THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


ミッドレングス,シングルフィン

ミッドレングスに乗るならシングルフィンもおすすめ!


ここのところ人気のミッドレングスのサーフボードですが、これをせっかくならシングルフィンで楽しんでしまおう!という提案です。ロングボードに乗っていた方ならシングルフィンには何の違和感も無く乗れます。


しかしショートのスラスターやクワッドやツインに乗っていた方は馴染みが薄い、というより想像がつかない。と言った方が正解かもしれません。ミッドレングスの乗り方は大きなラインでグライドしラインを通すという感じです。


とにかくミッドレングスの性質は波に同調するシングルフィンのフィールが良く合い、気持ちの良いライディングが約束されます。ショートに近い乗り方をされる方にはスタビ付きのシングルフィンもおすすめです。


そんな訳で今回は、ミッドレングスにおすすめのシングルフィンの選び方、セッティングの出し方、などの解説です。


This is an advertisement


ミッドレングス サーフボードがシングルフィンと相性がいい理由


ロングボードに多用されるシングルフィンですが、ゆったりとクルージングをしたり、厚い波でも十分に板を走らせられるミッドレングスにも相性がいいのは容易に想像がつきます。


・波のフェイスを縦に使うのではなく、大きなラインを描くライディングに向いている。


・波の厚いところからテイクオフし、インサイドまでラインを繋ぐような波とシンクロする乗り方に向いている。


・ミッドレングスの特徴である波に合わせるベーシックなサーフィンに向いている。


以上、ミッドレングスのサーフボードがシングルフィンと相性がいい理由を上げてみました。後に説明しますが、スタビ付きでセッティングを出せばショートボードに近いラインを狙うことも出来るのもミッドレングスの良いところです。


シングルフィンの種類と選び方


シングルフィンと一言で言っても、サイズ、形状など色々です。またスタビ付きのシングルフィンもあり選ぶときに迷ってしまいます。一般的に6フィートのボードであれば6インチのフィンを選び、7フィートであれば7インチのフィンと言われています。


しかし個人的な感覚から言えばこれよりもワンサイズ以上大きめのフィンを使った方が好印象でした。特に6フィート代のミッドレングスに6インチ代のフィンだと乗り味がルースな感じでパワーのある波だと不安定感がありました。


8インチ~9インチのフィンを使った方がカチっとしたフィーリングで乗り易いと思います。またフィンの形状によっても乗ったフィーリングに違いがありますのでザックリとではありますが、以下に4タイプのシングルフィンについての特性を説明しておきます。


・オールラウンド

ロングボードなどによく見る、ごくごく一般的な形状のフィンです。サイズは7インチ~9インチのものが多く、安定感、ドライブ性、操作性などがバランスよく纏められたフィンです。

ミッドレングス用シングルフィン


・直進安定性と速いライディング重視

ボードサイズから通常選ぶフィンよりも高いデプスですが、テールに浮力を持たせたボードとの相性が良くスピードに乗った直線的なライディングに的したフィンです。

ミッドレングス用シングルフィン

・クイックなターンも可能にしたデザイン

先の2枚のフィンより立ち気味のデザインのこのフィンは、ミッドレングスにクイックなターンをもたらします。通常のライディングに加え鋭く板を反したいという場合にはこのフィンが有効です。

ミッドレングス用シングルフィン

・ショートに近いライディングを望むならスタビ付

ミッドレングスでショートより速いテイクオフやライディングスピードを手に入れたのに、さらにショート的な動きも捨てられないという欲張りな方にはスタビ付きのシングルフィンをお勧めいたします。センターフィンのサイズは通常より1インチ落として選ぶのがコツです。

ミッドレングス用シングルフィン

シングルフィンの取り付け位置とセッティングの出し方


以下の図にフィンの一般的な取り付け位置を示しましたが、フィンをフィンボックスの上に置いて、テールのラインより1/3程度出る位置が基本の取り付け位置となります。これより前につけると回転性が増し、後ろに付けると直進性が増します。


この辺のフィーリングはサーフボードの形状や浮力などによって部妙に変わってくるので、実際に乗りながら好みのセッティング出しをするのがベターかと思います。動かす幅は経験上2cm~3cmづつ位がよく、それ以下だと殆ど変化がわかりませんでした。


ミッドレングス用シングルフィン

お勧めのシングルフィン

サーフボードのフィンを交換したりレイアウトを変えたりするのに、フィンカップやボックスが複数あってシングルやトライ、クワッドなどと色々試せる構造になっているものを選べば楽しみは膨らみます。また既存のフィンのサイズを変えたりしても乗り味がかわるので楽しいです。ここではそんな交換時にお勧めのシングルフィンを紹介してみました。


