THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


サーフィンテイクオフ

サーフィン テイクオフ/ホワイトウオーターからのテイクオフをマスターする。


サーフィン最初の関門テイクオフ 難しいですか? 大丈夫 これを読めば必ずうまくいきます。

今回はホワイトウオーターからのテイクオフを説明してゆきます。

気が付いたらサーフィンを始め、30年以上になりました。初めて海に行ったときの感想は・・

「サーフィンってこんなにハードで難しいの!?」でした。


今思い起こすとコンディションはオンショアの頭サイズくらい。スープも厚く、普通に巻かれでばかりの悲惨なのもでした。

でも板が走りだす、あの快感が忘れられず翌日にはけっこう無理して全て買い揃えました。

「サーフィンで一番好きな瞬間は?」の質問で多くのプロサーファーも「テイクオフ」という回答が圧倒的多数です。

でもこのテイクオフが最初のうちは難しく、自分は本当にこのサーフボードというモノの上に立てる日が来るのだろうか?

としばしば思いました。


しかもサーフィンはテイクオフが目標ではなく、それが出来るようになって初めてスタートします。

でも安心してください。コツさえわかれば驚くほど簡単にテイクオフをマスターできます。

基本的にテイクオフとは波に乗ることなので立とうが腹ばいだろうが波に乗ってしまえばテイクオフした。ということになります。

ですが、ここでは自分のパドルでウネリから乗り、スタンディングすることをテイクオフとします。


海に入る前にはルールのことやその他もろもろ知らなくてはいけない事もありますが、それは色々なノウハウ本や雑誌などで紹介されていますのでそちらで勉強して下さい。今回はテイクオフのみに絞ってお話させていただきます。

まずあなたは最初は足のとどく水深でホワイトウオーターからテイクオフの練習をするはずです。まわりの友人達もそう言いますし、ノウハウ本にもそう書いています。


ではいつまでホワイトウオーターで練習したらよいのでしょう?立てるようになるまで?いいえ!初日の2時間だけにして下さい!

その日のコンディションにもよりますが波が大きすぎて危険だったりカレントが強くてすぐに流されたりしない以外は、出来るだけ沖のウネリから乗る練習をしましょう。

いつまでもホワイトウオーターで練習していると、ほとんどパドル力がつきません。テイクオフしているといっても、それは自分のパドル力ではなくホワイトウオーターに押されて板が飛び出しているという方が適切なのです。


沖に出るという行為でゲッティングの技術や波を見る目、波待ちの姿勢、そして一番重要なパドル力が付きます。

そしてここではっきり言います!テイクオフをものにするために今、一番あなたに必要なのはパドル力を付けること!

といっても過言ではありません。厳密に言えば波の良い位置からのテイクオフにはさほどのパドル力は必要としませんが、

サーフィンでは海に入っている時の90%は常にパドルしています。ゲッティングのためのパドル、ポジションキープのためのパドル、

テイクオフのためのパドル、などなど。


1ラウンド2時間としてこの間ずーっとパドルが出来るくらいの体力は必要です。

その体力が無ければ夢のテイクオフは本当に夢で終わってしまいますし危険とも言えます。

でも心配しないで下さい。その体力はやってるうちに自然に身に付きますし、今は偉そうな顔をしている上級者も始めた当初は苦労してきました。


ホワイトウオーターに乗ってみよう

まずホワイトウオーターでの練習についてですが、これは板が水面を走り出す感覚をつかむためにするものと割り切ってください。

そしてこの時に重要なことがひとつあります。

それは自分が板のどこに乗っているかということです。この乗る位置というのが非常に!非常に!重要です。

大切なことなのでもう一度書きます「乗ってる位置は非常に重要です!」

サーフボードは水面と平行のときがいちばん滑り出しやすいのですが、初心者の方の多くは後にのりすぎてノーズが

水面から高々とあがっています。これではホワイトウオーターに押されてテイクオフが出来てもパドルからのテイクオフはできません。

なぜかと言うと、この位置に乗っていてはパドリングでのスピードが得られないからです。


ではどの位置に乗ればいいのでしょう?板に腹ばいになってパドルしたとき若干、ノーズが浮き上がるはずです。

この浮き上がる量が水面から約5cm~10cm位の位置に乗りましょう。これがパドルした時に一番スピードの出る位置です。

(ショートボードやファンボードを例にしてお話しています。)

最初は「えっ!こんなに前に乗るの?それにバランスがかなり悪い!」そう感じるはずです

ためしに周りの上級者を見てみましょう。みんなこの位置に乗っているはずです。


パドリングを確認してみる

次にパドリングのお話ですが、これにもちょっとしたコツがあります。あなたはサーフボードのレールに沿ってパドルしていませんか?

