THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


サーフィンテイクオフ

サーフィン テイクオフの練習はホワイトウオーターから


サーフィンはテイクオフが目標ではなく、それが出来るようになって初めてスタートします。しかしそのテイクオフが最初のうちは難しい。でも安心して下さい。コツと練習の仕方さえわかれば驚くほど早くテイクオフをマスターできます。


基本的にテイクオフとは波に乗ることなので立とうが腹ばいだろうが波に乗ってしまえばテイクオフした。という事になります。ですが、ここでは自分のパドルリングで波に乗りスタンディングまでしたという所を目標にします。


ホワイトウオーターでサーフボードが走る感覚をつかむ


まず最初は足のとどく水深でホワイトウオーターからのテイクオフの練習を始めましょう。ホワイトウオーターとは波が崩れて泡状となり押し寄せてくる波のことです。この練習については、周りの友人達もそう言いますし、サーフィンのノウハウ本にもそう書いています。


ホワイトウオーターの練習ではサーフボードが水面を走る感覚を体験してください。最初のうちは筋力が足りず、自分のパドルで波に乗るのは無理です。ホワイトウオーターにはじかれて、その力を利用して水面を走る感覚を体験して下さい。


This is an advertisement


スタンディングの手のつく位置、足の位置、姿勢、意識する


サーフボードが走る感覚を掴めたらスタンディングの練習に入ります。この時に手のつく位置、足の位置、姿勢は重要です。


・スタンディング時の手のつく位置はみぞおちの横


手の突く位置はみぞおちの横位の位置にくるように意識しましょう。スタンディングの時に足が出ない、パーリングしがち、という方は手の突く位置が前にずれている場合がほとんどです。


・サーフボードのレールは握らない


テイクオフのときにレールを握ると、体が力んでしまい、手を離すタイミングが取りずらいため、立つ動作がワンテンポ遅れてしまいます。レールは握らず手の平でデッキを押す感覚でスタンディングしましょう。


・スタンディングの正しい姿勢


スタンディングといっても重心はかなり低く、棒立ちになってはいけません。スタンスは肩幅より若干広め、背筋を伸ばし腰を落としてゆきます。膝が90度近く曲がり、頭は傾けず真っ直ぐ前を見る。


どうですか?これがサーフィンのスタンディングの瞬間にもっとも近い姿勢です。立ち上がるというよりは、中腰に近い感覚です。棒立ちになってしまうと波の変化に対して柔軟に対応することが難しくなり、ワイプアウトしやすくなってしまいます。


スープ波でこの辺の所を意識しスタンディング出来るようになるまで繰り返し反復練習をしましょう。この練習は自宅でも出来ますので海に行く前に体に覚え込ませておけば、かなりの効果を期待出来ます。


サーフボードに乗る位置を確認する


テイクオフの練習に重要な事がもうひとつあります。それは自分がサーフボードの正確な位置に乗っているかという事です。この正確な位置に乗るというのがサーフィンにおいて非常に!重要です。


・サーフボードは水面と平行の時が最も滑り出しやすい

初心者の方に多いのは後に乗りすぎてノーズが水面から高々と上がってしまっているのをよく見かけます。これでは水の抵抗が大きく、ホワイトウオーターに押されてテイクオフが出来ても、自身のパドリングでのテイクオフは出来ません。


これは、サーフボードが水面と並行になっていない為に水の抵抗が大きく、パドリングでのスピードが得られないからです。サーフボードに腹ばいになってパドリングした時に若干ノーズが浮き上がるはずです。


この浮き上がる量が水面から約5cm位の位置に乗りましょう。これがパドリングした時に一番スピードの出る位置です。最初は「えっ!こんなに前に乗るの?それにバランスがかなり悪い!」そう感じるはずです。ですがこれがサーフボードに腹ばいで乗る正しい位置なのです。


This is an advertisement



パタゴニア

テイクオフに必要なスピードを得るパドリングの練習


次にパドリングのお話ですが、これにもちょっとしたコツがあります。あなたはサーフボードのレールに沿ってパドリングしていませんか?サーフボードはノーズに向かってラウンドしているため、レールに沿ってパドリングしていると、ハの字のような感じで水を掻いてしまいます。


