THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


90デシベル~100デシベル

90デシベル~100デシベルってどれくらい?ライブハウスならOKだけど


音の大きさを表す単位でデシベルがありますが、90デシベルや100デシベルってどの程度の音なのでしょう?


騒音レベルというのは何となくわかる様な気がしますが、何かもっと分かり易い具体例などがあればイメージし易いと思います。


ここでは、そんな90デシベル~100デシベルの音を、生活の中にある具体例を交えて分かり易く解説しています。


まぁ、ウルサイということには間違いはありませんが。


スポンサーリンク



90デシベル~100デシベルってこんな音


この大きさの音を一言で表すとと「極めてウルサイ」となります。



ただ騒音という観点で捉えると音の大小よりも感情的な部分が大きく影響します。


例えば、ライブハウスで100デシベルの音を聞いていても不快に感じませんが、家で100デシベルを聞くと、それはとんでもない騒音になります。



ここでは騒音に近い観点での捉え方をした場合の例になります。



90デシベル 100デシベル
聴覚的な感覚 極めてうるさい 極めてうるさい
会話は出来るか ほぼ出来ない ほぼ出来ない
生活のなかでの音 ライブハウス店内、騒々しい工場の中、至近で犬の鳴き声、怒鳴り声 電車通過のガード下、油圧プレス、
騒音トラブルの可能性 あり あり
健康面への影響 懸念される 懸念される


90デシベルってこんな感じ?


日常の会話が60デシベルと言われていますので、90デシベルになるとちょっとウルサイですね。


表にはライブハウスの店内、騒々しい工場の中、至近距離での犬の鳴き声、怒鳴り声と例を上げましたが、かなり騒々しいですね。



自宅や車内のオーディオを爆音で聴くのもこのレベルになるので、ご近所トラブルの元ともなりかねません。



防犯ベル位の音と言えば大体の方がイメージ出来るようです。



防犯ブザーPUMA プーマ LED ライト


防犯ブザー


100デシベルってどんな感じ?


100デシベルの音は表の中で、電車が通過する時のガード下と書きましたが、声楽のプロが出せるギリギリの大きさでもあります。


普通に生活していたら、ここまでの音と常時隣り合わせという状況は無いと思います。



逆に100デシベル位の音を常時聞いているという状態は聴覚や精神面での健康に非常不安がある環境とも言えます。



工場や作業現場でこのような環境下に長時間いる場合はイヤーマフで聴覚を保護するこをお勧めします。



3M 防音 イヤーマフ JIS適合品 PELTOR


3M 防音 イヤーマフ



スポンサーリンク



100デシベル以上の音は難聴など聴覚障害を起こすリスクがあります


100デシベルを超えると、かなりの音量です。


110デシベルでは直近で聞く自動車のクラクション、120デシベルでは航空機のエンジン音や近くの落雷。


ちなみに航空機の離陸時の音は130デシベルにもなるそうです。



空港の滑走路やモータースポーツのピットでのスタッフ、ヘリコプターや射撃などでも防音保護具のイヤーマフを使用しています。



日常的にこれ程の音の中に居る場合は何か対策をしなければ聴覚障害を起こす危険性があります。



90デシベル~100デシベルってどんな感じ? まとめ


90デシベル~100デシベルの解説をしてきましたが、かなりウルサイと感じる音のようです。


ただ、これが騒音になるかどうかは個人の感じ方に左右されます。



ライブで聞くお気に入りの音楽なら、もう少し音量を上げても良いと感じますし、興味が無ければただの騒音です。



この程度の音になると、当然耳には良いコトはありません。


長時間この音量にさらされていると聴覚障害の危険もあります。



そう言えば、地下鉄の車内は80デシベル程の音量になり、イヤホンを着けてストレス無く音楽を聴けるとなるど90デシベル以上で聞いている可能性があります。



本人は楽しくても、耳にはかなりストレスがかかっています。



このような状況の後はゆっくりと耳を休ませてあげましょう。



スポンサーリンク

パタゴニア

>>Recommendedに戻る

>>TOPに戻る


スポンサーリンク