THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


サーフボードサイス表記

サーフボードサイズの見方 センチ変換とリッター数を解説


サーフボードのサイズ表記は、長さ/幅/厚さの順でボトム部分に記載されていています。長さはフィート、幅と厚みはインチで表記されています。日本ではこのフィートやインチは馴染みが薄いせいもあり、中々そのサイズ感のイメージが掴めません。


ここではそのサイズをセンチに変換した表を基に分かりやすく説明してゆきます。また近年、上記のサーフボードサイズの他に適正浮力という事が重要視され、その浮力もリッター数で表記されるようになりました。


これらにより、自分に合ったサイズ、浮力のサーフボードを容易に手に入れることが可能となりました。今回はそのサーフボードの浮力の表記についての説明も合わせて行い、さらに各部のサイズの違いによる乗り味、印象の差なども解説させて頂きます。

This is an advertisement


サーフボードサイズ フィート、インチ、変換表

以下はフィートやインチをセンチに変換したサーフボードのサイズ表ですが、1フィート=30.48センチ、1インチ=2.54センチとなります。ちなみにフィートとインチは、1フィート=12インチとなります。

サーフボードサイズ変換表

This is an advertisement


パタゴニア

人と比べたサーフボードのサイズ感

センチに直すと何となくそのサイズ感が掴み易くなりますが、長さ、幅などを人のサイズと比べると以下の写真のようになります。

サーフボードサイズ人と比べたサイズ感

サーフボードって、お店や海で見るとさほど大きくは見えませんが、自分の車や部屋に入れると「あれ?こんなに大きかったっけ?」という事はよくあります。車に載せるスペースはあるのか?部屋の天井の高さは?サーフボードサイズを見る場合はこの辺のサイズ感も掴んでおく必要があります。


サーフボードの浮力の見方

サーフボードの浮力はリッター数でサイズ表記の最後に次のように記載されています。「6'6"×21-3/4"×2-5/8" 45L」この45Lというのがそのサーフボードの容積ということでリッター数で記載されています。


このリッター数をどのように見るかというと、自分の体重やサーフィンのレベルに対して適正の浮力であるのかどうか、という所を見ます。サーフボードの浮力は乗り易さに大きく影響する部分なので重要です。


適正リッター数は簡単な数式で求める事が出来ます。体重×レベル数値=目安となるリッター数。以下に各レベルに合わせた数式を記載しておきます。

・ビギナーサーファーの場合 (体重)×(0.6)=目安となるリッター数


・中級サーファーの場合 (体重)×(0.45)=目安となるリッター数


・上級者サーファーの場合 (体重)×(0.4)=目安となるリッター数


例を上げると貴方が中級レベルのサーファーで体重が65kgだとした場合。 体重 65×0.45=29.25ℓとなります。つまり貴方にとっての適正浮力のサーフボードの体積は29.25ℓということです。

   

サーフボードの適正浮力に関しましては、こちらでも詳しく説明していますので参考にして頂ければ幸いです。

サーフボードには適正浮力も大切!上達に欠かせない選び方を徹底解説


サーフボードの長さ、幅、厚み、浮力、の違いが与える乗り味、フィーリングの差

では、それぞれのサイズの違いによる乗り味や印象はどう変わってくるのでしょう。以下に長さ、幅、厚みの違いによる特徴を上げてみました。


長いサーフボードの特徴

・全長が長くなれば直進安定性は良くなりますが、回転性は悪くなります。

・浮力があるのでパドリングでスピードが付きやすく、テイクオフが速くなります。

・ショートでは乗れないような厚い波、小さな波に乗れます。

・波の力を受けやすいので巻かれた場合は長い距離を引きずられます。


短いサーフボードの特徴

・回転性は良くなりますが、安定感がシビアな印象になります。

・揚力が弱い分、パドルでのスピードが得辛く効率の良いパドリングが必要です。

・テイクオフポイントが狭く波を見る目が要求されます。

・浮力が弱い分ドルフィンが楽になります。


幅の広いサーフボードの特徴

・左右の安定感がありますがターンは重い印象になります。

・波の力を受けやすいのでテイクオフは早くなります。

・浮力があるのでパワーの無い小波や厚い波にも乗り易くなります。


幅の狭いサーフボードの特徴

・クイックな動きをし易いですが、安定感に欠ける印象になります。

・波の力を得にくいので、テイクオフポイントは狭くなります。

・それなりにサイズがあり、掘れた波が得意な波となります。


厚みのあるサーフボードの特徴

・浮力があるのでパドルが速く、テイクオフも早くなります。

・厚い波や小さな波でも乗り易くなります。

・パワーのある波ではレールが入り辛い印象があります。


薄いサーフボードの特徴

・スイングウエイトが小さくリップアクションがし易くなります。

・一般的には浮力が小さくなるので、しっかりしたパドリングが必要です。

・パワーがあり掘れた河口の波などで真価を発揮します。


サーフボードのサイズ、形の意味

サーフボードに色々なサイズや形があるのは、上記の特徴を踏まえ乗り易さと安定性、操作性の良さと不安定感の相反する要素をサーファーのレベル、使用目的などに合わせてデザインし、バランスを取った結果による形なのです。ビギナーの場合は操作性を多少落として、波に乗り易く安定感を優先とした、


長めで幅や厚みを持たせたサーフボードが上達の助けとなります。また上級者の場合は浮力を落としても、操作性やスイングウエイトを軽くした方がパフォーマンス性が高いという事で、短くて細く薄めのサーフボードがそのライディングを助けます。


サーフボードの性能、フィーリングを決めるのはその他、細かな要素が沢山あるのですが、長さ、幅、厚み、リッター数などが分かれば大体のことは掴めるので、それらの数値がサーフボードに記載されるようになりました。


サイズの違いによるサーフボードの種類と特性

では上の章を踏まえて以下の写真を見てみましょう。左から長い順にロングボード、ミッドレングス、ショートボードとなります。それぞれのサーフボードの特性は以下のようになります。


ロングボード

ロングボードはこの中で一番浮力がありクイックな動きは出来ませんが、安定性に優れ波にも乗り易いという特性があります。大きなターンでゆったりクルージング、パドリングのスピードが速く女の子でも楽しく波に乗れます。


mac

ミッドレングス

ミッドレングスは、ある程度の安定性と回転性を合わせ持っている為、ショートボードのような派手は動きは出来ないけれど、波の大小、良し悪しに関わらず乗れてしまう為、トータルでサーフィンを楽しめます。ロングとショート両者の性質を合わせ持った近年注目のサーフボードです。


ミッドレングスに関してはこちれでも詳しく説明しています。

ミッドレングス サーフボードが大人気!その魅力とお勧めボードを大特集


ショートボード

右端のショートボードはクイックな動きが得意な反面、浮力が弱い為それを補う体力、技術を要します。回転性に優れ、派手なリップアクションや、エキスパートになればエアリアルさえこなすタイプのサーフボードです。ですがこの3タイプの中では一番バランス感覚と体力が必要となります。


サーフボードサイズの見方 まとめ

サーフボードには実に色々なサイズやタイプがあります、カタログなどでそのサイズを見る場合、表記はフィートとインチなので慣れないと中々そのサイズ感を掴むことが出来ません。そんな時はこのページの変換表を参考にして頂ければ何となくその大きさが分かるかと思います。


また最近記載されているリッター数などで浮力も知る事が出来、そのサーフボードが自分に合っているのかどうかも簡単に分かるようになりました。さらに、各部のサイズの違いによる乗り味の違いなども説明させて頂きましたので、是非これらを参考にサーフボード選びに役立てて頂ければ幸いです。



>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る

This is an advertisement