THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


北海道のサーフポイント ムエン浜

サーフィン.ムエン浜 9月9日

台風10号崩れの熱帯低気圧は大陸方面にゆきましたが、それに伴う南西風で日本海に波がたちました。ここの海岸線は北西を向いているのですがウネリが強いため石狩湾の奥に位置するここのポイントにも零れ波が届きました。サイズは最大でも波高0.7mほどでしたが周期は7s~8sあり立派な低気圧からくる波で胸ほどのファンウエーブとなりました。水温もかなり高くトランクスにラッシュで入いれるほどでした。


今回の台風10号も、前回の9号とほぼ同じコースで日本海を北上して大陸に抜けるという例年には無いコースでした。以前は太平洋を北上して北海道の東に抜けというのが普通でしたが最近はこのコースが多く見受けられしかも大型化するパターンが多いと思います。この10号も九州に接近しながら発達し一時期は920hpという信じられないような強力な台風となり各地に被害をもたらしながら北上してきました。


9号の時は利尻島に居てその波の巨大さに驚きましたが、10号の利尻のポイントはさらに強烈で完全クローズとなり、サーフ不可だったそうです。話を戻してここのポイントは以前はよく訪れたのですが、アプローチする道路が悪く、下手をすると車を壊しかねないので暫く足が遠のいていましたが、今回久しぶりにやってきました。ちなみに昨日より辻堂から友人が来道していて昨日は太平洋(日高方面)今日は日本海と波を追いかけての事ですが、今回も悪路にエアロを擦ってしまいました。




GPV波浪予想
GPV風予想
天気図

離れていく低気圧からのウネリです。

風は弱そうです。

天気は低気圧の影響はあまり受けていません。


■ 石狩湾新港 有義波実況 9月9日経時変化グラフからの波浪データ

台風10号の通過後に吹いた南西風によるウネリからこぼれた北西の波です。波高は0.7mほどですが波長が長く胸ほどの波となりました。体感的には午前中から午後にかけてセットの波のサイズが上がったように感じられました。事実、翌日も日本海には波が残りサーフ可能な状況でした。

石狩港新港 有義波実況 経時変化グラフ

サーフィン用耳栓イヤースーツ

[ EAR SUITS ] イヤースーツ 音が聞こえる耳栓 水上スポーツのために開発された耳栓

ゴムのプロフェッショナル「宮川ゴム工業所」が監修し、水上スポーツのために開発された耳栓です。通常ゴムは劣化しやすい素材ですが、塩水でも紫外線でも劣化しにくい素材を使用、さらにサーフィン中に流して無くさない為の長めのリーシュコードを採用しています。首に一周まいて留め具で締めておけば、水上で激しく動き回っても無くすことはありませんし、耳栓が邪魔なときは外して首にぶら下げておく事も可能です。


詳細→ [ EAR SUITS ] イヤースーツ 音が聞こえる耳栓 水上スポーツのために開発された耳栓



北海道のサーフポイント ムエン浜
北海道のサーフポイント ムエン浜
北海道のサーフポイント ムエン浜
北海道のサーフポイント ムエン浜

This is an advertisement


パタゴニア
北海道のサーフポイント ムエン浜
北海道のサーフポイント ムエン浜
北海道のサーフポイント ムエン浜
北海道のサーフポイント ムエン浜