THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


予想

波予想サイトに頼らず良い波を当てる!これが分かれば外しません


波予想はサーフィンを楽しむ上で欠かせない知識です。メジャーポイントについては予想サイトなどもありますが、それとてパーフェクトではありません。短時間だけ発生して無くなる場合もあり細かなコンディションなどは得ることは出来ません。


また自分が通っているマイナーなポイントの予想はネットからは得ることが出来ません。ここでは基本的な予想に必要な知識と、ちょっとした気象学を交えてお伝えしてゆきます。これをマスターして応用するとどんなポイントの波予想も出来るようになります。


This is an advertisement


サーフィンにおける波予想の基本的な考え方

まず波はどうしてたつのか?という基本的なところからお話してゆきます。波が出来る基本的な要因は風です。では風はどうして吹くのか?風とは空気の流れです。空気は気圧の高いところから気圧の低いところへ流れます。この空気の流れが風です。


単純に考えて気圧の高いところとは高気圧、低い所は低気圧と思ってください。ちなみに低気圧は気圧が低ければ低いほど勢力が強く吹き込む風も強くなります。この勢力が強くなったものが台風です。


ではその周りで風はどういうふうに吹くのか?気圧の高いところから低気圧の中心に真っ直ぐ吹くのではなく、広大な範囲で時計と反対回りで吹き込んでゆきます。あなたも衛星写真で台風や低気圧の大きな渦巻きを見たことがあるかと思います。この時に発生する風で海面にさざ波が起こります。


そのさざ波は重なり合いしっかりした波に変化してゆきます。さらにその波が重なりあったものがウネリです。このウネリが海岸線に届いてサーフィンが出来る波となります。このウネリはたいへん遠いところからも届いてきます。数百キロ、数千キロを経て私達のいる海岸線に届くのです。


また低気圧や台風は進行方向斜め左に一番強いウネリを発生させます。よって太平洋を北上して北海道に近づく場合は太平洋沿岸に波が届きますが日本海を抜けた場合の殆どは日本海に私達がサーフィン出来るような波はたちません。


春から秋にかけては太平洋に、この低気圧や台風が発生しやすく波もたちやすくなります。また初冬から翌春までは西高東低の冬型の気圧配置になりやすく日本海にサーフィンが出来る波がたちます。この西高東低つまり北海道の西に高気圧、東に低気圧という配置は西から東に風が吹くということです。


大きな範囲で低気圧には時計と反対回りで風が吹き込むので北海道の日本海には北、北西、北東などの風が吹くことになります。よってこの気圧配置の時には日本海に波がたちやすくなります。簡単ではありますが波はどうしてたつのかという基本はこんな感じですので覚えておいて下さい。


この予想は波があるか無いかではなく、サーファーがサーフィンを出来る良い波を当てる予想ということで、海岸線に吹く風向き、潮の満ち干、海岸線の向きなども総合的に考える必要があります。


This is an advertisement



パタゴニア

波予想 気象予報との矛盾

実際には気象予報には矛盾は無いのですが僕達がそれを利用してサーフィン用の予想を立てるとちょっとした矛盾にいつもぶつかります。気象庁発表の波浪予報で、波は1mとなっていても実際にポイントに到着してみると1mのどころか膝~腰なんてことはよくあります。


また波は2mという予報で軽く頭オーバーでクローズ寸前なんてこともありますし日本海ではフラットなんてこともあります。ただ3mの予報になると大体頭くらいのサイズとなり、4m以上になると通常のポイントではクローズの可能性もあります。5m~6mの予報では海岸部に近づくのも危険という状況になります。


現在気象庁が発表する波浪予想では海上の一点を連続通過する100以上の波のうち、高いほうから1/3を選び、これを平均した数値での予報を行います。この平均化した波の波高を1とした場合10波に1波は1.27、100波に1波は1.61、1000波に1波は1.94という波高の波が現れます。


