THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


ポータブルシャワー/簡易シャワー

ポータブルシャワーを用途別におすすめしてゆくよ!充電式から自作まで大特集


ポータブルシャワーは元々アウトドアで使いやすいように考えられているので、極端な言い方をすれば、どれでもある程度の凡用性はあります。ですが子供を連れた海水浴などの水遊び、釣り、サーフィンなどウオータースポーツや、キャンプ。使用目的により使い勝手の良さは変わってきます。


また、ここのところ多い災害時の使用を視野に入れて選んでおけばイザと言う時に役立ちます。これは自身の経験になるのですが胆振東部地震で北海道全域が数日間の停電のおりにもポータブルシャワーの存在は大変助かりました。


シャワーには電源を使うものでは充電式や車のシガーライターから電源を取るものがあります。また電源を使わないものでは加圧式や自然落下式などがあり、変わったものでは水道圧をため込むものもあります。


それぞれ便利なものですが、当然のように場面により使いやすさ、使い難さ、もあり用途を選びます。ここでは用途別に考えた、おすすめのポータブルシャワーをトイレ用の簡易シャワーまでを含めて紹介させて頂きます。


This is an advertisement


ポータブルシャワーはざっくりと別けて2種類

ポータブルシャワーは色々な物が売られていますが大まかに分けると以下のつのタイプに別けられます。


・電源を使うタイプ

バッテリーに充電して使うもの、車のシガーライターを電源として使うもの、さらにその両方が出来るものなどがあります。充電式は使う場所を選ばず、USBから充電できるものが多いのでモバイルバッテリーがあれば更に使用時間を伸ばせます。シガーライターから電源を取るものは車があればどこでも使えますが使用時はエンジンをかけなければいけないという煩わしさもあります。


・電源を使わないタイプ

ポンプで加圧した圧力を使うものや、タンクを高い所に置き、自然落下で使うものがあります。どちらも電源は必要なく、何時でも何処でも使用可能なのでレジャー以外で災害時にも頼りになります。加圧式は常にポンプして加圧する必要があったり、自然落下式は水圧が弱かったりという事もありますが、電源に縛られないメリットは大きいと言えます。


サーフィンなどのウオータースポーツや水遊びには充電式がおすすめ


ウオータースポーツの場合は体を洗う他に道具の砂や潮を流すなど比較的水量と時間を使います。水圧は強いに越したことはありませんが今回紹介させて頂いた機種で使用十分です。また充電式のように連続して長時間使える方が使いやすいかと思います。


innhom 2電源ポータブルシャワー


アマゾンでベストセラー1位のポータブルシャワーです。電源は充電式とシガーライターからの2系列で使えます。バッテリー満充電で70分起動、バッテリーを使い果たしたら緊急用としてシガーソケットから電源を取って稼働出来ます。


シャワーホースの長さも申し分なく体を流したりサーフボードを洗うのにも不便は感じません。充電はUSBからとなります。ポリタンクを使用する場合は灯油ようでは本体が入りません。口が大きめ4のウオータージャグ用のタンクを用意しましょう。


ポータブルシャワー/簡易シャワー<

ポータブルシャワー innhom USB充電式 車用 電動シャワー

カラー:ブルー

本体の重さ:1.27 kg

電池:充電式リチウムイオンバッテリー(18650)

電池容量:2200mAh  ワット:8.14Wh

電池電圧:3.7V   電池電流:最大2.2A

水の流量:2.2L/分  使用時間:70分

充電:USB出力5V/0.5-2.2A

ケーブルの長さ:0.8m  ホース長さ:1.8m

参考価格:¥4,199



Laserbeak ポータブルシャワー


恐らくこのタイプのポータブルシャワーでの水圧は1番かと思います。加えてシャワーヘッドに流量制御シャットオフバルブが付いているのは便利です。加えて本体には2段階の給水調節ボタンが設置されています。


シャワーホースの長さも申し分なく体や海で使った装具を流すのにも不便はありません。充電はUSBからとなります。こちらも、ポリタンクを使用する場合は灯油用では本体が入りません。口が大きめのウオータージャグ用のタンクを用意しましょう。


ポータブルシャワー/簡易シャワー<

Laserbeak ポータブルシャワー

カラー:ブルーorオレンジ

ポンプ寸法:直径65×108mm

電池:ハイエネルギーリチウム電池内蔵

電池容量:4800mAh

充電時間:充電器によるが(5V/2A:約4時間)

水の流量:2.2L/分  使用時間:60分以上

充電:USB出力5V

ホース長さ:1.8m

            

参考価格:¥5,399



Hike Crew ポータブル給湯器


ちょっと価格ははりますが、アウトドアで便利なポータブル給湯器です。プロパンガスによって給湯し、シャワーや、食器洗い、手洗い、などに使うことが出来ます。電源は車のシガレットライター12Vか家庭用AC100Vを使用。


