THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


30デシベル~40デシベル

30デシベル~40デシベルってどれくらい?静かと感じる境です


30デシベル~40デシベルの環境は、だれしもが感じる「静か」という状態です。


この音量になると人はリラックスして休む事が出来ます。


特に30デシベルを含めて、これ以下の環境になると睡眠をとるにもお勧めの状態です。



エステサロンやマッサージ店の店内で静かにヒーリング系の音楽が流れている状態をイメージすると分かり易いかと思います。



今回はそんな30デシベル~40デシベルを、実際の生活音の例を挙げながら解説してゆきます。



スポンサーリンク



30デシベル~40デシベルってこんなかんじ


以下に実際の生活音を例に挙げ表にまとめてみました。


印象としてはかなり静かな環境と言えます。



30デシベル 40デシベル
聴覚的な感覚 静か 静か
会話は出来るか 小さな囁き声でも可能 囁き声で可能
生活のなかでの音 深夜の郊外、木の葉のそよぐ音、柱時計の振り子の音 図書館、静かな住宅街の昼、しとしと降る雨音
騒音トラブルの可能性 なし なし
健康面への影響 望ましい なし


30デシベルの音とは


表の中でも書きましたが、深夜の郊外に加え、囁のき声なども約30デシベル相当です。


小さな囁き声や、気の利いたホテルの客室も30デシベルに抑えられています。


こうみると、リラックスして安眠出来る環境が30デシベルあたりになりそうです。



逆に考えると、この環境下で階下や隣家に聞こえてしまう音を出すと迷惑になるとも言えます。



40デシベルの音とは


雨がしとしと降る音が、だいたい40デシベルと言われています。



しかし最近の住宅は防音性がいいので、この程度だと室内までは聞こえてこないかもしれません。



図書館の環境も約40デシベルになります。


近くのヒソヒソ声が、内容は分からないけど僅かに聞こえるという感じです。



スポンサーリンク



リラックスできる音量40デシベル以下で音楽を楽しむ


音楽によって集中力が高まったり、ストレス軽減やリラックス効果を得られることは広く知られています。


ジャンルは人それぞれの好みがありますが、その音量にはリラックスできるレベルが存在します。



最もリラックス効果が期待できるのは、音量を「40デシベル以下」に抑えるということ。



40デシベルは、「図書館の館内で聞こえてくる音」に近い音量ですので変に静かすぎず、心地いい環境と言えます。


とくにリラックス効果のある音楽は、「ヒーリングミュージック」とよばれるもので、リラックスを目的につくられた音楽のことです。



どこで聞くというのも大切なポインで、就寝時にベッドルームで聞くというのが最もおすすめです。



寝つきが良くない、リラックスできる音源が欲しいという方にはこちらがお勧めです。


最上級の癒し:究極のリラクゼーション・30曲・マインドフルネス・2時間


最上の癒し

30デシベル~40デシベルってどんな感じ? まとめ


30デシベルは人がリラックスして安眠出来る環境。


40デシベルは図書館がその環境のように、何かに集中するのにいい環境と言えます。



逆に考えると、このような静かな状態の中で40デシベル以上の音を出すと、周りに迷惑になる可能性があるとも言えます。



また、ちょっと気を付けたいところでは、この音量での声(囁き声)を何度も聞き返すようであれば軽難聴の疑いがあります。


普段の会話は問題ないけれど小さな声や遠くの声が聞き取りにくくなるというのが、一つの目安です。


気になる場合は専門の医療機関を受診してみましょう。



静かな環境だけに、今まで気が付かなかったことに気づくというのも30デシベル~40デシベルの環境です。



スポンサーリンク

パタゴニア

>>Recommendedに戻る

>>TOPに戻る


スポンサーリンク