THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


サーフィンテイクオフ

テイクオフのバリエーション「斜めテイクオフ」をマスターする。


前回説明したウネリからのテイクオフは上手くいってますか?

サーフィンの場合、乗ろうとする波は常に同じとは限りません。大きな波、小さな波、厚い波、ホレた波。

それぞれの波に合わせたテイクオフを覚えれば乗れる波のバリエーションが広がりサーフィンのレベルも上がります。

今回はその中でも早い波、ホレた波に有効な「テイクオフ中級編 斜めテイクオフ」です。


これは通常、波の進行方向に対して同方向にパドルしてテイクオフするところを若干斜めにテイクオフしてしまうというテクニックです。

波が小さい時は斜面をそれだけ長く使えたり、波がホレていて通常のテイクオフではパーリングしてしまいそうにな場合に有効です。

またピークはすでにブレイクしていて自分がショルダーよりにいる場合にも役立つテクニックですので是非モノにしてください。

なぜこれを波乗りを始めたあなたに覚えることを勧めるかというと。テイクオフの次は横に走ることが目標になります。

真っ直ぐに波をすべりおりて深いボトムターンからフェイスにレールをセット。これが理想ですが


まずナナメに波をすべりおりて浅いボトムターンからそのまま横に走ることを覚えましょう。

何回か練習するうちに必ず横に走れるようになります。ただそれには基本のテイクオフが完璧に出来ることが条件となります。

テイクオフ基本編に関しましては以下のページを参照して下さい。

サーフィン上達のためにテイクオフをマスターする(ホワイトウオーター編)

サーフィン上達のために「ウネリ」からのテイクオフをマスターする。


やり方は通常のテイクオフとほとんど変わりません。ただ波に対して若干ナナメにパドルを始めるということです

レギュラーの波でしたらブレイクしてゆく方向に向かいパドルしてゆきます。ポイントはこの時に意識し過ぎて角度をつけ過ぎないということです。このナナメテイクオフの性質上角度をつければつけるほどテイクオフは遅くなり波に乗り遅れます。

余裕がある場合は通常のテイクオフをしてスタンディングする前に板をナナメにするという方法もあります。

ここで1本の動画を観てみましょう。斜めテイクオフのイメージがつかめると思います。



サーフィンにおいて視線は大事

板が滑りだす瞬間は自分が行きたい方向、つまりレギュラーなら波のショルダー方向に視線を向けます。

この行きたい方向に視線を向けるという事がとても重要なポイントです。他のスポーツでもそうですが全ての動きは視線が先行します。

まず自分の行きたい所を見る。テイクオフしてレギュラーに行きたければスタンディングの最中には視線は右に送られていなければいけません。このときに足元が気になって下を見ているとサーフボードはレギュラー方向には行かず真下に行こうとします。

結果不本意なパーリングか、体はレギュラー方向に傾いているのにサーフボードは真っ直ぐ進みウェイプアウトというということになります。真っ直ぐに波を降りるときも視線は行きたい方向に向けます。波の大きさにもよりますが視線はだいたい10mほど前方に送るといいでしょう。


サッカーでもボールはパスを送りたい相手を見て蹴ります。野球でもボールはチャッチさせたい選手を見て投げます。車も行きたい方向を見て運転します。可愛い子がいたらしっかり彼女の目を見ます。サーフィンも同じです。

サーフィンを始めたばかりの方で出来ていない事の1つに、この行きたい方向に視線を送るということがあります。波を捕まえてテイクオフ!何とかスタンディングに成功! でも・・ここまでしかイメージしていないので次にどうしていいか分からず視線が泳いでウェイプアウト。これはとてももったいないです。


テイクオフの瞬間には行きたい方向を見る癖をつけてください。それであなたは、より早い段階で横に走れるようになるでしょう。

中上級者のサーファーを観察してみましょう。彼らはパドルを始めた段階でどちらに走るかすでに決めています。

スタンディングの時には視線はしっかり進行方向を捉えています。視線は大切です。

次に海に行った時にはこの行きたい方向に視線を送るということを是非意識してみましょう。


それを踏まえて、スタンディングするときに若干右に体重をかけて行ってみましょう。それで自然にサーフボードは斜めに滑りだします。それでいとも簡単に斜めテイクオフの完了です。あとはそのまま横に走るだけです。

今まで真っ直ぐにしかテイクオフ出来なかった方は波を滑りおりてフラットな部分に出てしまいそこで失速。

ということを繰り返していたと思いますが、これで波の斜面を有効に使ったロングライディングが可能になります。


サーフィンテイクオフ


アップス&ダウンに挑戦。

斜めテイクオフに成功したらアップス&ダウンに挑戦してみましょう。このテクニックは波のブレイクが早いセクションをぬける場合やトップでアクションを入れるためにスピードを得るために必ず必要になりますのでじっくり練習しましょう。

簡単に言うと走りながら波側のレールに体重をかけると板はフェイスの上に上がり、逆のレール側に体重をかけると板はフェイスの下におりてゆきます。これを繰り返すことによりサーフボードは加速してゆきます。


このテクニックを成功させるコツは手の動きを先行させると良いでしょう。波の上に上がる時は腕を上げ、下がる時は腕を下げる。

腕の動きを先行させることによりサーフボードに確実に体重移動が伝わりやすくなります。この時のサーフボードの加速のしかた、

サーフボードから伝わってくる感覚、その辺を感じながら何度も練習して下さい。上級者はこの辺の動作を無意識に行い、足裏の感覚を元に身体を動かしています。

ここまでゆけば波乗りの楽しさをかなり体感していただけることと思いますし、貴方はすでに中級者の仲間入りです。


サーフィンテイクオフ


ただいつもン斜めテイクオフばかりではなく慣れたら真っ直ぐに下りてボトムターンから横に走る練習もして下さいね。

真っ直ぐに下りて深いボトムターンから加速する快感もぜひ体感して下さい。ただこれらの動作を余裕を持って行うためには完成されたテイクオフが必要です。テイクオフの動作に余裕が無ければ次の動作に移る余裕が生ませません。

パドリングのスピード、乗ろうとする波のフェイスの状態、スタンディング時の手のつく位置、スタンスの幅、

これらの事に常に気を配って下さい。これらの事が無意識に出来て何も考えずに体が反応する日が近いうちに訪れます。

そこまで行けばもう上級者の仲間入りは近いでしょう。

Sponserd Links