い合わせのあった、「パドル力もある程度付いた、波の良い所からテイクオフもしているがスタンディングしても直ぐにバランスを崩しポロポロ板から落ちてしまう。」というのがありましたので合わせて解決方法の1つを書いてみたいと思います。

人は本来、日常生活でのバランス感覚として、前後左右への感覚はある程度あります。しかし前後にスタンスをとった横乗り姿勢でのバランス感覚は、そのような状況も少なくあまり得意ではありません。


サーフィンでのテイクオフの場合、不安定な板の上で瞬時にスタンディングと同時にこの前後にスタンスをとった状況での高度なバランス感覚が必要となります。とりあえずテイクオフしてスタンディングはするけれども、すぐにバランスを崩してしまうという事は何の不思議もありませんが、とにかく練習して慣れるしかありません。しかしポイントの前に住んででもいない限り思うような練習は中々出来ないという方が殆どかと思います。

そんな時に役に立つのがスケートボードでの練習です。


サーフスケートを練習に取り入れてみる。

スケートボードでのトレーニングというとサーフィンのライディングのためのトレーニングと思われがちですが、実はテイクオフ時のバランス感覚を磨くトレーニングにも大いに役立ちます。

トレーニング方は難しいことはありません。ただ普通にスケートボードを楽しむだけです。海に行けない平日などに普通にスケートボードを楽しんでいるうちに体がこの横乗りのバランス感覚を覚えこんでくれます。


これを続けていくと多少きわどい所からの不安定なテイクオフでも体がうまく反応してくれるようになり自身でもビックリするはずです。勿論スケートボードは高額なものでなくてOKです。ライディングのイメージトレーニングとして使われることが多くスタンディング後の練習としてはあまり認識されていないトレーニング方ですが是非ためしてみて下さい。


このサイトでも「スケートボード」について書いていますので、暇なときにでも除いてみて下さい。