THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


サーフボード

初心者用サーフボードの選び方!サーフィン歴36年の視点で特集します


初心者のときに手にするサーフボードは上達する上で思った以上の影響があります。合っていないサーフボードではテイクオフもままなりません。サーフィンにおいて、このサーフボード選びはとてもシビアな結果を招きます。


つまり上達のスピードがまるで変わってきます。スノーボードやスケートボードならどんな板を選んでもそれなりに乗れるようになりますが、サーフボードの場合はそうもいかず下手をするとまったく手に負えず諦めてしまうという人達を沢山見てきました


サーフィンは常に形、パワー、サイズの違う波に1本のサーフボードで対応するスポーツです。また自然を相手にしているので海に入るには危険なほど大きな波の日、またそれとは逆に波の無い日があり、海に行けばいつでも練習が出来るというスポーツでもありません。


サーフィンで上達するということは思っている以上に難しい事なのです。つまり最初の1本目のサーフボードであなたのサーフィンライフの殆どが決まるといっても過言ではありません。ここでは重要な初心者の方の失敗しないサーフボード選びについて僕の経験も交えて解説させて頂きます。


サーフボードの種類とその特性

最初にサーフボードの種類ですが大まかにショートボード(写真右3本)、ミッドレングス(写真中央3本)、ロングボード(写真左2本)の3種類があります。それぞれの特徴はショートボードはこの3種類の中で一番短く長さは5ft~6'4ftで操作が軽く回転性に優れています。

mac

ミッドレングスのサーフボードはショートよりも長く6ft後半〜8ft前半で浮力がありテイクオフも速く、操作はショートより重たくなりますが、あるていどの回転性もあります。


次にロングボードですが9ft以上の長さがありテイクオフやパドルはこの中で一番速く、最も波に乗り易いサーフボードとなります。操作感はさらに重たくなり、しっかりした体重移動が必要です。


どのサーフボードから始めるかは、どのスタイルが好きかで決まりますが、波に乗り易いという観点でみると、ロングボード→ミッドレングス→ショートボードとなります。これは浮力の大きさの順でもあり浮力が大きいとパドリングのスピードも出やすくなります。


波の力も受けやすいので、テイクオフも速くなりスタンディング後の安定感も大きくなります。ですが視点を変えて操作性や扱いやすさということになると順番は逆になります。


そのような場合は出来るだけ小さなサーフボードが有利といえます。ミッドレングスはその相反する特性をバランス良く合わせ持っているということで最近注目されているサイズのサーフボードです。


This is an advertisement


オーバーフロートのサーフボードを選ぼう

>

乗り易さにはサーフボードの持っている浮力が大きく関係しています。同じパドル力なら浮力の大きなサーフボードの方がスピードが出ます。サーフィンにおいて波に乗るためには自分の力、パドリングで波と同じスピードまで加速する必要があります。


浮力のあるサーフボードは僅かな力で加速しやすく、テイクオフも比較的楽に出来ます。さらに言うと波の力を受けやすいのは長くて幅の広いサーフボードです。つまり初心者の方はある程度の長さと幅があり、出来るだけ浮力のあるサーフボードで始めるというのが苦労せずに上達する近道といえます。


どうしても浮力の小さいショートボードで始めたい場合は以下の計算式で貴方の体重に対しての適正な体積・リッター数のサーフボードを選ぶようにして下さい。計算式で得られる数値が適正の体積となり、それ以上の物はオーバーフロートとなります。


最低でも適正値、出来ればそれよりも大きな値のものを選べば間違いはありません。最近のサーフボードはほぼリッター数が記載されているのでチェックしてみましょう。ミッドレングスやロングボードの場合は元々オーバーフロートの設計となっていますのでリッター数は気にしなくてOKです。


ビギナーサーファーの場合 (体重)×(0.6)=目安となるリッター数


サーフボードには適正浮力も大切!上達に欠かせない選び方を徹底解説←サーフボードの適正浮力に関してはこちらで詳しく説明しています。


サーフボードの浮力に関する驚きのエピソード

ここでサーフボードの浮力に関する1つのエピソードをお話したいと思います。以前、サーフィンを始めたいという女の子がいました。とても痩せていて小柄、サーフィンの為の体力など無く、まずは筋力UPだね。


と言いたくなるような印象の子でした。しかもショートボードで始めたいということで、かなり説得しましたが意思は固くお手上げでした。仕方がないので僕のセカンドボードを貸してあげ、練習が始まりました。


