THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


ヨネックス・ステップインブーツLAZY MAKER BOA

使ってみました!YONEXヨネックス ステップイン・ブーツ LAZY MAKER BOA AB


販売終了かと思われたYONEXステップイン/アキュブレード用のブーツが今期2019-2020モデルとして2モデル発売されました。昨年までは同じアキュブレード用のブーツでバックカントリー対応モデルのトリッパーを使っていましたが今期で5シーズン目ということで、新たに買い換えてみました。買ったモデルはソフトブーツとしてはかなり硬く、一般向きではない設定のLAZY MAKER BOA ABです。もともと硬めのブーツの方が好みなので、ショップで試し履きしたときはかなり好印象でした。


価格は¥60000で消費税が入ると¥66000と、かなり高価な買い物となりますので慎重にもなりますが、大人の遊び道具です。まぁそのくらいの値段はするでしょう(笑)。で、翌日には早速滑りに行きましたが、ここでかなり苦戦しました。試し履きした時以上にブーツが硬く感じ、フロントサイドのターンで膝が入りません。膝が伸びきった状態でのフロントサイドの高速ターンにはかなりビビリました。ここで何かに引っかかると間違いなく吹っ飛ぶ!と思いました。


帰宅後、再度ブーツを履いてボアの〆具合などの調整とフロント方向への加重でブーツを馴染ませてゆきました。結果的にはゲレンデ3回目あたりから、かなり足に馴染んできて、以前に思っていた「こんなフィーリングのブーツが欲しい!」という理想のブーツに大体近い状態となりました。具体的には足首のフレックスではなく、膝で乗っていく感覚のブーツでフルレールのカービングにもブーツのシャンクが負けないという感じです。


それとダブルボアで〆るブーツは初めて使うのですが着脱がこのうえもなく楽です。ロックを外せばタンの部分がスムーズに広がり、足入れがノンストレスです。また何本か滑っているとビミョウに緩んでくるレースを、パンツの裾を僅かに上げてダイヤルを回すだけで簡単に増し〆出来ます。極端な話、リフト乗車中でも簡単に出来てしまいます。また後から気がつたのですがこのブーツの下(爪先~踵)部分はプラ製なので春先のハイクのキックステップで雪面に爪先が入ります。


この記事を書いてる時点ではまだゲレンデでしか使用していませんが、バックカントリーでもかなり使える印象も持っています。レースシステムは簡単に締めたり緩めたり出切るのでハイク時には緩めにして、滑るときには締めるということが簡単に出来そうです。またブーツが硬めなので今期から使うスプリットのバインディングはハイバックを外して行ける気もしています。このへんはまた実際の使用をした後で追加の記事を書こうと思っています。


ヨネックス・ステップインブーツLAZY MAKER BOA

ヨネックス公式サイト LAZY MAKER BOA AB


■ なぜステップイン?

これはよくされる質問なのですが、僕はK2時代のクリッカーに始まりシマノのラピッドファイヤーそして現在のアキュブレードとステップインのバインディングシステムを使ってきています。理由は大したことではないのですが、山(バックカントリー)に入って滑ると、ずーっと下り坂ではない場面もあります。途中で板を外して歩いたり、またはちょっとした登りがあったりと言う場合に、着脱の楽なステップインを何気なく使い続けているというのが正直なところです。


またステップインのシステム上ブーツはやはり硬めになります。そこも僕の好みに合っていました。ただバインディングが壊れることは皆無でしたが、ブーツはヘタッてきます。そういう時に買い換えるブーツは、やはりバインデぃングに合わせてステップインを買ってしまいます。今までにストラップ式のバインディングシステムに換えようと思ったこともありましたが、バインディングとブーツを換えるとなると、そこそこの出費になるため換えられずに現在に至っています。でもまぁそこそこ満足しているのも事実です。


ただ気に入って使っているヨネックスのアキュブレードですが構造上どうしてもブーツは重くなります。ゲレンデを滑っているぶんにはまったく気にならないブーツの重量もハイクとなると話は変ってきます。登山の世界にこういう言葉があります「足下の1kgは背中の5kgに相当する。」ブーツの僅かな重量は登りでビミョウに足腰に影響してきます。ここが改善されると僕にとってはパーフェクトのシステムとなります。


■ バインディングについて

ブーツのことを書いたので行きががり上バインディングの話も多少しておきます。使っているのはYONEX初期のアキュブレードです。なにせ壊れないのでかれこれ5年ほど使っています。アキュブレードのブーツは今回で3足目となりますので、かなり長持ちと言えます。特徴としてはロック部分が爪先と踵なので、ボードの操作性がシャープです。それとロックとリリースがレバー1つなので簡単です。素材はジュラルミンとのことで硬性も高く、硬めの乗り味となりますのでゲレンデなどのグルーミングでのカービングはかなり気持ち良いです。


その装着スピードは速く、慣れは必要ですがリフト降車後、スケーティングしながらロックし、そのまま滑走ということが可能です。それはストラップ式のバインディングがアンクルストラップを装着する前に斜面で加速に入っているという状況になります。ただ気をつけなくてはいけないのは、この時にブーツとバインディングの間に雪が挟まっていると中々ロックしてくれず、ストラップ式のバインディングよりも装着が遅い。ということになることもあります。また若干、個体差がありパーツにアタリが出るまでは装着が硬いという場合もあるようですが、これは使っているうちに解消されてゆきます。

ヨネックス アキュブレードバインディングXTR AB

■ LAZY MAKER BOA AB まとめ

まとめとしては、今回発売されたステップインブーツ「LAZY MAKER BOAは、よりヨネックスらしさが前面に出ているな。」と感じました。今までのブーツはシマノの性格も引き継いでいる部分もありましたが、今回はヨネックスが独自に蓄積しているスポーツシューズのノウハウが多く反映されいるように思います。それはブーツのフィット感やソールクッションの素材、アンクルパッドの形状や素材で感じることが出来ます。個人としての好みもありますが、僕としては良いブーツにめぐり合えたと思っています。


■ 関連記事。

バックカントリースノボードで専用ブーツは必要か?

スノーシューで迷ったらMSR EXPLORE(エクスプローラ)シリーズがお勧め!

バックカントリー・スノーボードで選ぶべきアイゼン(クランポン)


This is an advertisement