TRUE AMES


GEORGE GREENOUGH Design 4A-8.0 SANDED

最も汎用性の高いシングルフィンでありながら高性能なフィン。細くてしなる先端と幅のあるベースにより、伸びるターンと直進安定性を両立させたデザイン。本来はロングボードにデザインされたフィンですが、8インチであれば殆どのサイズのミッドレングスに対応します。サイズと色の展開が多いのも魅力です。


TRUE AMES|トゥルーアムスGEORGE GREENOUGH Designジョージ・グリノー デザイン シングルフィン4A-8.0 SANDED


ミッドレングス用シングルフィンTRUE AMES

CAPTAIN FIN


ALEX KNOST CLASSICT 7.5

カリホルニア発信のキャプテンフィン。ロングボード用のフィンはもちろん、レトロシングルやハル、ミッドレングスまでラインナップは多彩です。7,5~8,5インチはミッドレングスにベストマッチ。幅広いベースが加速するターンを産み、、アップライトなフォルムはマニュービリティに優れています。6フィート代なら7.5インチのこのフィンがおすすめです。


CAPTAIN FIN キャプテンフィン ミッドレングス センターフィン ALEX KNOST CLASSICT 7.5


ミッドレングス用シングルフィンCAPTAIN FIN

True Ames FIN


L-FLEX 8.5 FLEX FINS

Greenough 4Aより薄くシェイプされフレックス性を持たせたL-FLEXはドライブ感の利いたターンが可能です。クラシックなロングボードはもちろん、ミッドレングスや、短めのシングルフィンボードなど幅広く対応するモデルです。6フィート~7フィート代のミッドレングスにお勧めです。


ミッドレングス用シングルフィンTrue Ames FIN

This is an advertisement



パタゴニア

FCS FIN


FCS2 CLIQUE 8" GF FIN

本来はロングボード用にデザインされた8インチ/パフォーマンスフィンですが、短いベース幅と細いティップによりミッドレングスにも十分に対応します。スタビのセンターフィンやパフォーマンスボードで高い真価を発揮します。新システムも取り付け方法により煩わしかったスクリューがありません。押し込んでロックするので水中でセッティンングを出せます。


FCS2 CLIQUE 8" GF FIN / FCSII エフシーエス2


ミッドレングス用シングルフィンTrue Ames FIN

ISLAND FIN DESIGN


CUTAWAY WHITE ALOHA PRINT 7"

ベース幅を更に狭めて、よりクイックな、そして深いピボットターンが味わえるデザインです。ハワイ ノースショア発の老舗フィンブランド。一点づつ拘りのハンドメイドで生産しています。


ISLAND FIN DESIGN HAWAII/アイランドフィンデザイン CUTAWAY ALOHA PRINT WHITE 7.0


ISLAND FIN DESIGN

FUTURES. FIN


HAYDEN SHAEPS 2+1 - 7"

今やFCSに次ぐフィンシステムのパイオニアとして、アメリカ、オーストラリア、日本を中心に飛躍的にシェアを拡大しているfuturesの2+1セットアップです。サイドフィン(スタビ)を付けてよりアグレッシブなラインを選んだり、センターフィンのみでクラシックな乗り方も出来ます。

            

サイドフィン《高さ/約91mm、ベース幅/約99mm》

センターフィン《高さ/約177.8mm、ベース幅/約122mm》


FUTURES. FIN フューチャー フィン HAYDEN SHAEPS 2+1 - 7” ヘイデンシェイプス シングルスタビライザーフィン


ISLAND FIN DESIGN

サイドフィン付きのミッドレングスがどういう動きをするのか河村カイサさんによるインプレッション動画がありますので参考にしてみてください。



ミッドレングス+シングルフィンの乗り方、フィンの選び方、セッティングの仕方


ミッドレングスをシングルフィンで乗る為のスタンス位置、特にバックフット。加速をしたいときのスタンス、とターン時のスタンス。選ぶフィンサイズと取り付け位置、セッティングの出し方などこのページで説明していたこと全てを、市東重明さんが動画で説明してくれています。



ミッドレングスに乗るならシングルフィンがおすすめ! まとめ

ミッドレングスには色々なフィンのレイアウトがあり、それぞれ面白い面があります。ボードセンターにフィンボックスがあれば是非、シングルフィンを試して下さい。シングルフィンはサーフィンの原点であり正確なターンの仕方を教えてくれます。


またシングルフィンはメローで波との同化の仕方も教えてくれます。スラスターなどに乗っていたいた方は最初はちょっと戸惑うかもしれません。ミッドレングス+シングルフィンの乗り方はちょっと面倒臭いところもありますが、乗っているとそれも魅力なのだと思えてきます。


たまにはサイドフィンを付けてアグレッシブなラインを攻めてみると新鮮に感じます。そんな色々な側面を持ったミッドレングス+シングルフィンを是非貴方も楽しんで見てください。必ず、新たなサーフィンの魅力を発見すると思います。


ミッドレングスに関しましては、お勧めボードなど詳しく説明している記事がありますので、こちらもどうぞ。



>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る

This is an advertisement