THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


サーフィン最新のパドリング

速いテイクオフを可能にするショートストロークのパドリングはあなたのサーフィンを変える。


以前に「疲れず速い最新のパドリングをマスターする!」という記事の中でパドリングにはゲッティングのためのパドリング、テイクオフのためのパドリング、ポジションキープのためのパドリング、などがありパドリングにもその場面に合わせたやり方がありことをお伝えしてきました。今回はその中でも速くテイクオフをするためにだけに行うパドリングに絞った内容でお伝えしてゆきます。


テイクオフが速くなると、その後のボトムターンなどの動作に余裕が生まれます。余裕のあるボトムターンはアクションに必要不可な十分なスピードを得ることが出来、リップアクションやカットバックにも余裕が生まれます。このように速いテイクオフはその後のライディングを劇的に変えてしまいます。では速いテイクオフを手に入れるにはどうしたら良いのでしょう?勿論、波を見る目や、ポジショニングなども関係はありますが、波に乗り遅れない早いパドリングが大きな要素と言えます。


僕達はパドリングとは、「出来るだけ遠くに手を入れ、出来るだけ後方まで大きくかききる。」と教えられてきましたし、サーフィンのハウツー本にもそのように書かれていました。ですがこの様なロングストロークのパドリングを改めて検証してみると、加速に時間がかかり目の前で急に掘れてくるような波には間に合いません。またこのロングストロークのパドリングの動作を分析してみると手は遠くに入れていますが実際に力を入れて水をかくのは肩の横あたりからです。


であれば最初から肘が伸び切らない程度の位置からショートストロークで水をかいても同じと言え、実際にこのパドリングをやってみると加速が速いことに気が付きます。ショートストロークのパドリングと聞くと、何となくビギナーがパシャパシャ水をかいているイメージですが、動画を撮ってロングストローク、ショートストロークそれぞれのパドリングを見比べて見ましたが良く見ないと違いが判らないほどでした。しかしテイクオフは明らかに早くなり乗れる波の数が増えたのを実感します。



■ サーフボードの正しい位置に乗る

前回の記事との重複になりますが、重要なことですのでもう一度確認のために書いておきますが中上級者の方は読み飛ばして頂いてかまいません。どんなに速いパドリングをしても、このサーフボードの正しい位置に乗るという基本動作が出来ていなければ、パドリングで良い加速、スピードを得ることは出来ません。加えて乗る姿勢も大切ですので是非、もう一度確認してみてください。


サーフボードは水面と平行な状態が水の抵抗を受けづらく、スピードが得やすい状態です。その為にまず左右のバランスですが、ストリンガー(サーフボードの中心線)が体の左右の中心にくるように乗ります。次に前後のバランスですが、サーフィンを始められたばかりの方は後ろに乗りすぎでノーズが高く水面から上がってる方をよく見ます。これではサーフボードの後ろが深く沈み、水の抵抗を大きく受けるため効率のいい加速は出来ません。正しい位置はパドリングをしたときにノーズが水面から5cmほど上がる状態の位置になりす。


初心者の方がこの位置に初めて乗った感想は...非常にバランスを取りづらいと感じるはずです。パドリングをしても体は左右に振れ、波を乗り越えるたびにサーフボードから体がずれ、サーフィンどころではない。そんなふうに感じるかもしれません。そんな時は脚をわずかに開いてみましょう。ちょっと安定するはずです。その姿勢では開いた脚が水の抵抗となってしまいますが、不安定な状態でパドリングするよりも、多少の水の抵抗があっても安定した姿勢での正しいパドリングを覚える方を今は優先しましょう。慣れれば脚を閉じた状態でもちゃんとパドリング出来るようになります。


胸はちゃんと反っていますか?そのときの重心はおへそにあります。あばら骨の下両側と骨盤の両側の4点と太股が密着した状態で胸を反ると自然に重心はおへそになります。このおへそ重心を意識することでパドリング時のバランスもかなり安定します。慣れるとバランスの微調整は太股で出来るようになります。足の裏は上を向けましょう。これがサーフィンのパドリングの正しい姿勢です。


