THE NORTH ISLAND

welcom to nature in hokkaidou


surfing in hokkaido and backcountry snowboarding

北海道のサーフィンとバックカントリー

北海道は日本列島の最北端に位置し、周囲を日本海、太平洋、オホーツク海の3つの海に囲まれ、シーズン中は雪と波に恵まれスノースポーツやサーフィンを楽しむのに適しています。北海道の総面積は78,000平方キロと、日本の21%の面積があります。気候は、津軽海峡を挟んで温帯から亜寒帯に変わるため、北海道特有の北方系動植物が数多く見られます。ある作家は北海道のことを「森と湖の島」と表現し、津軽海峡が動物分布の境界線であることを発見したイギリスの動物学者ブラキストンは、「北海道は外国である」と言いました。山岳地帯では、アルプス的景観の山は少ないものの、深く険しい渓谷を持つ日高山脈。スケールの大きな大雪山系、スキーリゾートで有名なニセコ山系など、北海道にはスノーボードをバックカントリーで楽しむのには魅力的な山々が存在しています。標高は2,000m級の山がほとんどですが、自然環境の厳しさは一級で、森林限界は1,000m足らずと高山帯の環境を味わえます。北海道の山の2,000mは本州の山の3,000mに値します。また周囲を海に囲まれた広大な海岸線には、まだまだ無人のブレイクが存在していてサーフィンのフィールドとしても大きな可能性を秘めています。そんな北海道の自然をサーフィンとバックカントリースノーボードを通して感じる。キーワードは「SLOW」、とても贅沢で素敵なライフスタイルだと思います。


movies

山に入ったときに撮りためた動画です。


秋の沼の平、紅葉と初冠雪。
余市岳北斜面 素晴らしい1日でした。
春の利尻山 天候に恵まれたピークtoボトム。
大雪山 沼の平

Updated


SNOW journal 1/15 journal「余市岳南斜面バックカントリースノーボード2019 1月14日 」動画あり。をUP。

SNOW journal 1/13 journal「バックカントリー・スノーボードで選ぶべきアイゼン(クランポン)」をUP。

SNOW journal 1/11 journal「冬山にテントで泊まる。」をUP。

SURF&SNOW journal 1/5 journal「マイルス・デイヴィスのかっこよさを彼の選択基準に見る」をUP。

SURF&SNOW journal 1/3 journal「波と雪と恋 / モテる男が必ずしているコト」をUP。

SNOW journal 1/1 journal「冬山でのビバーク長い夜を耐えるために。」をUP。

SNOW journal 12/24 journal「バックカントリースノーボード用ザックに求められる機能とお勧め3点」をUP。

SNOW journal 12/21 journal「スノーシューで迷ったらMSR EXPLOREシリーズがお勧め!」をUP。

SURF&SNOW journal 12/18 journal「キロロ/長嶺が開いたので行ってきました。」をUP。

SNOW journal 12/14 journal「バックカントリー・スノーボード ザックの中身は?」をUP。

SNOW journal 12/12 journal「この天気図になったら山に行ってはいけない!危険な3つの低気圧。」をUP。

SNOW journal 12/10 journal「カシミール3DとGPSで冬山完璧ナビゲーション。」をUP。

SURF&SNOW journal 12/9 journal「シーズン3回目の足慣らしにキロロに行ってきました。」をUP。

SNOW journal 12/6 journal「ゴアテックス・プロシェル/日本人が関わったその開発秘話」をUP。

SURF&SNOW journal 12/3 journal「シーズン2回目の足慣らしにキロロに行ってきました。」をUP。

Follow us


アンヌプリ西斜面
余市岳へのトレイル
十勝連山
富良野岳ベベルイ沢
春の積丹岳
利尻山長官の沢の朝
秋の日本海ムエンの波
初冬の日本海余市の波
初冬の日本海増毛の波