ここ重要です

これでは効率の良いパドリングとは言えずスピードは得られません。感覚的には僅かに逆ハの字のような感じで水中に手を入れ、掻くときは肘を曲げて体の下(サーフボードの下)の水を後ろに押し出すような感じでパドリングしてみましょう。


一番力を入れるのは体の真下から後ろにかけて掻くときです。これで、あなたのパドリングのスピードはかなり速くなります。これを心がけてホワイトウオーターでテイクオフしてみましょう。ホワイトウオーターに押された時に板が体からずれることが少なくなるはずです。


それはスープに弾かれてテイクオフしているのではなく、あなた自身のパドリングの力も加わってテイクオフしているからなのです。この自身の力でサーフボードが滑りだす感覚を覚えましょう。


次にパドリングを始めるタイミングについてお話したいと思います。パドリングを始めるタイミングが遅いと、どんなに効率のいいパドリングをしてもテイクオフに必要なスピードを得られません。


ウネリが自分の所に到達する約5m手前、いや6m手前からパドリングをスタートしてみましょう。あなたが思うタイミングよりワンテンポ早くパドリングを始めてみましょう。必ずサーフボードは走りだします。


テイクオフに有効なパドリングに関しましては、このサイトでも詳しく説明していますので参考にして頂ければ幸いです。


サーフィンはパドリングが基本!疲れず速い最新のパドリングを徹底解説


素早いテイクオフを可能にするショートストロークのパドリング!


サーフィン テイクオフの動作が分かり易い動画


ここで1本の動画を見てみましょう。ロングボードテイクオフの説明していますが、波の見方、パドリングの仕方、手のつく位置、足の場所などとても分かりやすいのでお勧めです。



スタンディング時の足の位置の決め方と 自宅練習の仕方


サーフボードに立つ位置は後ろ足は3枚のフィンの中心の上にくるようにしましょう。前足はそこから肩幅よりちょっと広めの位置です。さらに両足はストリンガー(板の中心)の上にくるようにしなければいけません。


「でも最初はそんな余裕は無い!」というのが正直な所だと思います。大丈夫、僕もそうでした。これを克服するのには自宅練習が効果的です。実際のテイクオフの場面で正直に言うとスタンスなんか確認する余裕はありません。


出来るようになるまで体に覚えこませる。というのが一番の近道です。それとデッキパッドも役にたちます。テールだけにでも張っておけばスタンディングした時に足の位置が踏んだ感覚で分かります。


自宅で練習する場合は畳のへりなど直線がある所でするとストリンガーに見立てることが出来ます。胸を反りパドリングの体制から入りましょう。手をつく位置はみぞおちの横です。上体を持ち上げ、前になる足を出し一気にスタンディングしましょう。


文章に起こすと長いですが時間的には1秒以内でこの動作を行なわなければいけません。海に行ってサーフィンをした時だけの練習では中々習得するのに時間がかかってしまいます。自宅練習は有効ですので是非行ってください。実際に海に行った時にかなりの違いが出ます。


サーフィン テイクオフの練習はホワイトウオーターから まとめ


サーフィンを始めたばかりの頃はテイクオフが難しく、ゴールは遥か彼方に思えることでしょう。でもここで説明したとうりに練習していれば、その日は突然に訪れます。そうしてテイクオフが出来る事など日常のサーフィンの中では当たりまえになってゆきます。


貴方の今の興味の対象は鋭いリッピングかスムーズなラウンドハウスカットバックかもしれません。もしかしたら誰もが驚愕するようなビッグウエイブに乗る事かもしれません。サーフィンの上達していく過程はこんな感じです。


なので今現在、テイクオフに苦戦している貴方が居ても何の心配も要りません。テイクオフは通過点でしかなくゴールはさらにその向こうにあり、貴方はそこに向かっているのです。


>>Surf to youに戻る

>>SURFに戻る

This is an advertisement