THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou



Surfdiary


北海道のサーフポイント

11月18日サーフィン/日本海

今日も波が残りそうだったので昨日と同じポイントです。ウネリの方向は若干北にシフトしますがサイズは落ちてゆきます。ただ有りがたいのは気温が8度で昨日の4度に比べるとかなり温かです。風は終日南西でオフの予報なので波が残っていれば良いコンディションのはず。ポイントに着いてみるとサイズはやはり落ちていました。SUPとロングが入っていたので彼らが上がるまで多少のウエイティングの後に入りました。波は腰ほどですが貸切で形が良いのでそれなりに楽しめました。 → 続き


北海道のサーフポイント石狩

11月17日サーフィン/日本海

夜半から上がりだした西ウネリは石狩の観測ポイントで波高1.6m 周期5sまで上がりました。ここまで上がれば、こぼれて来る北ウネリでも十分に波乗りが出来ます。当然、石狩方面は西風がモロに入るので風裏となるポイント狙いです。今朝は気温が下り3度ほどしかありませんので、ちょっとでも気温が上がる遅めの9時に出発。風が北西から9時過ぎには西北西に変わるのでそこを狙う意味もあります。 → 続き


北海道のサーフポイント石狩

11月11日サーフィン/浜厚真

今日は日本海狙いでした。南西のウネリが大きくなり風も入って石狩方面はクローズ、風裏となる余市方面に回りこんできたコボレ波を狙うという計画でしたが、朝の石狩の観測ポイントでは波高1.02mで風も入ってクローズとなりましたが、このサイズでは余市方面に波は来ません。せめて波高は1.6mは欲しいところ。ただ昼に向かいサイズは上がり傾向。どこかで出来るかも・・・・考えるのが面倒になりライブカメラで見た厚真の天気が良かったのでこちらに来ました → 続き


北海道のサーフポイント石狩

11月4日サーフィン/石狩 ポイント難民

昨日の夜半から上がった南西ウネリは朝には波高9.9m 周期6.6sほど残っていましたがこれは一番迷うサイズです。波高は1.5mほどあれば今日は風の心配の無い塩谷、余市方面のポイントを目指すのですが、このサイズではそちらは波がありません。かといって石狩方面は場所によっては波のサイズは頭半ほどあるところもあるでしょう。加えて昼前位から風が入る気もします。ネットのピンポイント予報では終日風は2mほどとなっていますが。GPVの風予報を見る限りあまり安心できませ → 続き


北海道のサーフポイント毘砂別

11月3日サーフィン/毘砂別

南西ウネリが本格的にサイズが上がるのは昼過ぎからですが、ちょっと早めの8時30分に出発。朝のナウファスでは石狩の観測ポイントで波高0.45m このサイズでは厚田、望来あたりでは恐らく波は無いでしょう。道時間の留萌の観測点では波高1.0m 周期6.0s でサイズは上がり傾向なので毘砂別もサイズは上がるでしょう。案の定、昼ほどから何とか遊べるほどまでに波は上がりましたが思っていたほどまではサイズUPしませんでした。 → 続き


北海道のサーフポイント日本海

10月28日サーフィン/日本海

北海道の北西にある2つの低気圧から発生する南西の波ですが、当然のように強い西風も伴います。前日の夜にはナウファスで石狩の観測ポイントでは西北西の波、波高1.4で周期6.6sですが強い西風が付いていて28日は風裏となる余市方面を予定していました。翌朝、石狩の観測ポイント、波高0.99 周期6sまで下がりこれでは余市方面は波がありません。念のため風予報を調べたら石狩方面は終日弱いサイドとなっていましたので、迷わずいつものポイントに来たのですが.... → 続き


北海道のサーフポイント毘砂別

10月20日サーフィン/毘砂別

早朝、石狩の観測ポイントでhは南西のウネリ波高は0.45m、周期5s、留萌の観測ポイントでは南西のウネリ波高は0.75m、周期5s。これは非常に悩む気象データです。留萌まで行けば確実に波はありますが毘砂別ではビミョウです。フラットということは無いにしろ膝~腿ということもあり、ノーサーフの可能性もあります。ただ海岸線の向きはほぼ留萌に近いので、うまくすると腹~胸という事もあります。まあ、行ってみなければわからないというレベルで来てみましたが、波は腰~腹でそこそこ遊べました。 → 続き


北海道のサーフポイント日本海

10月13日サーフィン/日本海

早朝、石狩の観測ポイントでhは北北西のウネリ波高は1.4m、周期6sでしたが急速に下る予報です。もって午前中かなという感じですがAM7:00まではオンが入っていたので余裕をもってAM8:00に到着。風弱く、波は胸~ほどでした。入っている間にもサイズはどんどん下り腹ほどで落ち着き、たまに入るセットが胸というコンディション。写真はサイズが下ったので僕が先に上がり写したものです。 → 続き


