THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


もてる女の秘密!男が抗えない魅力を感じる理想の女性になる為に


ちょっとビックリしたのですがこのコーナーを僕の娘も見ていました。いい加減な事は書けないな~ということで今回は女性に向けての記事になります。


男はよく魅力的な女性、理想的な女性ということを口にしますが実は男自身もそれがどういう事なのか曖昧なまま口にしている場合が殆どです。



ここで言う「魅力的で惹かれる」とはスタイルが良いとか、色っぽいとか、ましてや男にとっての「都合のいい女」という意味ではありません。


もっと深い部分で男の遺伝子に組み込まれている部分を直撃して、本能的に惹かれてしまうものを持っている理想の女性のことです。



ということで、今回は男が抗えない魅力をもった女性になるためにです。


This is an advertisement

男が遺伝子レベルで魅力を感じる もてる女性


それはなにか?というと「自分以外のもの、命、ことに関して深い愛情を持って接することの出来る。」ということです。


男は女性のそういう部分に触れると無条件で魅力を感じます。そこにはルックスがどうとか、年齢がどうとか、ということは関係なく魅力を感じてしまいます。


「自分以外のもの、命、ことに関して深い愛情を持って接することの出来る。」が理想の女性とするなら、それに向かって努力をしている人を「いい女、魅力的な女性」と言うことが出来ます。


女性の貴方が目指す「理想の女性」は間違いなくここです。



けっして世の男どもが話している性的な部分の理想の女、ルックス的な部分の惹かれる女、ではありません。



ここの部分を間違うと理想の女性から大きく外れてしまいます。


たとえば、貴方に大好きな男性が居たとして、あまりに好き過ぎて彼の趣向的に合う「理想のいい女」を目指しちゃっていませんか?


これを機会にそこの「理想、魅力」というころの本質をちょっと考え直してみましょう。



実は男はこの「自分以外のもの、命、ことに関して深い愛情を持って接することの出来る女性」を具体的な言葉に出来なくても探しています。



男はそこに向かって努力をしている貴方に魅力を感じ、デキる女、理想の女性、を感じてしまいます。


それは難しことではありません。例えば女性が美しい花やペットに愛情を注いでいる姿。


赤ちゃんをだっこしている姿は深い愛情、包容力を感じて惹かれてしまいます。


これが自然に出来ている女性のことです。



男が魅力を感じない女性


では逆に男が深い部分で魅力を感じ得ない女性も居ます。



わたしはどう見られてるかしら?どうしたら可愛く見られるかしら?どうしたらイイ男が寄ってくるかしら?など


自分のことばかりの女性を男は深い部分で尊敬をすることが出来ません。



まぁ男はどうしようもない生き物で、そういう女性でもルックスが良ければチヤホヤして「あわよくば」という下心をもって接することの出来る生き物です。


ですがその男性の1番になることは絶対にありません。





僕もスタイルが良くて、可愛くて、色っぽいひとは好きなので、多少性格に難ありでもフラフラっと行ってしまいがちですが..


そうではなく、もっと深い部分でこのひとには敵わないな、こういう人は自分の生涯をかけて大切にしたいなと思える女性。



つまり女性の持っている細やかな愛情、慈しみ、優しさ、包容力みたいなものを周りに分け隔てなく与えられる女性です。



episode

ここで一つの残念なエピソードをお話ししたいとます。知り合いの女性が友人を連れてスノーボードに行った時のこと。その知り合いはスノーボードは上級レベル、連れて行ってもらう子はその日が初めてとのことでした。


経験者ならお分かりと思いますが、初めての場合はスキー場に行っても初心者コースを3回も滑れるかどうかと言う感じなので僕ならローカルゲレンデに連れてゆきます。チケットも安くコースも初心者向きなので教えやすいし、何とか楽しめるでしょう。


しかし僕の知り合いが引率して向かったのは中上級者コースばかりのリゾートゲレンデでした。案の定、その初めての子は6000円近いチケットを買って、中級者コースを半日かけて1回降りてくるのに精一杯で、その日は終了したそうです。ちなみに知り合いの子はシーズン券を持っていたので1円もその日はかかっていません。

          

僕がその知り合いの女性に「なんで初級者コースの多いローカルゲレンデに引率していかなかったの?初めてならそっちの方が負担も少なく楽しめたのに。」と尋ねたところ。「そんなショボイところせっかくの休みに私は行きたくないもん!」でした。


この返事を聞いて、あーその始めての子は教えてもらう事もなく放置されてたんだな..ということも容易に想像がつきました。僕の知り合いの子は自分のことだけを考え、その他に愛情や思いやりを向けることが出来ない人なんだなと僕は感じてしまいました。


