THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


キロロ長嶺裏

キロロからアプローチ/長嶺裏バックカントリー2019/3/18

今日は天気が良いのですが南西の風が強く標高1000mで風速約9mです。当初は余市岳予定でしたが、この風ではちょっと厳しいので風裏の長嶺裏をやります。昨日はかなりの降雪があったので期待出来ます。キロロマウンテンクラブに登山計画書を提出して長嶺のゲートからバックカントリーエリアに出ます。ここの斜面は東向きなので、今日の南西風の風裏となり斜面に入ると無風になります。ここの特徴はゲレンデトップからアプローチしてゲレンデの裏斜面を滑り、その後登り返して帰ってくるという工程になります。今回は、あまりにも雪が良かったため、この斜面を登り返して2本やりました。それにしても今年は気温が高く、まだ3月だというのに最高気温はプラスの気温、まるで4月中旬の気候です。今年はゲレンデのクローズが早そうです。今回も動画があります。


雪雲の動き
風予報
天気図

キロロ付近の気象予報

余市岳の天候

GARMIN(ガーミン) 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】 97006

山で僕が実際に使用しているガーミンのe trex 10j です。シリーズ中一番安価で地図表示もありませんが日本語版は日本の上空にほぼ静止している衛星「みちびき」にも対応しているので、深い谷も中でも正確なナビゲーションが可能になりました。加えてバッテリーのもちが25時間と旧製品の約3倍で、1泊や長時間の山行でも予備が必要ありません。使用時にはカシミールでウエイポイントをGPSと地図に同様のものを入れプリントして使っていますので地図表示がなくても特に不便は感じません。 また磁北線を入れておけばコンパスでも使用できるのでGPSが故障、バッテリー切れを起こしても安心です。ウエイポイントの名前は標高にしてあります。実際のナビゲーションに使うのは勿論ですが帰宅後に地図に軌跡をおとして見るのも楽しいです。


詳細→ GARMIN(ガーミン) 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】 97006


スポンサードリンク


キロロ長嶺裏/バックカントリー
キロロ長嶺裏/バックカントリー
キロロ長嶺裏/バックカントリー
キロロ長嶺裏/バックカントリー
キロロ長嶺裏/バックカントリー
キロロ長嶺裏/バックカントリー
キロロ長嶺裏/バックカントリー
キロロ長嶺裏/バックカントリー

キロロスキー場マウンテンクラブに登山計画書の提出が必要です。

KIRORO MOUNTAIN CLUBはセンターハウス2Fにあり、キロロスキー場から周りの山、余市岳、アポロ、1107などにアプローチする

場合は登山計画書の提出が必要です。用紙は専用のものが用意されていますので必要事項を記入のうえ提出しましょう。

下山後は下山報告も必要です。ゲレンデ外に出てスキー場に対して利益を落とさない我々の安全に関心を払ってくれるのは

ありがたいことです。尚、スキー場パトロールおよびマウンテンクラブに救助要請をした場合は実費請求がされます。

無理のない計画で山に入りましょう。またゲレンデ脇のコース外での救助にも費用がかかりますので注意が必要です。

スポンサードリンク