北海道のサーフポイント太平洋

10月8日サーフィン/浜厚真

震災後、初めての浜厚真です。いつもの顔ぶれに会って安心しました。何となく日本海もありそうでしたが朝のライブカメラの映像を見て厚真に来ました。台風が抜けた後で天気も回復し波は腰~腹、風が無いので形がよく楽しめそうそうです。水温がこの時期としては例年より温かく感じましたがどうなんでしょう。ブーツは必要ありませんでした。予報では終日、風は無風に近いはずでしたが昼過ぎにはオンが入り終了。サイズは小ぶりでしたが良い波でした。→ 続き


北海道のサーフポイント太平洋

9月29日サーフィン/太平洋

夜半まで上がり続けた波のサイズは朝にかけ急激に下り久しぶりにホームポイントのひとつに向かいました。今日は午前中は風も弱く干潮も昼近くなのでゆっくりと楽しめそうです。震災後久しぶりに来たこのポイントは知ってる顔も多く嬉しくなりました。サイズは腰~腹、グーフィーが良いブレイクをしていました。セット間隔は長いながらもたまに胸ほどの波も入ります。人口密度も低くリラックスしたサーフィンが楽しめました。→ 続き


北海道のサーフポイント日本海

9月15日サーフィン/太平洋

当初日本海に向かいはずでしたが夜半まで上がり続けた波のサイズは朝にかけ急激に下り急遽太平洋に向かいました。ですが苫小牧港の観測ポイントでは南東の波でサイズは0.5mほどで良いコンディションンともいえませんが風も弱く場所を選べば楽しめそうです。久しぶりに来たこの河口のポイントサイズは腰~腹、グーフィーが良いブレイクをしていました。セット間隔は長いながらもたまに胸ほどの波も入ります。→ 続き


北海道のサーフポイント日本海

8月23日サーフィン/日本海

前日から発生したこの時期としては珍しい北ウネリはまる2日間もちました。ナウファス石狩の観測ポイントでは波高1.03mながら波長が8sという日本海ではめったにみない周期です。通常この周期は太平洋でも低気圧などから送られてくるウネリの周期です。つまり波高が1mそこそこでもこの周期だと波のサイズは軽く頭オーバーとなります。ということで今日は塩谷でビーチクリーンがあるので近くのポイントブレイクでやりました→ 続き


北海道のサーフポイント毘砂別

8月23日サーフィン/毘砂別

前日より発生したビミョウな南西ウネリ。昨晩には留萌の観測ポイントでは波高1.02 周期4.5で風波っぽい感じですが、何とか遊べそうな気がしてやってきました。途中のポイントもチェックしましたがウネリは入っているものの波がブレイクするほどではありませんでした。暫く雨が続いていたので気温が高く天気が良ければ多少波が悪くても気分が上がります。→ 続き


北海道のサーフポイント浜厚真

8月19日サーフィン/日本海

昨日夜半から吹き出した南西の風、それによるウネリが発達して北向きの海岸線にも回りこんでくるのを狙い遅めの出発が当たりました。早朝はブレイクしていなかったここのポイントも胸ほどの波がブレイクしています。波はこの後、夕方までサイズが上がり続けます。たまにギョッとするような頭超えのセットも入りますが風もオフで良い波です。3時間ほど入ってお腹が空いたので「マウイの丘」にパスタを食べに行きました→ 続き


北海道のサーフポイント浜厚真

8月18日サーフィン/浜厚真

昨日は大雪山系黒岳で初冠雪したとかで、これは観測歴上一番早い雪だとか。8月なのに9月中旬のような寒さです。それに海水も冷たい。今日は日本海も波がありそうで、かなり悩みましたが風が気になって結局「浜厚真」に来てしまいました。波は腿~腰ですが形が良いので何とか遊べそうです。2時間ほど入って11時近くに上がりいつもの京城館(けいじょうかん)でジンギスカン。→ 続き


北海道のサーフポイント余市

8月4日サーフィン/日本海

何ともビミョウーな北ウネリ。北海道の北東に居る低気圧からの北風による風波です。早い時間は風も若干入っていて面もざわついた波でしたが予報どうり9時過ぎからは整いだしました。ただ日本海の常なのですが風がおさまると波のサイズも急速に落ちます。ここは河口のポイントで僅かなウネリにも敏感に反応するので昼過ぎまで波がもちました。この写真はサーフィンを終えた後に撮ったものでサイズがかなり落ちてからですが、それでもまだまだ遊べそうです。→ 続き


