THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


サーフィンテイクオフ

サーフィン テイクオフの練習「うねり」からをマスターする


前回説明したホワイトウオーターからのテイクオフは上手くいってますか?今回はいよいよホワイトウオーターからのテイクオフは卒業してウネリからのテイクオフです。ではホワイトウオーターのテイクオフとウネリからのテイクオフでは何が違うのでしょう?


ホワイトウオーターからのテイクオフでは波があなたを弾き出してくれたという感覚です。しかしウネリからのテイクオフでは貴方のパドリングの力、自分の力で波に乗るという事です。


しかも、ウネリからのテイクオフは快感で何年経ってもこの瞬間はワクワクします。前回も書き重複しますが「サーフィンで一番好きな瞬間は?」というプロサーファーに対するアンケートでも「テイクオフ」が圧倒的多数でした。


ウネリからのテイクオフはホワイトウオーターでの練習の時のようなボードのふらつきも、頭の両側でゴーッと煩いスープもありません。とてもピュアでクリーンな感覚。それがウネリからのテイクオフです。今回はこのうねりからのテイクオフを成功させるためのコツを順を追って説明してゆきます。


This is an advertisement


海に着いて最初にすることシュミレーション


まず海に着いたら、はやる気持ちを抑え沖を観察しましょう。観察もサーフィンの一環でとても大切です。見るのは今現在入っているサーファーで一番上手そうな人です。観察するのは彼の波を待っている位置、ウネリが入りパドリングを始めるタイミング、テイクオフした時の姿勢、彼から教わることは少なくありません。


彼に自分を重ね合わせて、貴方自身が実際にサーフィンしているかのようにイメージしてみるのがコツです。このシュミレーションは非常に有効で他のスポーツでもイメージトレーニングとして取り入れられています。


彼の体験を貴方の体験として重ね合わせることで、海に入る前にある程度のイメージが固まります。当然のことながら波には乗れる波と乗れない波があり、彼はパドリングを始めた瞬間にその波は乗れると判断しています。


彼が乗れると判断した波の正面の斜面はどの様になっていますか?乗れる波とは波の斜面の斜度がある程度あり崩れるちょっと前の「ウネリ」の状態のはずです。彼はそのウネリのどの位置から乗ろうとしていますか?その辺を重点的に観察しましょう。


実際に海に入り、ウネリにテイクオフしてみましょう


混んでる場所は避け、遠目にでも先ほどの彼が見える位置にポジショニングします。当然入ってくる波のサイズは一定ではないのでテイクオフしようとする波のサイズに合わせて多少沖に出たり、また岸寄りに移動したりと実際にはポジショニングの移動が必要です。


周囲のサーファーが波が入るたびに、どういう動きをしているか、その辺も周りの上手いサーファーの動きが参考になりますので注意深く観察しましょう。


ここで1本の動画を観てみましょう。



この動画ではロングボードを使用していますが動作が分かりやすいので参考になります。自分の前にこんな波が入ってきたら周りに注意して思い切って乗ってみましょう。パドルは早めに開始し加速をつけます。時々後ろを振り返り波の状態を確認して下さい。。


ここ重要です

サーフボードのテール、足を持ち上げられる感覚を感じたら力強く最後のパドリング。この時に重要なのは波の進む方向に素直にパドリングしながら加速することです。波とのタイミングが合えばサーフボードが走り出すはずです。この時に、ためらってはいけません。一気に立ってしまいましょう


ここで立つという表現を使いましたが、重心はかなり低く、中腰という表現の方が近いかもしれません。スタンスは肩幅より若干広め、背筋を伸ばし腰を落としてゆきます。膝が90度近く曲がり、頭は傾けず真っ直ぐ前を見る。どうですか?これがスタンディングの瞬間に最も近い姿勢です。


またスタンディングする時にサーフボードのレールを握ってはいけません。不思議なことに立とうとしても手がレールから離れなくなり、バランスを崩してしまうかタイミングを遅らせてしまいます。手のひらでデッキを押す感覚でスタンディングします。


それと以前も書きましたが手の突く位置はみぞおちの横あたりです。これが前についてしまうと重心がノーズ寄りにかかるのでパーリングするか、立とうとする時に前にする足が出てきません。


スタンディングの時に足が出ないという方は、この手のつく位置を直すことで殆どが改善されますので確認してみましょう。以上これらのことを一瞬のうちに行わなくてはならず頭で考えている暇はなく、体に覚えこませる事が必要ですので自宅で練習するとをお勧めします。



This is an advertisement



パタゴニア

ウネリからのテイクオフには効率良く加速するパドリングが必要


ウネリからのテイクオフは斜面が緩やかな位置からサーフボードを走らせらればスタンディングが楽です。反面、サーフボードが走り易いのは波の斜面が急な方です。


しかし、その時の波の状態は今まさに崩れる寸前のため、瞬時にスタンディングしなければ波のリップとともに落下するか、スタンディングのタイミングを外し腹ばいのまま走ることになるので悩ましいところです。


ここ重要です

波の斜面が緩やかな、ウネリの状態からのテイクオフを成功させる為にはパドリングで十分に加速する必要があります。中上級者のサーファーであれば、ある程度のパドリングのための筋力を身に着けていますので僅かな距離でもテイクオフ可能なスピードまで加速出来ますが。


ですが、初心者のうちはまだまだそのパドル力が足りません。解決策はただ一つ、早めにパドリングをスタートさせるという事です。早めと言っても伝わり難いのですが、自分がテイクオフしたい位置より6mほど手前からパドリングをスタートするという感覚です。


このタイミングは中上級者よりもワンテンポ早く、距離にして1m~2m余分にパドリングで加速をすることになり、テイクオフまでに十分なスピードを得ることが出来ます。また波に対しては垂直にパドリングすることで、波の力を受けやすくウネリからのテイクオフを可能にします。


ですがそのパドリングも毎回、全力でやっていては体力が持ちません。パドリングにもTPOがあり疲れない方法があります。このサイトでもパドリングに関して説明しているページがあります。以下にリンクを貼っておきますので参考にして頂ければ幸いです。


サーフィンはパドリングが基本!疲れず速い最新のパドリングを徹底解説


素早いテイクオフを可能にするショートストロークのパドリング!


サーフィン テイクオフの練習「うねり」から まとめ


サーフィンを始め、ウネリからのテイクオフが出来るようになると世界が変わります。そのポジションから乗れるということは殆どの場合、波のピークから乗ってるということで、その波の優先権は貴方にあります。


つまり貴方だけの波です。そこからボトムターンに入るのも良いし、ブレイクが早ければ横に走りぬけてもいいでしょう。このテイクオフの瞬間から本当のサーフィンが始まります。その瞬間は練習をしていると唐突にお訪れます。


出来てしまえばあっけなく、貴方は不思議に感じるかもしてません。貴方にその瞬間が出来るだけ早く訪れるよう心から応援しています。


>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る

This is an advertisement