このエピソードでは二人の関係性やパワーバランスも当然あったでしょうが、思いやりのある行動とは言えません。男は女性のこういう行動をけっこう観察しています。



男の本性


男は色々と偉そうなことを言います。基本的にはそういう事を言いたいんです。ですが本来はどうしようも無い生き物です。


意思が弱い、軟弱で弱虫で寂しがりや、1分に1度はエッチなコトを考える。


でもそういう部分を受け止めて欲しいという、甘く身勝手な部分を持った生き物です。



なので、そういうものを、大きく男というものを受け止めてくれる、包容力を持ったひとにとても魅力を感じ惹かれてしまいます。



ちょっと読むとまるで「聖母マリア」のようなひとを連想してしまいますが、もし貴方がこの要素を身に着けているとしたら、貴方は悪魔にもなれます。


「自分以外のもの、命、ことに関して深い愛情を持って接することの出来る女性」で、悪魔...怖いですね。


他の事に愛情を注げる女性は、我がままなんて言っちゃいけないようにように感じますが、そうではありません。



魅力的な女性の横顔には常に悪魔が潜んでいるものです。少し怒らせるくらいの我がままを言われるのは男は嫌いではありません。





以前に僕もそういう魅力的なひとと付き合ったことがありましたが、本当に聖母マリアと悪魔が同居しているような女性でした。



この人の中に居る女性というものには男の自分はどんなことをしても敵わないな...


と思う反面「この部分はちょっと譲れないな。」という所は男は誰しも持っていて、そこを侵されると頭にくる事があります。



その女性とは何度かそういう事があって話し合ったのですがそのときに彼女が言ったのは



「そこの部分も含めて私を好きになって。」でした。その時、僕は不覚にも「確かに!」と思ってしまいました。



この女性の基本的な部分の女に惹かれていると男はこんな風に感じてしまいます。


そうして男はこういうシュチエイションが嫌いではありません。なので貴方は、たまに我がままを言うことは何の問題もありませんし、自分の我を出してかまいません。


もし、このことが理解出来ない男がいたら、そいつは貴方には相応しくありません。


物事の本質が分からない、つまらない男ですのでとっとと見切りをつけましょう。


This is an advertisement

輸入車の魅力と もてる女性の魅力


ここでちょっと、たとえ話をしてみますが、輸入車は日本車に比べ電気系統やミッションなどの故障が多く修理代も高額です。


僕の友人達の中にも輸入車のファンは大勢いて、ベンツやBMW、VW、ルノーなんかのオーナーもいますが、皆一様に言うのは故障が多いでした。


ゴルフに乗っている友人なんかはミッションが2度も壊れ泣いていました。


ルノーに乗っている友人は「ルノーの寿命は10万キロだな。」と吐き捨てるよういに言っていました。


ではなぜ彼らはそんな思いまでして輸入車に乗っているのでしょう。彼らに訊いても国産車に乗り換えるつもりはないと言います。


そこのところは何となく国産車に乗ってる僕にも理解出来るのですが、彼らの乗っている車はみんなチャーミングなんです。





何とも言えない男心をくすぐる魅力があります。


その前には多少燃費が悪かろうが、故障をしようが、税金が高かろうが、たいした問題ではなくなってしまいます。


根本的な女の魅力を兼ね備えている理想的な女性はこんな感じに似ています。



たとえ、我がままを言って、男を怒らせても基本的な部分で女性としての魅力を持ったひとには男は抗えません。



その魅力とは何度も書きますが「自分以外のもの、命、こと、に関して深い愛情を持って接することの出来る女性」ということです。


そうしてこれに向かっている女性にも男は惹かれてしまい「理想の女」を感じてします。



もてる女の秘密!男が抗えない魅力を感じる理想の女性 まとめ。


いままで男の立場で理想の女性について好き勝手書いてきましたが、これは僕の趣向ではなく殆どの男が魅力を感じる女性像です。


男自身ですらこのことに気が付いていない人もいます。


俺の理想はDカップで背が高くて....なのになんでこの女に惹かれるんだろう?


という話は男同士の会話でもたまに出ますが、頭で考える女性の趣向と、深い部分で求めている女性像はイコールでないことが殆どなのです。


なので貴方は男が自分の好みの女の理想像をどう言おうと目指すところはそこではありません。



「自分以外のもの、命、ことに関して深い愛情を持って接することの出来る女性。」



では実際にそんな理想の女性は居るのか? と訊かれると正直なところめったに居ません。


なので男は仕方なく趣向的な部分で女性を選んでしまうのです。


では貴方はこの理想像の女性に完璧にならなけらばいけないのか?というとそうでもありません。



そこを目標として少しでも近ずこうと努力している女性も同じような魅力を持っています。



男は本能的にそこに反応してしまい惹かれて、魅力的な女を感じてしまうのです。


それは遺伝子に組み込まれた部分を直撃してしまうのでどうしようもありません。


なのでこれを知ってしまった貴方はきっと男が抗えない魅力を持った、理想的で素敵な女性になれることを保障します。


This is an advertisement