北海道のサーフポイント毘砂別

7月28日 SUPツアーに行ってきました。

知り合いがK&M Sup GarageというSUPのガイドを立ち上げたので、娘を連れて行ってきました。コースは塩谷~桃内までですがこの海岸線は海からしか見れないので新鮮でした。最初は基本的なレクチャーをしてもらい練習の後に出かけます。インフレータブルのボードで浮力があるので舐めてましたが2回も海に落ちてしまいました。特に波を受けたときにバランスを崩します。でもそれも楽しめました。天気は最高、空の色と海の色が凄かった!海を渡る風、潮の香り、波乗りとは違うスローな時間が最高でした。→ 続き


北海道のサーフポイント毘砂別

7月21日 サーフィン/日本海 毘砂別

前日より発生したビミョウな南西ウネリ。昼には留萌の観測ポイントでは波高0.72 周期4.5で風波っぽい感じですが夕方には何とか遊べそうです。午前中は強いオフの予報だったので午後から出かけてみました。到着時にはサイズは腰ほどの波でしたが1時間後にはセットで肩位まで上がりましたが同時に風も入って面が悪くなってしまいました。それでも3時間ほどは遊べ満足です。それにしても今年は悪天候が続いたせいか水温があまり上がっていません。3mm/2mmのフルスーツで丁度良い水温です。→ 続き


北海道のサーフポイント太平洋

7月12日 サーフィン/太平洋

苫小牧港の測定ポイントでは波高0.5mですが周期が8.4sと昨日よりかなり下がってしまいました。ですが引きが昼位なのでちょっとだけ遠出しました。支笏湖線をぬけ緑のトンネルを通って太平洋へ。途中のポイントも波が良かったので期待しながら目的の場所へ。ん?ちょっとヨレてる?さきほどのポイントに戻ろうとしたら日本語の上手いガイジンが「ココデ ハイロウ ドウヤコカラキタ。」というので一緒に入ることに....ちょっと風が入ってましたが、干潮ピークにはサイズも胸位まで上がって結果的に楽しかった。→ 続き


北海道のサーフポイント浜厚真

7月12日 サーフィン/浜厚真

苫小牧港の測定ポイントでは波高0.6mですが周期が9sあるためセットで肩としっかりとしたサイズがあります。着いた時は無風に近く良い波でしたが1時間ほどで微妙なオンが入り形が 崩れ乗りにくい波になってしまいました。予報では昼位までは風はもつはずだったのに残念。シカに移動するとサイズは無いものの風の影響はあまりありません。波はセットで腰~ですがまぁ何とか遊べる形です。それにしても今年は天候不順で水温も上がりません。厚真ではグローブが欲しくなるほど冷たくブーツは勿論着けました。→ 続き


北海道のサーフポイント浜厚真

7月8日 サーフィン/浜厚真

昨日からの南西ウネリが無くなるまえにちょっとは遊ばせてもらおうと浜厚真です。それに天気が良く風も昼までは何とかもちそうです。でも明日には南に下がっていた梅雨前線が北上してくるので天気が崩れます。しかし今年は水温が上がらない。昨日はドライを着てた人も居たとか。それを聞いて今日はブーツとグローブを着けて海に入りました。案の定水温は例年の7月のものではなくかなり低いです。波は腰...風は弱オン。でも実際に入るとけっこう楽しくて3時間も入ってました。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

6月24日 サーフィン/日本海

昨日からの西ウネリが無くなるまえにキャッチしようということで走ってきました。石狩より北も波はあるはずですがAM7:00位から5m以上の風が入る予報です。太平洋も考えましたが近郊の浜厚真も風が入ります。道東まで走れば何とかなりそうですが、6月に入り積丹のウニ漁が解禁となり何とかウニ丼も食べたい。ちょっとした賭けでしたが、ここは波も若干残っていそうでしかもGPVの風予報を見るかぎり風はなぜか弱そうです。着いてみると形はあまり良くありませんが腹ほどのセットも入り、選べば遊べそうです。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

6月15日 サーフィン/日本海

この海に下る道のロケーション好きなんですよね。新海監督の映画「秒速5センチメートル」の種子島のシーンで同じような道が出てたっけ。電信柱は道路の左だったかも。昨日からの強い風もおさまり、波が無くなる前に遊ぼうという計画です。波はあまり良くなかったけど天気も良かったし貸切だったのでまー良かったということで。日差しは暖かだけど水温はかなり低いです。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