サーフボードはノーズに向かってラウンドしているため、レールに沿ってパドルしているハの字のような感じで水をかいてしまいます。

これでは効率の良いパドルとは言えずスピードは得られません。

感覚的には逆ハの字のような感じで出来るだけ遠くに手を入れ、掻くときは肘を曲げて体の下(ボードの下)の水を後ろに押し出すような感じでパドルしてみましょう。このサイトでも「パドリング」に関しては詳しく説明していますので参考にして下さい。


一番力を入れるのは体の真下から後ろにかけて掻くときです。これで、あなたのパドリングのスピードはかなり速くなります。

さらにこれが疲れないパドルのし方なのです。さて、これを心がけてスープでテイクオフしてみましょう。

スープに押されたときに板が体からずれることが少なくなるはずです。それはスープに弾かれてテイクオフしているのではなく

あなた自身のパドルの力でテイクオフしているからなのです。

しばらくはスタンディングせずに、この板が滑り出す感覚を覚えましょう。と言いたいところですが、

この「上達のためのテイクオフ」をものにする為には、すぐにスタンディングの練習に入ることが必要です。


スタンディングの手のつく位置、足の位置、姿勢、が分かれば完璧

スタンディング時に手の突く位置は非常に重要です。みぞおちの横位の位置に手を突くように意識しましょう

スタンディングの時に足が出ない、パーリングしがち、という方はの手の突く位置が前にずれている場合がほとんどです。

試しに自宅で手のつく位置を確認してみましょう。みぞおちより前に手をつくと立てないはずです。


スタンディングといっても重心はかなり低く、棒立ちになってはいけません。

スタンスは肩幅より若干広め、背筋を伸ばし腰を落としてゆきます。膝が90度近く曲がり、頭は傾けず真っ直ぐ前を見る。

どうですか?これがスタンディングの瞬間にもっとも近い姿勢です。

ここで1本の動画を見てみましょう。ロングボードで説明していますがとても分かりやすいのでお勧めです。



板に乗る位置は後ろ足は3枚のフィンの中心の上にくるようにしましょう。前足はそこから肩幅よりちょっと広めの位置です。

さらに両足はストリンガー(板の中心)の上にくるようにしなければいけません。

でも最初そんな余裕は無い!というのが正直なところだと思います。大丈夫、僕もそうでした。

これを克服するのには自宅練習が効果的です。実際のテイクオフの場面でいちいちスタンスなんか確認する余裕はありません。

出来るようになるまで体に覚えこませる。というのが一番の近道です。それとデッキパッドも役にたちます。

テールだけにでも張っておけばスタンディングしたときに足の位置が見なくても感覚でわかります。


自宅で練習する場合は畳のへりなど直線があるところでするとストリンガーに見立てることが出来ます。

胸を反りパドリングの体制から入りましょう。手をつく位置はみぞおちの横です。上体を持ち上げ、

前になる足を出し一気にスタンディングしましょう。文章に起こすと長いですが時間的には1秒以内でこの動作を行なわなければいけません。

海に行った時だけでは中々習得するのに時間がかかってしまいます。自宅練習は有効ですので是非行ってください。

実際に海に行ったときにかなりの違いが出るのを実感できるかと思います。


最後にパドルを始めるタイミングについてお話したいと思います。パドルを始めるタイミングが遅いとどんなに効率のいい

パドルをしてもテイクオフに必要なスピードを得られません。上級者が2回~3回のパドルでテイクオフしていく場面は忘れて下さい。

あれには芸術的ともいえる絶妙のタイミングが必要で、とても初心者が出来るテイクオフではありません。

通常のテイクオフを初心者と上級者を見比べるとパドルが完璧であるはずの上級者の方がパドルを始めるタイミングが早いことに気が付くはずです。彼らはテイクオフに必要なスピードを得るためには一定の時間、距離が必要なのをよく知っています。

あなたが思うタイミングよりワンテンポ早くパドルを始めてみましょう。必ず成功するはずです。

今回はスープ波のテイクオフについて説明しましたが、次はウネリからのテイクオフをご覧下さい。


アマゾンでサーフィン系のDVDを調べる。