THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


夏至とは


この記事を書いているのは3月の初旬ですが、北海道は冬の間は陽が短く16時を過ぎると暗くなっていました。

3月のこの時期になると随分と陽が長くなったなと感じます。ということで年間で一番陽が長くなる夏至(げし)について

調べてみました。夏至は単純にいうと1年で一番陽が長いということが出来ます。正午の影が一年で最も短くなる日でもあり

言い方を変えると日の出が年間で1番早く、日の入りが年間で1番遅い日です。つまり1日の中で太陽が1番高くなるときの高さが

年間で最も高くなる日ということなのですが、ではその原因は何なのでしょう?


■ 日の出、日の入りからみる日照時間

先ほど「1日の中で太陽が1番高くなるときの高さが年間で最も高くなる日」ということを書きましたが

日の出から始まって年間で1番高い位置を通って日が沈むということで、日の出から日の入りまでに時間がかかります。

つまりこれが陽が長くなる原因といえます。

下の図を見て下さい。

この時期は太陽は北に近い東から登って昼には1番高い場所を通過し、北に近い西に沈みます。

1番低い導線の冬至と比べるとその日照時間の違いが何となくイメージがつきます。

ちなみに1年で一番昼が短い冬至(とうじ)では日の出~日の入りの時間も夏至とはかなり違います。

2019年の夏至は6月21日となり札幌、東京、那覇の日の出、日の入りは以下のようになります。


・札幌 日の出3:55 日の入り19:17

・東京 日の出4:25 日の入り19:00

・那覇 日の出5:37 日の入り19:25


これが1年で1番陽が短い冬至、2019は12月22日になると以下のようになります。


・札幌 日の出7:03 日の入り16:03

・東京 日の出6:47 日の入り16:32

・那覇 日の出7:13 日の入り17:43


全国で3都市のデータですが夏至と冬至では日の出、日の入りにかなりの違いがあるのが分かります。

ではこのような違いがなぜ起きるのか調べてみました。


■ 夏至と冬至の起きる原因

これは一言で言うと地球の自転軸の傾きが原因です。地球は自転軸を傾けたまま太陽のまわりを回っているので

夏の間は、傾いた自転軸の北半球側が太陽の方向を向いています。逆に冬になると、自転軸の南半球側が

太陽の方向に向くのです。


上の図によると日本の位置では夏至の太陽光線は地平に対して78.4度の角度であるのに対して

冬至では31.6度となります。これはそのまま太陽の日の出から日の入りまでの導線となり、夏至では高い位置を通り

冬至では低い位置を通るので日照時間の違いとなります。ちなみにこの自転軸のため北極圏に位置するラップランドで

は5月の終わりから8月の初めにかけて、太陽が沈まない白夜が続きます。


■ 日照が長くなるのに年間で一番暑くならないのはなぜ?

そこで1つの疑問が生まれます。日照時間が年間で一番長くなる夏至がなぜ一番暑くならないのはなぜだろうということです。

これは日本の場合、梅雨の時期と重なっている場合が多く、実はそれほど気温が上がらないということがあります。

しかし、北海道のように例え夏至の時期に梅雨がなくても、この時期に年間最の高気温を記録すこともありません。

これは日射時間の長さによる気温上昇は少し遅れてくることによります。日々の最高気温も、太陽が一番高くなる正午ではなく、

それからちょっと遅れた午後2時ごろとなります。


気温が上がる要因は日射だけではなく、地表の温度とそれにより温めたれる大気の温度によるところが大きくなります。

まず、太陽の日射によって地表が温められます。それが大気を温めるので、そこに時間差が生じてしまいます。

毎日の「最高気温」のズレは2時間ほどで、季節的なズレでは1ヶ月半ほどです。

そのため暑いという時期が少しずれるのです。


■ 海外の面白い夏至の風習

ちょっと国内のことも調べてみましたが、国内では冬至のように特にこれを食べるとかという事は夏至には少なく

決まった風習も見当たりませんでした。夏至の行事食としてはタコや半夏生餅(小麦餅)などが紹介されていることもありますが、

これは夏至から11日目にある雑節の行事食といった方が正確と言えます。夏至の日に特別な行事食が存在しないのは、

田植えなどの農作業に忙しい時期で行事食を作る余裕が無かったという説もあります。


海外に目を移すとヨーロッパではキリスト教以前から各地で夏至の祝祭が行なわれていたようです。

日照時間が短い北欧圏では太陽に感謝する色々な行事も行われていました。「ボーンファイヤー」と言われた

動物の骨を焼き燃え方によって占いが行われたり、夏至の日を堺に力が弱まっていく太陽に力を与えるため

焚き火をする風習が「聖ヨハネの火」に繋がっていったとも言われています。


またヨーロッパでは夏至は愛の日とも考えられ、愛を確かめ合ったり今後の恋愛を占ったりする日でもあります。

スウェーデンでは未婚の女性が7本の花を拾って枕の下に入れておくと将来の夫が夢に現れる。という言い伝えがあったり

夏至の夜に交差点に立っていると未来の夫と巡り会える。という夢のある話もありました。夏至の真夜中に咲く

赤いシダの花を摘むと夫婦円満の願掛けになったりするという言い伝えもありあます。


どちらにしても夏至は春から夏に季節が進む入り口で、良い季節の始まりということで毎年楽しみにしています。

スポンサーリンク