This is an advertisement



パタゴニア

■ 海面には小指から入れ肘を引き寄せる

長時間パドリングをしていて肘や肩が痛くなるという方はこの手の型をやってみて下さい。続けると肘や肩の痛みが和らぎます。まず水面には空手の手刀のように小指から入れ水中で自然に手のひらを広げ肘を引き寄せるようにしてサーフボードの下の水をかくようにします。テイクオフ時のショートストローク、移動時のミドルストロークの時も同様にします。あくまでもポイントは小指から入水させるです。


これは僕が通っていた整骨院の先生に教わった方法です。僕は以前は手のひらを水平に海面に入れたり、ある時は親指から入れたりみたいなパドリングをしていました。2時間ほどサーフィンをしていると肘や肩が痛くなり、非常に辛かったのを覚えています。整骨院に行った折に、このことを話したら難しい説明をされましたが、どうやら僕は骨格的に無理のある動き(パドリング)をしていたようで、パドリングは小指から入水で肘を引き寄せるように水をかく。という方法を教わりました。


この時に腕だけを動かすのではなく腕と肩全体を動かすことを意識してみましょう。力を入れて水をかくタイミングは体の下から後ろにかけてです。手を水から抜くのは肘から抜くようにすると疲れにくいのも覚えておいて下さい。実はこのパドリングの方法は今回のショートストロークのパドリングと相性が抜群です。しかも疲れにくい!是非、次に海に行った折には試してみて下さい。


今回の動画も前回と同じものですが今回注目するのはショートストロークのパドリングです。波がある程度近づいてきてから乗ると判断した場合はほぼ、このショートストロークのパドリングをしています。小指から入水こそしていませんが、ショートストロークの早いパドリングは早いテイクオフを可能にしているのがよくわかります。結果、ライディングにも余裕が生まれます。自分自身の体感的にはスピードも得やすいような気もしています。


加えて余裕があれば、前回のおさらいとして「胸の反らし方、腕と肩全体でのパドリングの仕方、腕は肘から先に水からぬく」というところも注目してください。テイクオフのイメージを作るのにも最適な動画ですので繰り返し見ることをお勧めします。



■ サーフィンはスピードが命

これはサーフィンだけでなく、スノーボードやスケートすべてに共通する重要なキーポイントです。スピードがあるからこそ不可能なトリックをを可能とすることが出来ます。サーフィンにおいて加速を得る上で必要不可欠なのがアップスダウンなどですが、実はそこに至る最初のテイクオフに余裕がなければテイクオフの次の動作ボトムターンでスピードを得ることが出来ず、速いセクションで加速するアップスダウンも波の良いポジションで行うことが出来ません。サーフィンはスピードが命...言い換えれば「サーフィンはテイクオフの速さが命」という事が出来ます。


ここまで読み進めて頂けた方はお分かりかと思いますが、安定した速いテイクオフがその後のライディングのスピードを左右してしまいます。上級者であればレイトなテイクオフからでも体制を立て直しハイスピードのライディングに入ることも可能ですが多くの一般サーファーはそうも行きません。そこで余裕のあるライディングに入るためには早いテイクオフからが近道になります。ショートストロークのパドリングはそのための大きな要素です。是非、自分のものにして下さい。あなたのライディングが劇的に変わることをお約束します。


■ まとめ

今でも勘違いされていますが、パドリングの仕方は?と訊くと「出来るだけ遠くに手をいれ、出来るだけ後ろまでかききること。」と答えるサーフィン中上級者がいます。これは30年前に言われていたことで、現在は「手は前に出ているけれど、それは準備段階で実際には肩の横から後方にゆっくり手が伸びきったところまでがパドリングのストローク。」というのが新しいパドリングの動きです。これは走る動作を考えてみるとよく分かります。走る場合、足は前に出ますが実際に地面を蹴るのは体の真下から後方にかけてです。


今回はこれを更に進め、最初からショートストロークでパドリングをしてしまう。というお話でした。実際にやってみるとロングストロークで2回パドルする間に3回パドル出来るという感覚で加速が速く、結果テイクオフも早くなります。ビギナーの方であれば動作が小さくなるのでバランスを崩しにくくなるかもしれません。以来、テイクオフ時に限ってはこのショートストロークのパドリングを実施しています。小指から入水で肘を引き寄せるという動作も試してみてください。これが意外と疲れませんのでお勧めです。勿論、ライディングにも余裕が生まれます。