THE NORTH ISLAND

welcom to nature of hokkaidou


余市岳

記録的な雪不足でしたが何とか出来ました。余市岳南斜面2020/1/18

今日の余市岳の天候は、関東の沖に986hpという低気圧がありますが北海道は大陸と東海上にある二つの高気圧の圏内にあり、終日快晴となり風も標高1000mで4mほどと冬にしては穏やかな天候となりました。選択肢は他にもありますが、こんな日は余市岳に向かいます。今シーズンの北海道は記録的な雪不足です。山は例年に比べ1m以上は積雪が足りない印象です。1週間ほど前も余市岳には来てみたのですがブッシュが濃く、地形もかなり出ていてテクニカルな滑りとなりました。


今回の余市岳のコンディションは積雪は少ないものの景色はハイシーズンのそれで何とか出来そう!という感じです実は今シーズンからスプリットボードを使っていますが、今回で2回目。シールの扱いと板の組み立て、急斜面の登りなど、何とかこなしていますが板を背負わないので背中が軽くとても楽です。感覚的には5kgは背中が軽い感じです。加えて歩くときは足がスライドしてゆくので1歩がスノーシューより大きく速いので余市岳に向う飛行場のような地形にはピッタリです。


ただ普段に乗っているスラッシャーとジャイアント・マンタレイのフィーリングがあまりに違うので、滑りの方はちょっと戸惑いましたので、もう少しの慣れは必要かな?といったところです。コルの登りはシールが良く利き特に不安は感じませんでした。問題の上部のいつもクラストしている部分も下からスキーアイゼンを付けて登ったので難なく通過しました。初めてスキーアイゼンなるものを使いましたが良く利きました。


登りの途中で北斜面に数本のラインを発見しましたがボトムまで下りずに登り返していました。実は先週、偵察のため北斜面を下りたのですが、積雪不足のため地形が大きく出ていて快適とは言えず、途中から登り返すのは良い判断だと思います。肝心の南斜面は多少斜面が波打っていますが雪はハイシーズン並みに深く良いコンディションでした。ただ、スキー場に戻る、お帰りルートは雪不足でブッシュを避けて下りたため、ちょっぴりハマリました。とはいえ天気と深い雪に恵まれ良い余市岳となりました。


余市岳南斜面ルート図

雪雲の動き
風予報
天気図

パタゴニアダウンセーターフーディー

パタゴニア メンズ・ダウン・セーター・フーディ Balkan Blue

ミッドレイヤーから山へのアプローチ、又はタウンでも重宝するパタゴニアのダウンセーター・フディーです。超軽量ながら防風性を備え冷たい風をシャットアウトしてくれます。リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェルと800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン。片手で調節できるドローコード付きのフードと、フロントのビスロン・ジッパーは内側に吸湿性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付きです。ナイロンで縁取った伸縮性の袖口は快適で温かさを逃さず2つのハンドウォーマーポケットはビスロン・ジッパーとジッパーガレージ付きです。


詳細→ パタゴニア公式サイト メンズ・ダウン・セーター・フーディ Balkan Blue


キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー
キロロ余市岳/バックカントリー

キロロスキー場マウンテンクラブに登山計画書の提出が必要です。

KIRORO MOUNTAIN CLUBはセンターハウス2Fにあり、キロロスキー場から周りの山、余市岳、アポロ、1107などにアプローチする場合は登山計画書の提出が必要です。用紙は専用のものが用意されていますので必要事項を記入のうえ提出しましょう。下山後は下山報告も必要です。ゲレンデ外に出てスキー場に対して利益を落とさない我々の安全に関心を払ってくれるのはありがたいことです。尚、スキー場パトロールおよびマウンテンクラブに救助要請をした場合は実費請求がされます。無理のない計画で山に入りましょう。またゲレンデ脇のコース外での救助にも費用がかかりますので注意が必要です。


■ 関連記事

その他の山行記録/climbing record

雪山 バックカントリーでのルートファインディングの基本

ガーミン(garmin)ハンディーGPS 性能比較

カシミール3DとGPSで冬山完璧ナビゲーション