THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


mac

ザックは荷の次


ここ数年は夏山というか紅葉の時期が多いのですが雪の無い時期の山も登っています。

30代前半に日高の山や夏の大雪、十勝山系など登っていましたが、それをやってるとまったく波乗りに行けません。

そんなんで40代以降は夏は波乗り、冬はバックカントリーで山に入るというルーティンを繰り返していました。

でも波の悪い時やちょっと気分転換をしたい時など山も良いかなということでまた始めました。


当時の道具はもう残っていなかったので、また靴などを買い揃えなければいけなかったのですが

ほとんどの道具は冬のものを流用できます。一番重要なのは登山靴、アンダー、雨具で最後にザックという認識でした。

まぁザックに関しては最悪、冬用を流用してもいいんでない?みたいな..

ザックよりその中身(荷)の方が重要 だから「ザックは荷の次」みたいな認識でした。

でもねえ~出会っちゃったんですよね~このパックに。


アセンジョニスト・パック30

この軽さは何だ? それにこのフィット感。今まで感じたことの無い背中にフィットするこの感覚。

お店にあったテスト用の5kgのウエイトを入れてみても背中から剥がされる感じはまったくなく、ショルダーベルトと

ウエストベルトに心地よく重量が分散するこの感じ。

基本的にこのザック、アセンジョニスト・パックはクライミング用なので軽くは出来ています。

背面パッドは登山用のそれとは違い、かなり薄いのに何ともいえないフィット感です。


写真の僕のザックは旧タイプですがまだまだ生地もしっかりしています。

ちょっと不満もあります。自立してくれないためパッキングが不便なんです。物を入れようとするたびに持ち上げなくちゃいけない。

これはちょっとイラッとします....が新しいタイプはこの辺を改良して自立するとか。

ってことは僕的にはパーフェクトだけど買い換えるという選択肢は勿論ありません。


ですがこのパックに出会って今更ながら認識がかなり変わりました。

靴やアンダー、雨具も重要だけど体に合ったパックはもっと重要。

山では行動中ず~っと背中に張りつていているザック。靴と同様、良いものを選ばないと登山自体が苦痛になります。

もう「ザックは荷の次」とはいえません。


では新しいアセンジョニスト・パック30を見てみしょう。

パタゴニア公式サイト アセンジョニスト・パック 30L クライミング Sporty Orange


シャモニやパタゴニアでの1〜2日のスピード登攀を念頭にデザインされたクライミング用バックパックということで30lで700gは軽い。

旧タイプからの変更は背面の素材、アックスやピッケルホルダーの変更、サイドストラップの廃止、トップポケットのスペース、小物ポケットの追加など。

ということですが文章ではよくわかりませんので動画がありますので観てみましょう。



ショルダーベルトのパッドの固さか~。かなり進化したんですね。

自立するのも便利です。実はこのようにシンプルなパックはパッキングにかなりなコツが必要なんです。

慣れないと「使いにくい」という感想にもなりますが、そこで「いや、シンプルでぜんぜん使いやすいよ。」と僕は言いたい。

その裏にはパッキングが上手い奴には使いやすいという意味があり、ちょっぴり優越感を味わえる部分でもあります(笑い)

ちなみに、きっちりパッキングするとこのようになります。


アセンジョニスト・パック30


うまくパッキングすると30lを無駄なくフルで使えますが、日帰りの夏山でこのようにぱんぱんに荷を詰め込むことはめったにありません。

長々と書いてきましたが、このパックを始めて見たときに感じたのは実は山に使うということではなく

これを旅行に使ったら楽しいかも! でした。

でもこのアセンジョニスト・パックは旅行からハイアルペンまで超幅広く使える頼もしいパックなのは間違いありません。


パタゴニア公式サイト アセンジョニスト・パック 30L クライミング Sporty Orange