THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


降水量100mm

降水量100mmとはどのくらい? 交通機関、日常生活への影響は?


100mmという降水量は身の回り全ての場所、道路、屋根、庭 などに1時間で10cmの水が溜まるということです。側溝からは雨水が溢れ出し、傘をさしていると大粒の雨で、伝わる衝撃はドン!ドン!という感じで傘が裂けそうな勢いです。


車のワイパーはHaiにしていても視界が確保出来ず運転に支障をきたします。高速道路が通行止めになる雨量はおおむね時間降水量が35mm~50mmとなっていて、この雨量になると法面からの土砂崩れも懸念されます。勿論、一般道も同等の危険性があります。


気象庁の表現では80mm以上の「猛烈な雨」となり、息苦しくなるような圧迫感のある降り方で恐怖を感じる。傘が全く役に立たなくなる。水しぶきで辺りが白っぽくなり、視界が悪くなる。車の運転は危険な状態。という解説が付いています。


記録的短時間大雨警報が出されるのもこの降水量あたりからです。つまり降水量100mmとは災害級の雨といえます。そんな猛烈な雨100mmの体感、交通機関を含めた私達の生活への影響を調べてみました。

This is an advertisement


降水量と降雨量の違い降水確率とは?

降水量100mmの前に天気予報でよく聞く「降水量」「降雨量」「降水確率」についての説明を簡単ですが、しておこうと思います。これが正確に解っていると予報でより正確な判断が出来ます。


・降水量とは

降水量とは大気中から落ちてきた雨を含めた全ての水分と言う意味です。雨以外の水分ではミゾレ、霧、などがあり、それらがどこにも流れず溜まった水深で○○mmといった表現をします。ちなみに降水量100mm/hと言う場合は1時間で地面に10cmの水深で水分が溜まる状況ということです。


・降雨量

これは降水量と非常に似たものですが大気から落ちてきた水分を雨に限定して測定したものです。こちらも、その雨が溜まった水深で○○mmというように表します。降雨量100mmとは一般的に1時間で10cmの水深になるような雨という意味です。これが屋根でも道路でも庭でも降るとなると大変な量の雨になります。この雨量は自分でも簡単に計ることが出来ます。


この雨量計はアマゾンなどでも安価で手に入るので興味のある方は自宅の庭などにに設置して観測してみるのも面白いかと思います。


屋外 雨量計 レインゲージ 降雨量 測定


雨量計

・降水確率

降水確率は1日を0~6時、6時~12時、12時~18時、18時~24時の4つの時間帯に分けて百分率(10%刻み)で発表されます。降水確率が0%であれば降る可能性はほとんど無く、100%であれば降らない可能性はほとんど無いことを意味します。

        

つまり予報区内で一定の時間内に降水量にして1mm以上の雨または雪の降る確率(%)の平均値になります。また、30%という予報が100回発表されたとき、その内のおよそ30回は1mm以上の降水があるという意味もあります。


では降水確率30%というような予報が出た場合の現実的な解釈の仕方ですが、これは降る確率が30%で降らない確率も70%あるということになります。数字が大きい方の確率が高くなるので、降らない確率の方が高いという解釈を僕はしていますが、一応折り畳み傘は持ちます。


というのは降水率30%を3割バッターと考えたら打たれる可能性(雨が降る確率)はけっして少なくないと感じてしまうので..


降水量100mmとは体感的にどんな感じ

100mmと聞くと、1時間に10cm溜まる位の雨って強いの?という印象ですが、土砂降りという表現が近いと思います。もっと言えば河川の氾濫、崖の土砂崩れがいつ起きてもおかしくない状況です。冒頭でも書きましたが「記録的短時間大雨警報」が出されるのもこの降水量あたりからです。


車の運転はワイパーをハイにしても見えない状況なので止めた方が無難です。ちなみに1時間あたり降水量の観測史上1位は1999/10/27に千葉県香取市で観測された153mmというものですので100mmの雨がどれだけ大変なことなのかが分かります。


1平方メートルに降る水量=100cm×100cm×10cm=100000立方センチメートル(100㍑)


つまり1m四方の範囲に1時間で100㍑の水が降り注ぐということです。降った水の深さは10cmmです。もっと分かり易く降水量100mmの中に30分立っているときに頭の上に降る水量は以下のようになります。


直立した人の上 (50cm×50cm)に30分で12500mℓの雨が降る。


簡単に言うと貴方が立っている50cm×50cmの範囲に30分で1ℓのペットボトル換算だと12本分以上の雨が降る。ということになります。


つまり避難する事がよぎる位の雨で、以下の動画を観るとそれがよく分かると思います。


防災科研で実験体験 100mm/hの豪雨が車のフロントガラスに叩きつける!