これにはウネリや風波も含まれますので波の高さは1mという発表でも実際の沿岸では波の高さにばらつきがあるのが現実です。加えて発生源に近い場所の風波の殆どはウネリになることはなくサーフィンに適したコンディションにはなりません。


僕が一番利用しているGVPの沿岸波浪予報は波の高さを20cmごとに表してひじょうに分かりやすいものですが、これをそのまま額面どうりに受け取り予想をたてると当てが外れることもしばしばあります。


ではここから何を読み取るのか?まず重要なのは波が向かう方向です。自分が目指すポイントにその波は真っ直ぐに入ってくるのか?方向が合わなければ当然のようにサーフィン出来るコンディションにはなりません


次に沿岸の波の高さと沖合いの波の高さです。沿岸部が濃いブルーの0.6~1.0mの波高でも沖合いに高い波のエリアがあればそのウネリは間違い無く沿岸部に届き実際の予報よりも高い波がポイントにある可能性があります。


また数日間同じ方向の波がある場合も実際の予報よりも大きな波になる場合が多いです。ようは気象予報での波浪予報はサーファーが乗るサーフィン向きの波の予報ではないので、そこから独自に判断して読み取ってゆかなければなりません。


GPV

風の強さ、向きに注意する。

次に注意して見るのは沿岸部の風向きと強さです。どんなに波があっても風が悪ければサーフィン出来る良い波にはなりません。オフショアか無風、オンショアでも出来るだけ弱いのが理想です。


オンショアの限界は風速3mくらいでしょうか。これ以上になると海面に影響が出て波の形を崩してしまいます。この辺の予報はGVPやヤフーの天気予報が便利で的中率も高いようです。翌日までの天気、風向、風力、気温などが3時間ごとに表示されています。


これもそのポイントの周りの地形などにより若干の誤差も出ますが大体の目安になります。さらに出かける直前にアメダスのリアルタイムでの風向風速を調べることにより精度は増します。


GPV

潮位を調べて波を当てる。

サーフィンの波予想ををするうえで潮位は外せません。波はそのウネリの倍の水深の地点でブレイクします。つまり1mのウネリがブレイクする水深は2mの地点ということになります。遠浅のビーチではさほど影響はありませんが若干水深のあるリーフなどのポイントでは影響が出ます。


満潮時には海面が筋張っていただけの場所で水位が1m下がる干潮時には波がブレイクしだします。つまり水深2mの場所が満潮時には水深が3mとなり1mの高さのウネリはブレイクしません。インサイドで割れるかショアブレイクになってしまいます。


ところが干潮時にはアウトから胸~肩ほどの波がブレイクしてサーフィンが可能となります。波が一番良くなるのは干潮のピークをはさんで前後2時間ほどの間で、しかも上げに入った直後がウネリが入りやすくなります。


この潮位の差が一番があるのが大潮の時で1m以上の変化があります。ただ日本海の場合は差が10cm~20cm位なので波にほとんど影響はありません。リーフのポイントや水深のあるポイントでサーフィンをする場合は是非、潮位を気にしてみましょう。


また、これを応用して波が大き過ぎるときは満潮時にそのようなポイントを狙うと、厚めでサイズもダウンしたお手ごろの波がブレイクしてることがあります。


波予想サイトに頼らず良い波を当てる まとめ

最後にリバーマウスのポイントに関しては満潮時の方が波が良いようですが、これは潮が上げることにより海に流れる河の水量が押さえられ波に影響を与えないためとも考えられていますが、そのときのサンドバーの形や水深によっても一概には言えませんので注意が必要です。


大体ここまでの下調べをして波予想を立てると大きく外すことは少なくなりますが、そのポイントの癖なども自分の中のデータとして蓄積してゆければ、さらに精度は増してゆくでしょう。なお予想に必要な気象予報サイトはフッターの部分にリンクしていますので参考にしてみて下さい。


>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る

This is an advertisement