6月2日 サーフィン/日本海

南西風に伴うウネリが発生していますが午後から急にサイズUPの予感です。なのでちょっと遅めの10時に出発し各ポイントをチェックしながら移動しますが、思ってた以上にサイズが上がっていました。波はブレイクしているのに他のサーファーは居ません。1時間ほど1人でくるくる回していましたが予想どうりにサイズが上がり頭ほどのウネリも入ってくるようになりました。そのうちに待ち合わせしていた友人達が到着。日が傾くまで楽しむことが出来ました。→ 続き


北海道太平洋のサーフポイント

5月20日 サーフィン/太平洋

今日は早い時間から風が入りだす予報だったため夜明けからのサーフィンです。札幌をAM2:30に出発しAM4:00にポイント到着。他には誰も居なく一番乗りでした。北海道の東海上を移動している低気圧は996hpながら強い東からのウネリを発生させています。昨日の時点で苫小牧港の観測地点では東のウネリ1.2m、周期10mと波高はそうでもありませんが周期は台風並でした。→ 続き


北海道日本海のサーフィン 毘砂別

5月12日 サーフィン/日本海

今日は迷いました。昨日からチェックしていた南西からの波。留萌11日の夜の段階では波高1.6mで頭オーバーのサイズがありましたが、朝までに1mまで下がりそこからさらに下がり続けます、サーフィンが出来る波は残るかな?厚真は安定して約0.6mほどですが、その後の風が気になる予報が出ていました。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

5月6日 サーフィン/日本海

昨日は西風が強く時化ていた海も明け方から風がおさまり波も整うはず....と思って来ましたがサイズも急速に落ちていました。狙っていたポイントはすでに厚くなっていてサイズも下がりサーフィン出来ません。場所を移動して入りましたが形が良いので波が無くなるまでの3時間を何とか遊ぶことが出来ました。それにしても今日は気温が低い!海に入った時間は気温6度で峠は雪が降ったとか。→ 続き


北海道浜厚真サーフポイント

4月22日 サーフィン/浜厚真

昨日は日本海が南西ウネリで波があり今日は北ウネリに変わり期待していましたが風も入りサーフ不可です。ということで今シーズン初めての太平洋でのサーフィンです。風も良く波もかなり良さそうに見えましたが実際に入ってみるとちょっと難しくてなかなか波を捉えられません。厚めに入ってきて割れそうで割れない。割れる時は早くて抜けれない。でも上手い人はちゃんと乗ってるんんですけどね~。シーズン最初にこういう波はニガテです。それにドライスーツを通して伝わってくる水温はかなり低く爪先がシビレました。→ 続き


北海道日本海のサーフポイント

4月12日 サーフィン/日本海

天気がよく波もそれなりなので今日はサーフィンです。朝から強かった南西ウネリは昼過ぎから少しづつ西にシフトしてゆき、風は午後3時位から北西のオンに変わって しまいます。なのでそれまでの間にサクッと1ラウンド。波は腹~と思っていましたが実際にアウトに出てみると頭ほどのセットも入ってきます。シーズン1回目にはちょっとこのサイズはキツイ!嫌なセットをかわしつつ乗りやすそうなのを選んで手を出していましたが、あまり乗れません。→ 続き


北海道日本海のサーフィン

11月5日 サーフィン/風裏を探し日本海

西高東低の冬型の気圧配置が強まり、石狩湾新港では波高1.48mで波高5.4s 風波の域は出てはいませんが強い西風を避ければ ちょっとは楽しめそうな波。風裏を探せばサイズは当然落ちますが、形優先ということでサイズは腿~腰、SUPだとけっこう遊べるんですけどね~ 上がってからは気温6度のなか外でBBQ。寒かったけど旨かった。前回の波乗りのときに違和感のあった左肩が本格的に傷みだしパドルも 出来ない程になり後日、病院に行きましたがドクターストップがかかり今シーズンのサーフィンは終了してしまいました。→ 続き


北海道太平洋のサーフィン

10月27日 サーフィン/南東ウネリを追いかけ太平洋

苫小牧港での波高0.34mという悲劇的な状況ながら、周期は9.2s、干潮時を狙えば何とかなるかも?ということで今日は南東ウネリを追いかけ、ちょっと西へ。 干潮前後には腰ほどの波がセットで胸ほどまで上がりました。あまり期待せずに行ったので我を忘れ4時間近く入っていて 背中がバキバキ。腕も上がりません。台風の被害で通行止めだった錦岡線も今朝開通。支笏湖の紅葉も綺麗でしたよ。後に腕の上がらない感覚が後に痛みに変わりサーフィンするのに厄介なことになりました。→続き