     

This is an advertisement


降水量100mmによる公共交通機関への影響

殆どの交通機関は大雨だけによる運転見合わせになることは少なく、強風など複合的な条件で速度規制や運転見合わせになります。


JR、私鉄、地下鉄の地上部などは線路が水没、法面の土砂崩れなどの危険がある場合は強風や大雨でない場合でも運転見合わせになることもあるようです。


高速道路の場合は「事前通行規制」というのがあり、大雨や台風による土砂崩れや落石等の恐れがある箇所については、過去の記録などを元にそれぞれ規制の基準等を定め、災害が発生する前に「通行止」などの規制を実施します。


参考までにNEXCO西日本による雨による事前通行規制基準をリンクしておきます。 NEXCO西日本 降雨事前通行規制基準


ザックリではありますが、以下に一般交通機関が雨や風で運休する条件をまとめてみました。

     
交通機関 影響
JR 降水量1時間あたり40mm以上、継続300mm以上の雨、20~25m/sで速度規制。25m/s以上で運休。
私鉄 地下鉄 1時間あたり40mm以上、継続300mm以上の雨、地上部は風速25m~30mで全て運転見合わせ。
旅客機 雨だけでの欠航はほぼありませんが、離発着する空港の風速が25m以上で欠航の可能性大。
フェリー 雨による運休の規定はありませんが、東京湾フェリーの場合、 金谷、久里浜両港が風速18m/s、波高1.2m、視程500m以下となった場合は運休となる。
路線バス 路線となる道路の冠水、倒木等により通行止めとなった場合や風速20m/sで運転見合わせ。
高速バス雨による運休の規定はありませんが、高速道路が通行止めとなる風速20m/sで運休。
モノレール 特に雨による運休の規定はなく、各社規定によりますが、風速20m/sを越えると運休となすようです。
ロープウエイ 雨による運休の規定はありませんが、風速15m/sを越えると運休となる可能性があります。
スキー場のリフト 雨による運休の規定はありませんが、ペアリフトは18m/s、ゴンドラは15m/sで運休となります。
高速道路 連続降雨量が200mm以上となった場合。風速10mから15mで速度規制が入り、20m/s~25m/s以上で通行止めになります。

降水量100mmになると記録的短時間大雨情報が出されます

降水量100mmような大雨が降った場合は気象庁から記録的短時間大雨情報が出される可能性がます。基準となる1時間降雨量はその地域の歴代1位から2位の雨量を参考にして決められますが、おおむね80mm~120mm位のようです。


この雨量になると土砂崩れや洪水が起きる可能性があるか、すでに起きています。気象庁が提供している災害の危険度分布を確認し、自分の住んでいる地域の災害危険度を確認しておきましょう。


このような大雨が降り続き重大な災害が発生する可能性がある場合は大雨警報、洪水警報が出されます。さらにその恐れが大きくなった場合は大雨特別警報が気象庁より発表されます。


このレベルになると数十年に一度の雨量が予想されるということです。大雨特別警報が発表された場合はすでに災害が発生している可能性が高いため手遅れになる前に最寄りの避難所に避難するなど命を守る行動をとることが大切です。


降水量100mmで出来る野外アクティビティー、レジャーはありません

やってみようと思う方は居ないと思いますが、あえてここで書くことも無く降水量100mmでは野外で出来るアクティビティーやレジャーはありません。


1時間雨量が30mm以上又は、3時間雨量が60mm 以上の雨では洪水注意報が出ます。なので100mmとなるとすでにどこかで洪水が起きている可能性があります。外遊びを考える前に安全な場所に避難をしなければいけない段階と言えます。


一応、以下に降水量8mm~100mmでの野外アクティビティーの可否を表にしてみました。


アクティビティー 降水量8mm 降水量9mm 降水量10mm 降水量20mm 降水量100mm
キャンプ × × × × ×
登山 × × × × ×
自転車 × × × × ×
ランニング × × × × ×
野球 × × × × ×
サッカー × × ×
ゴルフ × × × × ×
テニス × × × × ×
釣り × × × × ×
ウインドサーフィン × × × ×
サーフィン × × × ×
SUP × × × ×

降水量100mmってどのくらい? まとめ

地域によって多少の違いはありますが降水量が80mm~120mmの間で気象庁から「記録的短時間大雨情報」が出されます。


降水量100mmということは、もはや災害が起きるか、すでに起きている段階の雨量になります。このまま降り続けば大きな災害が発生する恐れがあります。この段階では各市町村から「大雨警報」もしくは「大雨特別警報」などが出ているかもしれません。


洪水の危険がある河川の付近や、土砂崩れの恐れがある地域では「避難指示」が出る場合もありますので普段から避難場所の確認をしておくことも大切です。


降水量100mmとはそういう状況ということですので自宅に居る場合も防災グッズの確認はしておきましょう。


なおフッター部分にその他の降水量や風速の記事もリンクしていますので雨天での活動を考える際には合わせてチェックすることをお勧めいたします。



>>Recommendedに戻る

>>TOPに戻る

This is an advertisement