THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


サーフィンドライスーツ

サーフィン用ドライスーツの失敗しない選び方。


僕が普段サーフィンする場所は北海道です。10月には初雪が振り、春は5月以降まで山の冷たい雪解け水が海に流れてきます。

そんな中でサーフィン用ドライスーツを使い出して13年ほどになります。使用している期間は10月末~5月末ほどでしょうか。

ドライスーツはスーツ内部と体が殆ど濡れないので暖かいです。気温がマイナスの降雪の中でのサーフィンでも汗をかくほどに温かです。

スーツ内部と体が濡れないということは着替えも楽でポイント移動も一度ドライスーツを脱いで、移動先でまた着るという事も可能です。

難点はその価格でしょうか。通常で殆どのモデルが¥10万円以上と高価なのでオーダーする場合はやはり不安になります。

ここではそんなドライスーツ選びで失敗しないよう自分の経験を含めて説明をしてゆきます。


サーフィン用ドライスーツの基本的な構造

サーフィンドライスーツ

上の写真は僕の使っているドライスーツですが、かなりズン胴です。これは僕が太っているわけではなく、体とスーツの間に空気の層を作って保温するため多少ルーズなサイズ感となります。実際の着用のさいには内部に、ドライスーツ専用インナーを着ます。

このドライスーツの厚みは3.5mmです。裏の起毛は付けておらずノーマルネオプレーン素材でオーダーしました。裏起毛素材は確かに温かなのですが重くなるのと起毛が汗を含ん湿るのが嫌でノーマル素材としました。それでも北海道の初冬の海で寒いと感じた事はありませんしインナーで保温は調整出来るので問題はないかと思います。オーダーに関しては経験のあるショップなら適性なサイズのゆとりを持たせて作ってくれるので心配はいりません。ただブーツに関しては中にソックスを着けるので普段よりワンサイズ大き目となるようにしましょう。あまりぴったりのブーツだとソックスを着けたときにゆとりがなく窮屈なばかりでなく冷えます。この辺も経験の豊富なショップでは言わなくてもやってくれるのですが、一応確認だけはしておいた方がいいでしょう。


ドライスーツ用 ファスナーは防水Tジップ、袖と首はダブル。

サーフィンドライスーツ

サーフィン用ドライスーツに使われるジッパーの殆どはこの写真の完全止水のTジップと呼ばれるものになります。通常のウエットスーツ用のジッパーに比べると動きは重たくなるので1人でジッパーの開け閉めをするにはちょっとした工夫と慣れが必要です。

ドライスーツ購入時にはカラビナ付きの紐の付属がある場合がありあすが、その紐をTジップのスライダーに通して車リヤゲートダンパーなどにひっかけ体を回転させるようにして開け閉めします。不明な場合はショップで訊いてみると親切に教えてくれるでしょう。このTジップはデリケートなもので脱ぐときに踏みつけると簡単に壊れたり水漏れしたりしますので注意が必要です。壊した場合の交換料は¥30000以上と高額です。スライダーの動きを良くする潤滑剤のようなものもありますので使用するとより快適に使うことが出来ると思います。


名前がドライスーツで止水ジップを使っていても完全に海水が入らないというわけではありません。首と袖口からは多少染みてきますしワイプアウトしたときや波に上から叩かれたときなどは首周りから海水は浸入してきます。それをすこしでも防ぐためにサーフィン用ドライスーツでは上の写真のように首周りは長めの構造となっていて中に織り込んで使います。また袖口などもダブル構造にして海水の進入を防いでいます。安価なモデルではここがシングル構造となっているものもありますが、海水の浸入が多くなりますのでオーダー時には必ず「首と袖口はダブルで。」と指定して下さい。実際の使用で首と袖からの多少の浸水は仕方がありませんが、体全体が濡れたり、内部に水が溜まるような場合は異常ですので早い段階でクレーム処理ということで修理依頼をしましょう。

サーフィンドライスーツ

サーフィン用ドライスーツ普段の手入れ

実は最初にオーダーしたドライスーツは10年使いました。ちゃんとした使い方と手入れをしていればドライスーツは長持ちします。

使用後はウエットシャンプーで洗いウエット用ソフナーで柔軟性を持たせましょう。ドライスーツの大敵は素材の硬化です。柔軟性がなくなると動き辛くなり、首や袖の密着性も弱まり浸水しやすくなります。ウエット用のこれらの洗剤類は高いですが、毎回でなくても3回に1回でOKですのでドライスーツを長持ちさせる為です。必ず実行して下さい。


それとドライスーツを長持ちさせる為に脱ぎ着も気おつけましょう。絶対に引っ張らないことが重要です。ウエットスーツも同じですがネオプレーン素材を縫う場合は、すくい縫いをしています。つまり縫い目からの浸水を防ぐために素材を貫通させずに表面をすくうように縫っています。脱ぎ着の時にスーツを無理に引っ張ったりするとこの縫い目が広がり、ついには裏側に貫通してピンホールとなりそこから浸水してきます。最後に各メーカーのドライスーツは大体は同じような性能です。上記のような事に気お付ければ購入に関して失敗することはまず無いでしょう。


スポンサードリンク