LPガスはコールマンのカートリッジを互換アダプタを使うことにより使用出来ます。ハンド水栓/蛇口、シャワーヘッドアタッチメント、などが付属しアウトドアを快適に過ごせます。


ポータブルシャワー/給湯器<

Hike Crew ポータブルプロパン給湯器・シャワーポンプ キャリーケース付き

カラー:グレー

製品サイズ:‎45.08 x 41.91 x 37.72 cm; 10.89 Kg

電源:AC100V、シガーライター12V

燃料:LPガス(アダプタ使用でコールマンボンベが使えます)

参考価格:¥52,000



This is an advertisement



パタゴニア

長期のキャンプや災害時の使用も考えるなら電源を使わないものがおすすめ


充電式の場合は4時間ほどの充電で、使用時間はどの製品も1時間ほどです。追加充電が出来ず、それ以上の使用や災害時の使用も視野にいれるのであれば、電源を使わない製品がおすすめとなります。キャンプでの使用も考え移動時にコンパクトになるものを紹介いたします。


マルハチ産業 加圧式 シャワー 7L


ポンプを加圧してその圧力でシャワーが出るエコな商品です。わりと水圧も強く7リットルという量はサーフィンなどで使用する場合は自身の体とウエットの砂を落とし、サーフボードの潮を流すのに1人分として十分です。


釣りなどで使用する場合も道具の潮を流したり、こまめに手を洗うなど複数人分の容量があります。タンク一体型なの持ち運びが便利、海で遊んだ子供たちに使うのにも使い勝手が良さそうです。

ポータブルシャワー/簡易シャワー<

マルハチ産業 加圧式 ポータブルシャワー 7L

カラー:イエロー

商品サイズ:幅18×奥行18×高さ48cm

重量:1150g

タンク容量:7リットル

材質:本体・シャワーヘッド-ポリプロピレン ポンプ-ポリエチレン 耐圧ホース-軟質ビニール

参考価格:¥2,327


Dr.Prepare キャンピングシャワー


バッグ本体はブラックのため太陽熱を吸収し容易く、数十分で温水となりアウトドアでも温かなシャワーを浴びれるという加圧式のポータブルシャワーです。容量は15リットルでサーフィンであれば体とウエット、サーフボードの潮を流すのに2名分ほどの容量です。


ユニークなのは足でポンプを加圧出来るということで、タンク内の圧が低下しても手を止める必要がありません。タンク内の水量も窓から確認出来、使用後は小さく畳めるというのも便利なところ。タンク内の空気を加圧するので水量はタンクの70%位までで抑えるのがコツです。

ポータブルシャワー/簡易シャワー<

Dr.Prepare キャンピングシャワー 加圧式 ソーラー加熱 15L

カラー:ブラック

サイズ:46CM x 20CM

重量:0.85KG

タンク容量:15リットル

材質:防水仕様PVC

ホース長さ:190CM

参考価格:¥4,280



monomania ポータブルシャワー


バッグ本体はブラックのため太陽熱を吸収し容易く、数十分で温水となりアウトドアでも温かなシャワーを浴びれるという落下式のポータブルシャワーです。容量は20リットルでサーフィンであれば体とウエット、サーフボードの潮を流すのに2名分ほどの容量です。


ただ満タンにすると重量は20kgになりぶら下げるところの強度は考える必要があります。また落下式のためシャワーの水圧は強くはありませんが、手足や体を洗うのには十分かと思います。何と言ってもこのタイプは価格の安さが魅力です。

ポータブルシャワー/簡易シャワー<

monomania ポータブルシャワー シャワー 20リットル (ウォータータンク10L・2個セット付き)

カラー:ブラック

サイズ:約60×40cm

重量:約330g(付属品含む)

タンク容量:20リットル

材質:非毒性PVC

ホース長さ:約66cm(シャワー先端含む)

付属:ウォータータンク10L×2個

参考価格:¥1,999



monomania ポータブルシャワー


落下式のシャワーバッグ本体をもう1タイプ、太陽熱を吸収し温水をつくり温かなシャワーを浴びるという機能は同じです。容量も20リットルですが先ほどのタイプに比べ取っ手の部分やポケットなどに工夫がされています。


やはり満タンにすると重量は20kgになりぶら下げるところの強度は考える必要がありますが、10リットル~15リットル位で使えば場所の選択肢は広がると思います。こちかも安価なので2個同時に使うとかもアリかと思います。

