THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


サーフィンテイクオフ

サーフィンで横に走るためには斜めテイクオフの練習が超最短!


テイクオフが出来るようになると次の目標は波のフェイスを横に走ることなります。これが出来ると乗れる距離が圧倒的に伸びるのと、本当の意味でのサーフィンの楽しさが見えてきます。


今回はそんな「テイクオフ中級編 斜めテイクオフ」です。これは通常、波の進行方向に対して同方向にパドルしてテイクオフするところを若干斜めにテイクオフしてしまうというテクニックでそのままライディングを続ければ波のフェイスを横に走ることに繋がります。


また、このテイクオフは波が小さい時は斜面をそれだけ長く使えたり、波が掘れていて通常のテイクオフではパーリングしてしまいそうにな場合に有効です。またピークはすでにブレイクしていて自分がショルダーよりにいる場合にも役立つテクニックですので是非モノにしてください。


斜めテイクオフが出来れば楽に横に走れる


通常、波のフェイスを横に走るには、真っ直ぐに波を滑り降りて深いボトムターンからフェイスにレールをセット。波のブレイクに合わせ横に走ってゆく。これが理想ですが、まだちょっと難しいという貴方におすすめの斜めテイクオフの説明です。やり方は波のタイプにより2種類あります。


・波が厚くブレイクがゆっくりしている場合

波が厚くパワーが無い場合は通常どうりのテイクオフをし、スタンディングの前にサーフボードを体重移動で走りたい方向に向けてからスタンディングするという方法です。


スタンディング後はゆっくりとボトムに降り、浅いボトムターンで波のフェイスにサーフボードのレールを合わせます。この時に波から離れすぎると失速してしまうので、上手く波のフェイスで波の力を受け続けるとそのまま横に走ってゆけます。


イメージ的には以下の動画のような感じです。使っているのはゆったりした動きのロングボードですが、波の厚い所からテイクオフして横に走っていく様子が分かりやすいです。





・比較的掘れた波で力がありブレイクが速い場合

この場合は、波に対して若干斜めにパドリングを始めます。レギュラーの波でしたらブレイクしてゆく方向に向かいパドリングしてゆきます。ポイントはこの時に意識し過ぎて角度をつけ過ぎないということです。


この斜めテイクオフの性質上角度をつければ、つけるほどテイクオフは遅くなり波に乗り遅れやすくなりますので、力のある波の方がテイクオフはし易くなります。サーフボードが走りだせばそのままスタンディング。


フェイスから離れすぎないということに注意するのは先ほどと同じです、波にパワーがあればスピードも得やすいのでそのまま横に走ってゆけるはずです。


This is an advertisement


サーフィンで横に走る為には視線が大事

サーフィンにおいてテイクオフの瞬間は自分が行きたい方向、つまりレギュラーなら波のショルダー方向に視線を向けます。この行きたい方向に視線を向けるという事が波のフェイスを横に走る場合にとても重要なポイントです。


ここ大事です

まず自分の行きたい所を見る。テイクオフしてレギュラーに行きたければスタンディングの最中には視線は右に送られていなければいけません。このときに足元が気になって下を見ていると、サーフボードはレギュラー方向には行かず真下に行こうとします。


結果不本意なパーリングか、体はレギュラー方向に傾いているのにサーフボードは真っ直ぐ進みウェイプアウトしてしまいます。真っ直ぐに波を降りるときも視線は行きたい方向に向けます。波の大きさにもよりますが、視線はだいたい10mほど前方に送るといいでしょう。


サッカーでもボールはパスを送りたい相手を見て蹴ります。野球でもボールはチャッチさせたい選手を見て投げます。車も行きたい方向を見て運転します。サーフィンも同じです。サーフィンを始めたばかりの方で、出来ていない事の1つに行きたい方向に視線を送るということがあります。 