案の定数ヶ月たってもテイクオフすら出来ません。でも本人は海に入るだけで楽しいというので、サーフィンにならなくても本人が楽しいなら、こういう楽しみ方もあるのかな..と思っていました。


ある日、サーフィンの帰りに大手スポーツショップに寄るとミッドレングスのサーフボードがセールで安く売っていました。オックスボウというブランドの可愛いデザインのミッドレングスのサーフボードです。長さは7'4ftほどだったかと思います。


彼女の第一声「可愛い!これ..買う!」あっけに取られる僕を尻目に彼女はその日からミッドレングス乗りとなりました。驚いたのは次に海に行った日のことです。波は腿~腰で力の無い波でしたが、何と海に入って直ぐにテイクオフしスタンディングして岸まで乗ってゆきました。


mac

それ以来、サーフィンの真の楽しさを知った彼女の上達は目覚しく、その数回後には横に走れるようになり、シーズンの終盤には僕と一緒に頭サイズの波でサーフィン出来るまでになりました。僕が貸していたショートボードは男用なので彼女にはかなりオーバーフロートのはずでしたが、


ミッドレングスのサーフボードの長さと幅、浮力にはかないません。何度も、何度も「サーフィンを始めるサーフボードは浮力のあるミッドレングスのボードが良いよ。」と今まで色んな人に説明してきましたが、サーフボードの浮力でここまで違うのか!その違いを目の当たりにした瞬間でした。


ちなみに僕が貸していたショートボードの長さは6ft(約182cm)、彼女が買ったミッドレングスのボードの長さは7'4ft(223cm)です。サーフボードの浮力は長さだけでは測れませんが、ある程度の目安にはなります。長さにして40cm違えばその浮力はかなり違います。


6ft(約182cm)のショートボードではテイクオフもままならなかった女子が、長さ7'4ft(223cm)のミッドレングスのサーフボードでは普通にテイクオフして乗れてしまった。ということです。


This is an advertisement



パタゴニア

ミッドレングスのサーフボードがお勧めです

ロングボードは僕も持っていますが、強力な浮力がありパドルのスピードも速く乗り易さはピカイチです。しかし長さが9ft(2m70cm)以上もあり重く、波の力も受け過ぎることから初心者には扱いにくいと思われる部分もあります。


その板の大きさゆえ波に巻かれた場合はかなりの距離を引きずられてしまいます。波数が多い日はゲッティングも苦労します。そのような事から、最初はミッドレングスのサーフボードで始め、ある程度慣れてから興味があればロングやショートに転向するのが望ましいと僕は考えます。


ショートやロングに転向しても波のコンディションによりミッドレングと使い分けることが出来るので無駄にもなりません。ミッドレングスのサーフボードは近年大人なサーファーが注目したことによって、人気が急上昇しました。


「もう長年サーフィンしていて、いろいろなサーフボードに乗ったけどこれくらいが一番楽しいよね。」というのが理由なようです。初心者の方は男性、女性とも7'4ft以上(約2235mm)のものがお勧めです。


価格は高いものでなくて構いません。幅や厚みロッカー、コーンケイブなど細かなことも気にしなくて結構。長さがこれ以上あれば十分な浮力があり、まず失敗することはありません。大手スポーツショップで初心者用セットとしてケースやリーシュコード付きで販売しているもので十分です。


ミッドレングス サーフボードが大人気!その魅力とお勧めボードを大特集←ミッドレングスのサーフボードについてはこちらで詳しく説明していますので参考にして頂けると幸いです。


アルメリック トルク サーフボード チャンチョ 7'6

イメージとしてはこんな感じです。長さは7'4ft~7'6ftあれば浮力もあり安定感があるので初心者の貴方にも最高に乗り易いサーフボードのはずです。

ファンボード アルメリック トルク サーフボード チャンチョ 7'6 TORQ SurfBoard CHANCHO (BOTTOMBLUE+PINLINE)


初心者用サーフボードの選び方まとめ

以上、初心者用のサーフボードについて説明させていただきましたが細かなディケ-ルは最初のうちは殆ど気にしなくてかまいません。何度も書きますが、ただ一点!出来るだけ浮力のあるサーフボードを選ぶ。


ということだけ忘れないで頂ければショートボードであろうが、ミッドレングスであろうが、ロングボードであっても、サーフボード選びで大きく失敗をすることはありません。


その中でも最もお勧めなのが浮力と扱いやすさという点でミッドレングスのサーフボードということです。以上のことを参考にして頂き、貴方に合った調子の良いサーフボードを手に入れて楽しいサーフィンライフをお過ごし下さい。


>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る

This is an advertisement