ポータブルシャワー/簡易シャワー<

シャワーバッグ 20L 太陽熱浴バッグ

カラー:ブルー

タンク容量:20リットル

製品サイズ;40cm×50cm

材質:非毒性PVC

参考価格:¥2,590



トイレ用のポータブルシャワーもお忘れなく


シャワートイレが完備されていないキャンプ場や、海外旅行、災害時にも活躍する携帯式のトイレ用ポータブルシャワーです。赤ちゃんのおむつ替えにも便利です。


Panasonic ハンディ・トワレ


単4形乾電池式ですが充電式電池も使用OK。洗浄中に手元のボタンで強弱切り替えが可能。またノズルの取り替えで、洗い心地を選べる仕様です。カラーは6種類で水タンクには国内外の殆どのペットボトルが接続できるのでタンクの容量UPが手軽に出来ます。


ポータブルシャワー/簡易シャワートイレ<

パナソニック おしり洗浄器 ハンディ・トワレ 携帯用 レッド DL-P300-R

カラー:6色

タンク容量:約130mL

本体寸法:(高×幅×奥行き):154mm×45mm×45mm

本体質量:230g

参考価格:¥5,910



TOTO 携帯ウオシュレット


単3電池1本で利用可能 。手早く使えてサッとしまえるスライドタンク式で、使用時はタンクを引き出しボタンを押すだけで洗浄が出来ます。通常の3穴吐水、やわらかめ洗浄はソフトの5穴吐水と好みで選べます。何と言っても水回りでは信頼のTOTO製です。


ポータブルシャワー/簡易シャワートイレ<

TOTO 【いつでもどこでも携帯できる】 携帯ウォシュレット グレー YEW4W3

カラー:グレー、ホワイト

タンク容量:約180ml

本体寸法:13×6.7×4.6cm

本体質量:250g

参考価格:¥7,660



KUGLONハンディおしり洗浄器


手動の加圧式で1.9mの高さまで届く高水圧と500mLの大容量が特徴です。外出先でも手軽に お尻洗浄 ができます。一般的な設置型の温水洗浄便座と同程度の水圧なのは凄いと思います。電池を使用しない手軽さも魅力です。


ポータブルシャワー/簡易シャワートイレ<

KUGLON 携帯温水洗浄便座 ハンディおしり洗浄器 500ml大容量-軽量-高水圧 防水収納袋-日本語説明書付き

カラー:ブルー

タンク容量:約500mL

本体寸法:‎7.5 x 7.5 x 20.5 cm; 115 g

本体質量:115g

参考価格:¥1,800



温水は使っても大丈夫?


真夏であれば水のシャワーも気持ちいいですが、ちょっと寒い時期はやっぱり暖かなお湯のシャワーは有り難いです。今回紹介させて頂いたポータブルシャワーは全て40度ほどのお湯でしたら問題なく使えます。


そんなときに便利なのがポリタンクの保温ケースです。自宅を出るときに、熱めお湯を入れておけば使用時には適温のシャワーを浴びれます。ここで紹介するTAVARUA(タバルア)のポリタンクカバーは12Lポリタンク用で、ネオプレン製、保温力が高いケースです。


TAVARUA(タバルア) ホット ポリタンクカバー 単品 3016 (BOTANICAL NAVY)


ポリタンク保温カバー<

ポータブルシャワーを自作してみる


・製作費2000円 バスポンプで簡単シャワーを取り付けた

これは一時僕も考えました。今使っているハイエースには100Vの電源が付いているので、お風呂の残り湯を洗濯機に送るバスポンプを流用してシャワーを作るのはそう難しくなさそうです。You Tubeを調べたら同じ事を考えて自作してしまった方がいましたので紹介いたします。製作費¥2000でこれはアリだと思います。

        

・車中泊DIY 車にシャワーとカーテンを100均で簡単に作る!

こちらは100均グッズを使って落下式のポータブルシャワーを自作された動画です。さらにシャワーカーテンも!バンタイプのリアゲート付きの車であれば簡単に設置できそうです。考え方によりますがシンプルな仕様にするなら大いにアリだと思います。



ポータブルシャワーまとめ

今回色々なタイプのポータブルシャワーを紹介させて頂きました。僕の場合はサーフィンやSUPで日常的に充電式を使っていますが手動の物もバックアップとして持っています。ポータブルシャワーの有難みを思い知ったのは実は災害時でした。


それは2018/9月にあった地震で北海道全域が停電したことによるものです。充電式は充電さえしておけばバケツにお湯を入れればそんな最中でもシャワーを浴びることが出来ます。モバイルバッテリーからでも充電は可能です。充電が無くなれば手動の物が使えます。


この時に困ったのはトイレシャワーが使えなくなった事でした。水は普通に出たので使用後に流すことは出来ましたがトイレシャワーを使いたい。ということで今回はトイレシャワーのポータブル版の紹介もさせて頂きました。


僕個人の考えとしては所有物は出来るだけ少なく「シンプルに暮らす」ですが、この辺の便利な物の快適性は手放せません。皆さんも目的に合ったポータブルシャワーを手に入れ快適なアウトドアライフをお過ごし下さい。


>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る


This is an advertisement