それであなたは、より早い段階で横に走れるようになります。中上級者のサーファーを観察してみましょう。彼らはパドリングを始めた段階でどちらに走るかを決めています。スタンディングの瞬間には視線はしっかり進行方向を捉えています。視線は大切です。


今まで真っ直ぐにしかテイクオフ出来なかった方は波を滑りおりてフラットな部分に出てしまい失速。ということを繰り返していたと思いますが、この行きたい方向に視線を送って斜めテイクオフを試して下さい。


波の斜面を有効に使ったロングライディングが可能になり、これこそがサーフィンとあなたは感じるでしょう。


サーフィンテイクオフ

ハイスピードで波のフェイスを走り抜ける アップス&ダウンに挑戦。


横に走ることに成功したらアップス&ダウンに挑戦してみましょう。このテクニックは波のブレイクが早いセクションをぬける場合やトップでアクションを入れるためにスピードを得るために必ず必要になりますので、じっくり練習しましょう。


ここ大事です

簡単に言うと走りながら波側のレールに体重をかけると板はフェイスの上に上がり、逆のレール側に体重をかけると板はフェイスの下におりてゆきます。これを繰り返すことによりサーフボードは加速してゆきます。このテクニックを成功させるコツは手の動きを先行させるということです。


波の上に上がる時は腕を上げ、下がる時は腕を下げる。腕の動きを先行させることにより、サーフボードに確実に体重移動が伝わりやすくなります。この時のサーフボードの加速のしかた、サーフボードから伝わってくる感覚、その辺を感じながら何度も練習して下さい。


上級者はこの辺の動作を無意識に行い、足裏の感覚を元に身体を動かしています。ここまでゆけば波乗りの楽しさをかなり体感していただけることと思いますし、貴方はすでに中級者の仲間入りです。


ただいつも斜めテイクオフばかりではなく慣れたら真っ直ぐに下りてボトムターンから横に走る練習もして下さいね。真っ直ぐに下りて深いボトムターンから加速する方法は大きな波に有効ですし、サーフィンの根本的なカッコ良さがあります。



This is an advertisement



パタゴニア

上級編斜めテイクオフ 速い波(掘れた波)にもアプローチしてみる


斜めテイクオフに慣れてくると、今までテイクオフが出来なかった速い波も乗ることが出来るようになります。ファーストブレイクがダンパー並みに速いが、その後綺麗にレギュラーやグフィー方向に割れていく波はよく見ます。


「テイクオフさえ出来ればのれるのになー」と今まで指をくわえて見ていた波のも、この斜めテイクオフは有効ですので是非練習して下さい。波のトップが崩れ落ちそうな速い波の場合は、さらに角度をつけた状態でテイクオフをすれば、いち早く横へ走ることができます。


ただしこのテイクオフは、一瞬で立ち上がる瞬発力と、すぐにボトムターンで横へ抜けるための体勢が必要になる上級者テクニックといえます。速い波(掘れた波)のテイクオフで特に意識して欲しいのはパドリングの段階で、よく胸を反らし前後の重心に敏感になるということです。


掘れた波の場合、早くテイクオフするために前方向に体重をかけがちですが、波の変化に対応するため多少後方にも重心を残すということです。これで不意のパーリングも防げますし、胸を反らす体勢はいち早くスタンディングする動作にも繋がります。


速い波(掘れた波)のテイクオフのタイミングは一瞬だということを忘れずに覚えいてください。このテイクオフが完璧になるとチューブになる波にも乗ることが出来るようになり、サーフィンのレベルが何段階も上がります。


サーフィンで横に走るためには斜めテイクオフの練習が超最短 まとめ


波のフェイスを横に走る為の、斜めテイクオフの説明をかいつまんでさせて頂きましたが、いかがでしたか?次回に海に行ったおりには是非、練習してみて下さい。


これらの事が無意識に出来て、何も考えずに体が反応する日が近いうちに訪れます。そこまで行けば貴方はもうサーフィン上級者の仲間入りです。


>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る

This is an advertisement